このごろ感じることは、福島から遠く&ゆかりのない人の
「なんとなく不安」「ばくぜんとした忌避」への懸念です。
山形による会津の土受け入れ不能の問題があったとき、吉村知事が「県民の不安な声に配慮して」というくだりにひっかかったのですが、ばくぜんと広がる福島忌避感が、今後、一番深刻になってくるのではという気がしました。

それを補強するのが、「10年後、20年後・・・どうなるかわからない」というご意見です。

ちょっと、ほかでの私とブログ友達のやり取りを転載しておきます。※この方も福島出身の方です。

1点、理解していただきたいのは、今回、ホウシャノウによる健康被害(が起きる可能性)が極小だったということと、原発推進は別だということです。つまり、「原発推進をしたいから、健康被害は極小だ」と言っているのではありません

コメントで気になったこと
>今回、ホウシャノウによる健康被害が極小だったということと、
私はそうは思っていません。これから何年後、何十年後に被害が表面に出ると思っています


>これから何年後、何十年後
福島の事故に関しては、私はないと思います。ガラスバッヂ調査、ホールボディーカウンター調査、陰膳調査など、既にいろいろな結果が出ています。・・・このフレーズ「これから何年後、何十年後」を言われるだけで、「わかってもらえない」と、福島の方のストレスとなり、免疫力を落とすという実態があることも、御理解いただければと思います。自主避難者が福島に帰って来れないのも、結局はこのフレーズにとらわれているためです。


人体への被害は表面化しておりませんが放射能汚染地域での植物や昆虫の世界では沢山の奇形や変質のものが出現してます
風評被害もありますので具体的にはコメントできませんが安心はできないと認識しております


奇形、突然変異については放射線関係なく、生物にはある一定の確率で起きる事象です。(事故前との比較データがあれば教えてください)
福島への忌避は、そこがおおもとなのだと私は思っています。シャム双生児のように・・・つまりは、「きもちわるい」という、人の心にある差別概念です。


今は放射能に対しては肯定的な意見は殆ど信じられません
それは、今まで生きてきた中で見たり聞いたり読んだりした情報の私なりの結果です
考えすぎたとしても、間違った情報だったとしても、それはそれでいいのです。その反対で過小評価して怪我をするよりは救われます。
散々今まで根拠のない安全神話を鵜呑みにしてたトラウマだと解釈してください



【追記】

この、「過小評価してけがをするより救われる」論、これも、ばくぜんとした不安を補強する言い分です。これが、先日の東京における選挙結果となりました。

力工デ クリーン北海道の会代表土井正 ‏@55_kaede_55 44分
あのアジテーションが単純に60万に支持されてるというわけでもないと思いますよ。実際には20万くらいが妥当なところでないでしょうか?都民の一割、しかもこの層は参加意識も高いのでかなり投票率だったと思います。あとは浮動票でないかな?僕も含めマイノリティです

風評被害や差別は50年は続くと地元の方が言ってました。それを短くしていけるように地道にね(^^;;

mizuki_kanna07409 ‏@kanna07409 3時間
「国は信じることができない」という人達を騙すのは、案外簡単なことなんじゃないかな。あまりにも無邪気で純粋過ぎる。







あと、「帰る」ことについて。
福島の外では、以下のような意見なのだということもわかりました。

◆帰るべき自分の家が、安全なところにあることが、確実にはっきりしているのなら、もといたところに帰る、帰らないは、その人の自由だと思います。
しかし、安全がはっきりしなかったり、明らかに危険と検定される所へは、当然帰らせてはいけないと思います。喩え、自分の責任で帰るといってもです。


「安全」が「確実にはっきり」しているのなら、こんな苦労はしておりませんし・・・線引きが妥当かどうか(=厳しすぎるのではないか)についても、福島の外では全く議論は広がりません。

何にしろ、放射能リテラシーというものがあるのなら、福島県民の方のレベルは、恐ろしく高すぎるんだと思います。どうしたら、それが外にも広まってくれるんでしょうか。何かよいテキストはないものだろうかと思います。

それから、今は、「別に、無理して帰らなくてもいいんじゃない」という声が、内外から聞こえてくるようになったと思います。私の勘違いだとよいのですが。これは、公からの「帰ろう」運動が奏功しない反動かもしれませんが、それにしても、そうなると、ホントは帰りたい方にとって、かなりな逆風では?と、危惧しています。。

一般の方の認識は以下なんでしょう。。

◆だけど周りがいろいろ考えなくても、自分達のことだから、本当に帰りたかったら自分達で調べるなりして帰る時期がきたら帰るんじゃないかな~~。
人に何かしてもらわないと帰れないというのはね~^^;
みんな大人なんだから。
子供達で選択肢がないというなら、手助けしてあげたいけど。。。



スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://leika7kgb.blog114.fc2.com/tb.php/1046-39b2d2e7