静岡県民熱愛グルメである法多山の厄除けだんごの縁日限定・茶だんごを買いに行きました。
茶だんごは、特にご利益のあるとされる「功徳日」だけ販売されます。私も家族も心身いろいろあったので、厄落としをしたくてでかけました。100人以上の長蛇の列を我慢し、10箱購入(並んだ人は大量に買いがち)。その後、重い箱を携えての&階段何百段も上っての本殿参拝。かなりの苦行の果てにゲットしたので、さぞご利益が増したのでは?と、思いました。
近所に配ったり、親たちに送ったりして、あとひと箱残ったな~と思ったら、翌朝、なんと夫がひと箱(6竿入り)を全部食べてしまったことが判明し、がっかりしましたが・・・・

その後、ある懸案事項が具体的に解決し、「やはり厄除けだんごが効いたんだ( ̄ー ̄)」と、思いました。

また別の日、家族で車に乗っている時、東海道新幹線のガードをくぐろうとしたら、夫が「ドクターイエローだ(´◉◞౪◟◉)」私と子供たち「えっ?えっ?えっ?」「ええ~~(泣(見えなかった」
ドクターイエローはたまに走ることがあり、日にちや時刻も公表されているようですが、普通に生活していて見るっていうのはかなりお得な気がします。これを見ると興奮する人多数…縁起がいいとされています。

厄除けだんごはそこそこの努力や下準備で買えるし、ドクターイエローを見る確率も「稀」とまではいきません。その後にいいことがあれば、そのラッキー感は増すでしょう。それが口コミで広がって(ツイッターやテレビなど)信じる人が増えていく。そこに確かに法則性はあると思うけど、それは科学と・・・言える?言えない?やっぱり迷信俗信?

こういうことはこの日本にたくさん転がっていますね。恵方巻もそうね。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://leika7kgb.blog114.fc2.com/tb.php/1180-e4929772