お中元のシーズンとなりました。
私が物流会社のパートとなってから初めてのお中元です。
お歳暮は経験しているのですが、入ってすぐだったので、無我夢中でした。ものすごいお届け物の嵐でした。7月は12月ほどの量ではないとは聞いてはいるのですが、今週あたりから「お中元」の重いものが増えだしてきて、7月1日から繁忙期となるため、今、臨戦態勢です。

6月下旬に贈る方もおられますが、やはりお中元というと「7月」というイメージなのでしょうか。・・・昨日も、「7月1日指定」というお中元が大量に届き、これであと29、30とでまたさらにどん、どん、と届き、。。。7月1日が本当にオソロシイです。どうか雨降りませんように・・・・(雨が降ると配達の作業効率が70%から60%に落ちます・・・)

それで、サクランボです。

サクランボは常温の生ものなので、「とにかく早くお届け」なため、基本的にこの日に届けて、というのはないようです。来たものを、すぐにどんどん配達していきます。今、ちょうど旬なので、サクランボのあの箱が、大量に積まれて届きます。山形、山形、・・・・山形ばかりです。全国で山形県が4分の3をシェアしているので、むべなるかなという思いです。はるばる山形からやってくる赤い宝石を、なるべく早くお客様にお届けを・・・と、ドライバーは気を遣います。

この山形サクランボのインパクトはすごいな~と思います。福島の桃もそうなんだろうか? まだ夏を経験していないので、今から楽しみです。

浜松には、ギリギリ福島からの荷物は、朝一で届きます。逆も真なりで、私が福島に荷物を送ると、午前中に届いたと言われます。だから、夜の7時まで(取扱店は4時かな?)に出せば、早ければ翌日の午前中に届けられます。しかし、郵便局から出すと、午前中は無理みたいです。実家はいつも郵便局を使って私に米や野菜などを送ってくれますが、午前中は無理と言われる、と母が電話で言っています。うちから長野に出すときも、ゆうパックは午前中は無理でした。でも、郵便局の方がたしか安いはずで、私は内職の品を長野に配送するときに、時間とお金と(お金は自腹だったので)、どうしようか迷っていた気がします。




全国からいろんな荷物が集まるので、福島、そして東北からきていると思うと、勝手に心が躍ります。あ、長野もだな。会津天宝白虎味噌を2日続けて注文したお宅があったり、郡山の会社から毎回何かを送ってもらっている司法書士だか行政書士のお宅もあったり、郡山のなんか雑貨の店からのお届けがあったり、そういう荷物の伝票を見ては、一人でニヤニヤしています。社会的インフラな仕事をしているのだなぁなどと思います。余談*少子化となって何が悪いかわからないとか、ちょうど人口が減っていいんじゃないという意見があるけれど、そうではなく、人が少なくなってくれば、こういう「便利」で「今ならあたりまえだが江戸時代の人には夢物語」な部分から、削られていくのでしょうね。。。そういう意味で、人々のニーズに応えすぎてどんどん進化していきすぎる社会には私は、「いいのか」とは、思いますが。

会社に、福島の大森出身というオジサン(というか同世代)もいるんですが、「このまえ荷物で、お、福島市大森ってあったから興奮してしまいましたよ。隣の地区だったんですよ」「あ~私もこのまえ会津天宝からの届けましたよ、連チャンで」「白虎味噌ですか~。もう福島の文字見ると、一緒に荷物になって乗っていきたいって思っちまいますね~」「そうですね~」とか、福島あるある話しています。

「こんど圏央道繋がりましたね!でも、鶴ヶ島(関越道)から久喜(東北道)まで下道がいいんでしょうか」「いや、あそこは渋滞するんです。そこより、関越から××○●・・・・」←いきなり専門的な話で、まったくわからん、しかも忙しすぎて結局は「今は無理ですまたそのうち・・・」という感じ(週1しか会わない)。「でも高速料金がこんど半額から三割になるんですよね~」みたいな話もしてくれました。「でも来年ぐらいには、土地収用法で○×と○●が繋がるからぐっと縮まりますすよ、反対している方がおられるんでね・・・でもそろそろのようです」「それはまた教えてください」←すっごい詳しいです。

【7月3日追記】

本日、山梨のモモを初配達しました。サクランボの箱と同じサイズ、2㎏か?
山梨は早いなぁ・・・年々早くなっている気がする。



スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://leika7kgb.blog114.fc2.com/tb.php/1142-4d4a7c78