台風の雨が、午後から降り始めています。
午前中は、東風に煽られて、配達中何度か自転車を倒しましたが
雨がなんとかもってくれたので、神さまはいるのだなと思うところです。

だいぶ西の方を進んでいるようなので、明日の18切符帰省は、なんとかなるかなと思っています。
帰省中、去年訪れてから浜通りはどうなっているか? を見に、また行こうと思っています。前、いろいろ親切に教えてくださった職員の方に、今回もまたいろいろアドバイスいただきました。通行許可証を申請するのが遅れて、これは、明日、二本松で途中下車して、北トロミの事務所に行かないとダメだな~~と思っていたのですが、ちょうど、明日、帰りしなに会おうと約束していた松川の友達が、送っていってくれるとのことで、ありがたく、お世話になることにしました。

申請書にも「日曜の夕方、窓口に立ち寄ります」と書いてファクスしたのですが、さっき、郵便受けに、なんと許可証が届いていました!!・・・いや~途中下車の手間は省けましたが、もし、本日帰省していたら入れ違いになっていた・・・と思うとざわっとします。いや、ここにも神さまはいるのだと思うところです。

しかし、本当は、途中下車ということを思いつく前は、浜通りに行く朝、二本松の事務所に立ち寄って、そこから浪江方面→という計画で、職員さんに「どうやっていけますかね?」と聞くと、「私が行くときは114通ります。公務なので許可証があるので、行けるのですが、・・・」ということで、私のような一般人は、帰還困難区域のかかる114は通れません。山道も、ところどころ高線量で立ち入れないところもあるということで「一番良いのは、高速や4号線などで飯坂から二本松に来て、そこからまた折り返して戻って、慣れた道を浜に向かって行った方がいいです」とのことでした。

いや~しかし、「同じ道を通る」ってのって、私抵抗ありタイプの人間なのですよね・・・(分かる方いますよね?)

結局地図を見ていろいろ考えているうちに、帰省時途中下車ということを思いつき、さらには許可証まで自宅に届いたので、それを考える必要はなくなったのですが。

しかし、福島の地図を見ているうちに、昔、仕事でいろいろなところに行ったことが甦ってきて・・・
それにしても一体どこが走れないのか、それも不明です。私は大判の「復興支援地図」というのを持っているのですが、その規制も、今続いているのかどうかわかりませんし。

今回は恐らく、相馬は行かずまっすぐ浪江方面に行く、つまりは前回と逆のルートを行きで使おうと思います。飯舘から南相馬、そして6号に出るコースですね。松川浦とか、そのたもとの、ぐしゃぐしゃのままのポートセンターがどうなっているかとか、南相馬のがれきの山はどうなっているかも、見たいのは見たいのですけどね。

帰りに、399から115でなく、114川俣周りで、もし余力があれば二本松に寄ろうかと思いますが。たぶん、399から459のあたりが長泥、津島なので、そのへんが多分ダメなんだろうと思いますが、よくわからないので。

それにしても、相馬→福島、浪江→二本松・・・のように、東に拠点が移っているような感じだったと思うのですが、浪江→二本松は近くて遠いのですね。道のりが・・・
あと、やっぱり、避難指示が出たときに、114を通って西方向に逃げるという道しか、なかったんだろうなと地図を見ると、思います。114があったから北西にプルームが流れたのではないんだろうけど・・・大きな道は、平行して空にまで続いているというのは、トンデモ理論だろうけど。

あとは台風だけですね。東寄りに来てくれるな、と、あとは神さまにお祈りするだけです。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://leika7kgb.blog114.fc2.com/tb.php/1151-8f32a6ce