聞いてすぐ、品性下劣の石原おぼっちゃんを環境大臣になんかするから・・・、と
思いました。
しかし、世の中、しゃべったことは口の中に戻せない。ぶちまけられた水は元には戻らない。壊れた原発は元には戻らない。出てしまったセシウムなどは、原発の中に戻せない。

「ふるさとを元に戻せ」と願う気持ちは、想像するに当然のことでしょうが、そういう感情論ではもうどうにもならないところに来ているということを、、改めて世の中に知らしめたのが今回の発言だった、と、私は前向きに解釈することにしました。これを契機に、「じゃあいくらになるんだ?」、つまり、「それは中間貯蔵施設なのか最終処分場なのか」というところを、当事者はもちろん部外者も考えればいいのでは。部外者といっても、放射性廃棄物処理については、日本全体の問題ですね。

一番の疑問はそれが中間貯蔵施設だった場合、最終処分場として手を挙げるところなんてあるのかいということです。

左派の方々は、震災前から「トイレなきマンション」と、原発批判していたのですから、こういうどうしようもない発言が出てきたときにこそ、そこを具体化するのに一肌脱げばよいのに、ただ、バカの一つ覚えみたいに、「避難民の気持ちを逆撫でしてどうする」「問責だ」としていて、ため息(※その口で、あの漫画は「言論の自由」と言って、「福島県民の気持ちを逆撫でしてどうする」って一言も言ってないのよね)。。。。。

例によってたくさんこのことについて、ずらずら下書きして、どんどん長くなり、わけわかんなくなったので、私の疑問・考えはこの辺で終了します。

私がだらだら書くよりずっとわかりやすく、端的に問題の核心を書いている2つのブログを紹介します。

ゆささんの「石原の『金目』発言を責めちゃだめ 『「言われても仕方ねぇのが現実だよなぁ』」にあるように、

「ダムに沈んだ」という感覚で、あきらめる訳にはいかないんでしょうかねぇ?
「例え収用しても名義は残り続ける~大丈夫なら帰れる」って条件付きなんですから。

という考え方については、避難された方はなんと答えるのでしょう。

◆また、こちらは、一読すると、ドキッとしますが、震災後から、科学的な考え方をいろいろ学ばせていただいているFusionさんの「最後は金目です」から。要するに

問題は、 「借り上げ料」か、それとも、「買い上げ料」か

ということなのではないでしょうかね。

◆ついでに、どうして「中間」という苦肉の妥協案を、震災後、民主党政権が出したのか、そしてその後の最終処分場候補地への取り組み(頓挫)等(クローズアップ現代より)の過去記事

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://leika7kgb.blog114.fc2.com/tb.php/1138-9ef5b2e9