五輪招致決定は、逆転勝ちのような印象を持ちました。
事前の、「東京から福島は250キロ離れている(から安全)」発言で
ピンチに陥りましたが、そのピンチをチャンスにした安倍首相(の周りの進言する人)の力だと思います。
安倍首相(の周りの進言する人)は、実に、世論の動向に敏感だと感心しました。

安倍首相の演説には、
野田前首相の「福島の再生なくして日本の再生なし」と言い切ったときの感動以来のものがありました。。。

安部ちゃん嫌いは多いと思いますが、政治家の言葉というのはこういうときに勇気を与えるのだと思いました。言霊の幸う国日本で、7年後すばらしい五輪を、開催しなければなりません。

全文

委員長、ならびにIOC委員の皆様。東京で、この今も、そして2020年を迎えても、世界有数の安全な都市・東京で大会を開けますならば、それは私どもにとって、このうえない名誉となるでありましょう。

福島についてお案じの向きには、私から保証をいたします。状況は統御されています。東京には、いかなる悪影響にしろ、これまで及ぼしたことはなく、今後とも及ぼすことはありません。

さらに申し上げます。

他のどんな競技場とも似ていない真新しいスタジアムから、確かな財政措置に至るまで、2020年東京大会は、その確実な実行が確証されたものとなります。

けれども私は本日、もっとはるかに重要な、あるメッセージを携えてまいりました。

それは、私ども日本人こそは、オリンピック運動を真に信奉する者たちだということであります。

この私にしてからが、ひとつの好例です。私が大学に入ったのは1973年。

そして始めたのがアーチェリーでした。一体どうしてだったか、おわかりでしょうか。

その前年、ミュンヘンで、オリンピックの歴史では久方ぶりにアーチェリーがオリンピック競技として復活したということがあったのです。

つまり私のオリンピックへの愛たるや、そのとき、すでに確固たるものだった。それがうかがえるわけであります。

今もこうして目を瞑りますと、1964年東京大会開会式の情景がまざまざと蘇ります。

一斉に放たれた何千という鳩。

紺碧(こんぺき)の空高く5つのジェット機が描いた五輪の輪。

何もかも、わずか10歳だった私の目を見張らせるものでした。

スポーツこそは世界をつなぐ。

そして万人に等しい機会を与えるものがスポーツであると私たちは学びました。

オリンピックの遺産とは建築物ばかりをいうのではない。

国家を挙げて推進した、あれこれのプロジェクトのことだけいうのでもなくて、それは、グローバルなビジョンを持つことだ、そして、人間への投資をすることだと、オリンピックの精神は私たちに教えました。

だからこそ、その翌年です。日本はボランティアの組織をこしらえました。

広く遠くへとスポーツのメッセージを送り届ける仕事に乗り出したのです。

以来、3000人にも及ぶ日本の若者がスポーツのインストラクターとして働きます。

赴任した先の国は80を超える数に上ります。

働きを通じ、100万を超す人々の心の琴線に触れたのです。

敬愛するIOC委員の皆様に申し上げます。

2020年に東京を選ぶとは、オリンピック運動の一つの新しい力強い推進力を選ぶことを意味します。

なぜならば、われわれが実施しようとしている「スポーツ・フォー・トゥモロー」という新しいプランのもと、日本の若者は、もっとたくさん世界へ出ていくからです。

学校をつくる手助けをするでしょう。

スポーツの道具を提供するでしょう。

体育のカリキュラムを生み出すお手伝いをすることでしょう。

やがて、オリンピックの聖火が2020年に東京へやってくる頃までには、彼らはスポーツの悦びを100を超す国々で1000万になんなんとする人々へ直接届けているはずなのです。

今日、東京を選ぶということ。

それはオリンピック運動の信奉者を、情熱と誇りに満ち強固な信奉者を選ぶことにほかなりません。

スポーツの力によって世界をより良い場所にせんとするためIOCとともに働くことを、強くこいねがう、そういう国を選ぶことを意味するのです。

無みなさんと働く準備が私たちにはできています。

ありがとうございました





「反日勢力を斬る!」より関口宏氏によるインタビューをご紹介します。

ブエノスアイレスから安倍首相のインタビューを生中継。

関口宏(司会)
「ひとつ心配なのは原発の汚染水の問題を解決できる世界に向けて仰った。これはどうですかね自信の方は」

安倍首相
自信があるからそのように申し上げたわけでありますが、その事によって海外の不安も払拭できたと思います。払拭できたからこそ日本がこの招致を勝ち得ることが出来た。後はしっかりと実行していきたいと思います。今日、現地において対策本部がスタートしています。しっかりと私は結果を出していきます」

