楢葉町が高濃度の放射性廃棄物を受け入れるのは拒否し、
低濃度だけを受け入れたいという表明を受けて、県が妥協案を出しましたね。
ほぼ全域が避難指示解除準備区域である楢葉町の町民感情に配慮し、楢葉町を外し(?低濃度だけは受け入れるのかな?)双葉町と大熊町に集中させようというのようですね。

私どこかでちらっと見たのが、楢葉町は自分の町だけのものを受け入れるとしていませんでした? いわきなど他市町村のものは拒否、だったか・・・(見間違いだったらご訂正ください)
私はそれ読んで、私がいわき市民なら「なんで?いわきはいっぱい楢葉の人たちを助けてきたのに」って理不尽に思ったと思うんだけどな。

たしか、楢葉に打診したのは、
【1】いわきなど原発南方面からの廃棄物を受け入れやすくする(物理的、距離の問題)
【2】他県でも最終処分場についての問題は難航しているが、このレベルのものならば安全に管理できると国として考えているので、帰還困難区域・避難指示解除準備区域などは一切関係なく選定した

だと思ったけど・・・。(でも全体的に、情報が少なくて(というより検索下手で)すべてにおいてうろおぼな内容ですみませんが)

私が楢葉町が「高濃度はヤだ」「自分の町以外のはヤだ」というのが通るのならば、他県で起きている最終処分場NIMBY問題(必要なのはわかるが自分の裏庭にはつくってほしくないよ)が、通ってしまうのではないのかなということです。

福島県が率先して、NIMBY問題を解決するようであってほしかったけど、これは住民の意思表示ですのでしかたないと思います。

予定していた敷地面積よりも減るので、「減容化してほしい」と佐藤知事は言っているようですが、彼は一体、技術的にそれが実現化する公算を持って言っているのか否か・・・。減容化することで危険性は増さないのだろうかというのが、私がちらっと思った心配な点です。そんなにカンタンにできれば、とっくに国の方で言ってきているようにも思うし・・・。

細川護煕氏が、「原発から出る核のゴミの最終処分場の受け入れについて問われ、「東京は当然、ある意味で負担しないといけない」と言ったのをご存じですか?みなさま。
全然、大々的に報道されないのは、小泉純一郎氏の「東日本大震災は、天が与えてくれた大事なチャンスだ」と同じですね。どうしても脱原発一本で安倍内閣を倒したい赤いマスコミ達の恣意的報道によって、これらの言葉をわざと伝えない。問題視しない。細川氏が「東京が負担する」なんて知れたら、脱原発命の都民は、彼に投票なんてしませんからね。

私もこれ聞いて、細川氏が東京が処分場を建設するのなら、考えを変えようと思いましたが、まったく続報もなく、このときだけのリップサービスだったようで、ハトヤマと同じような嫌悪感を抱いたところです。

都会の脱原発派にとって、楢葉のこととか、双葉大熊に集中されるかもなこととか、ほっんとーに他人事なんでしょうね。

【追記】

民友記事*「「なぜ大熊と双葉だけ」 中間貯蔵2町集約、住民不快感」
→しかも、楢葉町民も困惑だそうで。
また失敗か?佐藤知事・・・。
どうやったって文句が出る・・・。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://leika7kgb.blog114.fc2.com/tb.php/1105-7ed50692