昨日ミスピーチが安部首相に桃をふるまっていましたね。
子供たちが「ミスピーチって2人なの?なんなの」って聞くから
「違う、違う。10人ぐらいいるよ。福島のキレイな娘さんが選ばれるんだけどね。『元ミスピーチです』っていうのはスゴイ威力で、福島では最上の美女という扱いなの。結婚相手がミスピーチだったとかいったら、もうハナたかだかなの」と解説。・・・思えば今から何十年か前、市民会館で選考会が(違ったかな?今はあるのかな?市民会館。附属小の向かいにあった)あったのを見たことがあるが・・・取材していたオジサンたちも楽しそうでした。

ということは、これからぼちぼち福島の桃が出てくるのね。楽しみに待っています。
(ただ、↓に書いたように、完熟状態での発送は危険だと思うということを県のどっかに電話して意見したいと思ったが、なんかちょっと、躊躇しています)




私の家からは、東海道線が見えます。ちょうど、朝お風呂掃除をしていると、窓から貨物列車がガタンガタン・・・と通るのが見えます。だけど、コンテナのない空間(台だけが空気を載せて?走る)も結構あるんです。あれ、すごく勿体ないと思います。だってトラックで運ばないで、コンテナにしてあれに載せれば、エネルギー減になるだろうな・・と。

ただ、貨物なので、やはり線路のあるところまで運ばなければならないという時間と手間とのバランスから、鉄路ではなくて陸路を選択するケースが多く、ああいったように無駄なカラ走りとなっているのだろうか。JR貨物さん、そこんとこどうなんでしょう。

というのは、前各運送会社で冷蔵品のずさん取り扱いに関し、世間がものすごいバッシングをしたことに関連します。あれ、確かにお客さんから見たら「ひどい!なんということだ!!」なんだろうけど、福島出身の私からすれば、なんというか・・・「原発事故の後、あれほどエネルギー節減をと言っているような人が、同じ口で、昔なら想像も付かないほどエネルギーを食いまくる冷蔵輸送の徹底を叫ぶ。なんかおかしくないか?」ってことですが。

冷たいものを、何百キロも先に、そのまま届ける・・・ってものすごい不自然だと思います。フードマイレージと似ていますが、まず、冷やすエネルギー、そして運ぶエネルギー、この2点から、日本でこれをやめたら、原発何基分の電気・燃料を使わなくてよくなるっていう計算になるかな・と、私は思います。

だから、福島風評の払拭に桃を運ぶエネルギーはまあいいとして、傷まないで届けることのできるよう、「冷やすエネルギーまで負荷=全部クールで運ぶ」ということを当然のこととしたら、脱原発県として、一体それはどうなんだ? というふうに思ってしまうわけです。だから、↓の文で、「桃をクールで運んで」とは言い難い、と書きました。

私の言っていることはヘンかもしれません。でも、震災後からずーーーーっと考えていますが、なんで、エネルギーを使う方使う方にしか社会が進まないのだ? と思います。




うちの裏には、東海道線、その後ろの広大な空き地に、太陽光パネルが敷き詰められました。その向こうに、新幹線が走ります。
空気を載せた貨物。
本当にキレイなエネルギーと言いきれるのか疑問の、再生可能エネルギー基地。
そして無数の電気の鉄塔のトンネルをくぐる700系・・・

たしかに原発事故後の世界ではありながら、肝心なところが、整合性の合わない世界に見えます。

・・・・反原発の人たちは、デモなんかやってないで、トラック輸送から貨物輸送に変えるには??とか知恵をだしてくださいよ。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://leika7kgb.blog114.fc2.com/tb.php/1145-85d50427