関口
「そうですか。まあ専門家の中にもなかなか解決策が見えないと言われているこの原発の汚染水問題なんですが、7年間大丈夫ですか?」

安倍首相(にこやかに)
大丈夫です」

関口
「その大丈夫の根拠は何でしょうか」

安倍首相
「今日プレゼンテーションの中で説明していますが、福島第一原発は0.3平方キロメーターの中に完全にブロックしていますし、今でも福島の近海においてモニタリングをやっておりますが、WHOの飲料水の基準の500分の1になっています。つまり完全に安全なんですね。そして、食品、飲料水の規準は日本は世界で一番厳しい基準を持っていますが、日本各地に於いて被曝状況を調べていますが、すべて100分の1になっています。そしていま、私達の新しい取り組みにおいて、完全にこの問題を根本的に解決していきます。このように説明し、説明を終えた後、会場から拍手が起こりました。私その瞬間に皆様に理解して頂いたと確信しました」

関口
「なにかお時間が来たようです。有難うございました」

※関口氏について、ブログ主さんは「祝賀会の真っ最中に、おめでとうとも、良かったねとも言わずに汚染水の問題に食い下がるTBSは韓国と同根である。韓国は日本のオリンピック招致失敗を狙って、日本の海産物の輸入の禁止を宣言した。 明らかな妨害行為である。 招致に決定した後も不安を煽るTBSは完全に売国テレビ局である」と、斬っておられます。中国新華社が「東京落選」報道といい・・・隣国の嫌がらせには困ったものですね。今回も、安倍首相を貶める方は、隣国のやり方をどう思っているのか、ぜひお聞きしたいです。まさか、同じ思考回路だとは思いたくありませんが・・・。




それから・・・・・

一部の方に言いたいのは、「失敗したら安倍首相責任取れよ」って、失敗を「待つ」ことではなくて、「この言葉どおりの7年後になるように、我々国民が考え、行動していくこと」、これが大事なのではないんでしょうかね、

なるほどの御意見があったので、ご紹介します。
山本一郎氏「日本人として、東京都民として、東京五輪を開催するに当たって」より

一連のIOCでの議論においては、メディアからも盛んに質問されたのはやはり福島第一原発の汚染水問題でした。IOC委員に対するヒヤリングにおいては、そこまで東京への投票にはネガティブに作用せず、東京が唯一にして最大の武器としていた「安定感」「安心さ」には傷がつかなかったようですが、それでも誘致活動においては非常に大きなテーマとなりました。

それは、東京五輪の招致委員会において「復興」をひとつの理念、提言に掲げておきながら、英語版でのニュースリリースでは詳細について書かれていませんでした。具体的な取り組みについてはプログラムの中に入っていなかったことが、海外のメディアには不思議に映り、非常に説明不足であって、日本人特有の不都合なことは見ないようにする悪弊が垣間見えたものとも評されていました。

実際のところ、2012年4月の時点ですでに東京五輪招致委員会においては”放射線に対する不安が東京開催には大きなマイナスであること”が色濃いことは分かっていたんですけどね。

政治的なメッセージとして、これらを覆したのは文字通り安倍晋三首相のスピーチでありました。これが投票にどれだけの影響を及ぼしたのかは分かりませんが、少なくとも日本のトップが福島の問題については「問題ない(under control)」とし、「福島にご懸念の方は私から保証をいたします。状況は統御されています。東京には、いかなる悪影響にしろ、これまで及ぼしたことはなく、今後とも及ぼすことはありません」といった宣言をしました。言うなれば、東京五輪を開催するにあたって日本人が世界に向けて行ったコミットであるとも言えます。安倍首相のこの発言を、2020年までに「嘘ではなかった」と日本人が努力しなければならない、ということです。




【追記】

私が一人で「政治家が健康影響はこれまでも今もこれからもない!!って言い切ったのは初めてだ!やった!」と喜んでいたのですが、そこに注目したのは私だけみたいで、「アンダーコントロール」に、地元では、殺到しているんだなあということを、後で知りました。。。。
やはり、原発からの距離というか、福島からの距離なのだろうかと思いました。
http://ameblo.jp/massara-kenke/entry-11610411612.html
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://leika7kgb.blog114.fc2.com/tb.php/1061-c2971a25