沖縄には友人もいるので、今回の震災後は、
彼女や彼が何を思っているのだろうと、よく想像します。
「最低でも県外」というハトヤマ氏の愚言に翻弄された沖縄県民ですが、やはり民主党の、当時の環境相、細野氏が「福島県内に中間貯蔵施設を作っても、最終処分は県外に」と言ったのは、同じ頭から出ていると思います。私はこれを機に、福島と沖縄は似ていると思うようになりました。

そう思うと、いろいろなものが似ているように思えます。互いに中央から離れた地であること。ともに貧しい過疎地だったこと。国策のために、かたや基地、かたや原発を置く場所として選ばれたこと。基地や原発の地元の雇用という点からのメリットをかなえてきたこと。左翼が反対するときに旗印にする土地。・・・・

しかし沖縄と福島で違うのは、沖縄の基地の場所は、沖縄県民が誘致したのではないこと。福島の場合は、確かに過去、県民が望んで誘致したという点だと何かで読みました(違っていたらご指摘ください)。「望んで原発を持ってきた」という歴史が示す以上、福島は、沖縄よりも分が悪いということでもある。

ずっと辺野古移設に反対してきた自民党沖縄県連が容認に転じました。このニュースを見たときに、「では、脱原発を標榜する自民党福島県連は近い将来どうなるのだろう」と即座に思いました。

沖縄の福島のモヤモヤとした類似性・・・それも、あまりよくないイメージ・・・について、どうも自分ではうまく言い表せないと思っていたときに、うるしねまきさんさんから、こんなコメントをいただきましたので、ご紹介します。

福島が将来今日の沖縄のようになってしまうのではないかと心配しています。確かに沖縄は戦中戦後、苦難と差別で同情すべき面はあった。しかし、どうも被害者意識を武器に国から多額の地域振興援助金を毎年もらっている。

沖縄の恵隆之介さんというジャーナリストが、沖縄県民は援助漬けに浸かって怠け癖がついたと嘆いていました。アメリカの外交官は沖縄はたかりの天才と暴言を吐いて更迭されました。実際のところ、沖縄の失業率は全国トップ、産業が育たないままといわれている。

そのくせ、沖縄のマスコミは左翼的でひたすら弱者の味方のような論調に終始している。日本の中央のマスコミも沖縄に同情的な報道ばかりが目立つ。福島に対しても今のマスコミはそんな傾向がありますよね。特に県外での自主避難者に対してはそうです。


うるしねまきさんのブログに、沖縄に関しての記事がたくさんあります。私も沖縄についてはあまり知らないので、こちらからいろいろ学んでいます。
http://pub.ne.jp/admisaki/?cat_id=172425
そのほかこちらも。
「在日、沖縄、福島」

「福島除染と沖縄基地」


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://leika7kgb.blog114.fc2.com/tb.php/1101-1fb2c118