おととい書いたばっかりだけど、坂東市の吉原英一市長、
東海村の村上達也村長が、代表して
「8000bq/kg以上の指定廃棄物は福島に持っていけ」論を展開。

読売には東海村の村長のことしかなかったのですが、産経は坂東市(どこだ?)の市長を先にしている。東海村とはあのJCOの事故があり、原発に関してはプロの自治体であり、だから先鞭を切ったのかと思ったが、そうではないようだということが判明。


でははっておきます。



(産経)
東京電力福島第1原発事故により県内で発生した指定廃棄物の最終処分場候補地を選定する「第1回県指定廃棄物処理促進市町村長会議」が12日、県庁で開かれた。市町村長からは、「福島に集約して処分すべきだ」と県外処分を求める意見が相次いだが、環境省の井上信治副大臣は「現実的に難しい」と、従来の政府の方針を崩さなかった。

 会議で環境省側は、茨城など5県の指定廃棄物について、各県1カ所に集めて処分する政府方針を前提に、建設予定の処分場の安全性や今後の方針などを説明した。

 これに対し、坂東市の吉原英一市長は「指定廃棄物は拡散すべきでない。現実的に(福島第1原発周辺に)人は住めるのか。十分な補償をしてそこに戻すべきだ」と反発。東海村の村上達也村長も「どうして国は福島第2原発の敷地に目をつけないのか。なぜ、分散して1県1カ所にするのか」と不満をぶつけた。

 井上副大臣は「すべてを福島に集めるのは、福島の住民の理解が得られない」と政府方針に理解を求めることに終始した。

 環境省の担当者は最終処分場の安全性を強調して県内受け入れを求めたが、昨年いったん処分場候補地に選ばれた高萩市の草間吉夫市長は「合意形成は千パーセント無理」と断言。「水源地の問題や地震、活断層の最新データなども盛り込んで、意見を集約し第2回の有識者会議に提言してほしい」と要望した。

 会議終了後、井上副大臣は「反対意見もあるが、さまざまな意見を十分に尊重して進めたい」。橋本昌知事は「県内には、いろんな意見があることを知ってもらうことが大切だ」と述べた。次回は22日の第2回有識者会議を受けて、5月中の開催を予定している。



(読売)
放射性物質に汚染された指定廃棄物の最終処分場建設で、環境省は12日、県内候補地の再選定に向けた市町村長会議を県庁で開いた。同省は各県ごとに処分場を造る従来の方針や施設の安全性を強調したが、首長らからは県内に処分場を建設することへの懸念や反対意見が相次ぎ、この日は一致点を見いだせなかった。

 会議には、代理を含む県内全44市町村の首長らが出席。冒頭、井上信治・環境副大臣が「仮置き場の保管状況は逼迫(ひっぱく)し、県民の心配も強い。一日も早く最終処分場を造らなければならない」と述べ、その後、同省の担当者がこれまでの選定過程や候補地見直しの経緯、処分場の構造などを説明した。

 首長らからは、処分場の安全性を不安視する見方や風評被害を懸念する声が噴出。村上達也・東海村長が、福島県や同県議会が廃炉を求める東京電力福島第二原発(福島県楢葉町・富岡町)の敷地に処分場を建設し、各県の指定廃棄物を一括処分することを提案したほか、豊田稔・北茨城市長、吉原英一・坂東市長も福島県内での処分を考えても良いのではないかと主張した。

 会議後、井上副大臣は、処分場の候補地になった自治体の振興策について、「具体的な候補地が見えてきた段階で検討したい」と述べた。候補地決定の時期は未定とし、5月に第2回の会議を開く考えを示した。昨年9月、いったん県内候補地に選ばれた高萩市の草間吉夫市長は「処分場は超迷惑施設。本当に丁寧にやらないと住民の合意形成は難しい」と語った。

     ◇

 指定廃棄物は、放射性セシウム濃度が1キロ・グラムあたり8000ベクレル超の煤塵(ばいじん)や下水汚泥の焼却灰などで、県によると、県内には3月末現在、3445トンが保管されている。ただ、発生から13年程度で、ほとんどが8000ベクレルを下回るという。現在、新たに8000ベクレルを超える廃棄物は発生していない。



(共同)
東京電力福島第1原発事故で生じた「指定廃棄物」の最終処分場の再選定をめぐり、環境省と茨城県内の市町村長との会合が12日、県庁で開かれた。市町村長らからは「処分場を(設置が予定されている5県に)拡散すべきではない」「福島県内に集約できないのか」という意見が相次いだ。

 環境省の井上信治副大臣は「福島の方々も他県の廃棄物まで持ち込むのは反対だと言っており、無理強いするのは難しい」と回答。「国の責任でやるので、各県で処理させていただきたい」とあらためて理解を求めた。

 しかし「国が安全だと言っても住民はもう信用しない」「安心安全を説明するだけでは、風評被害は払拭できない」という意見も出た。

 会合後、当初候補地とされた高萩市の草間吉夫市長は報道陣の取材に「前回の環境省のやり方は稚拙だった。とにかく丁寧にやってほしい」と強調した。





まとめ

◆名の上がった首長

吉原英一(坂東市)
村上達也(東海村)
豊田稔(北茨城市)
草間吉夫(高萩市)


◆福島、特に福島第二に持っていけという暴論

だれもが、8000bq/kg以上10万bq/kg程度の低レベル放射性廃棄物についての認識不足。
ここから、人体に与える影響がどのぐらいなのかをつなぐ説明をわかりやすくすることが必要だと思う。
(今調べ中です。具体的には年間1mSv~10mSv程度のはずだが)
さらに
福島県議会が廃炉を求めるのも、こういう行動で実のある脱原発を進むという動きも、すばらしいことなのに、どうして、その福島のコツコツとした歩みに乗じて、そこに捨てればいい、といえる、村上村長の言い分が全く理解できない。
立派なことを言っても、許せない。これまで身近にもしくは恩恵にあずかりながらも、事故後に脱原発に転じた首長によく見られる傾向だ。脱原発を焦る余り、今、現実に被害を受けている福島を、イデオロギー的にも、ゴミ捨て場的にも、とことん利用し尽くそうとしている。私は彼らを認めん。恥を知れと思う。

◆実際問題、福島に持っていかない理由は?

ただ、すべて暴論だとシャットアウトではなく、可能性については考えるべきであり、どうして福島に持っていけないのかの理由をはっきりさせるべきだと思います。。

県民感情なのか。

量の問題なのか。
計算をしなければ。。。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://leika7kgb.blog114.fc2.com/tb.php/1003-a9768121