毎日の一面記事が話題になっていますが。。。。
私も、ずっと、ご高齢の陛下が公務をたくさんこなされているのを見て大変そうと思っていました。陛下が「やめたい」と意思を表明されて「そうだよ、やめさせて差し上げよう!!」って感情ダダ漏れになっていました。

でも、退位って簡単なことではないんだなあ・・・と、いろいろ調べて感じるようになりました。原武氏が指摘する「本来は天皇を規定するはずの法が、天皇の意思で作られたり変わったりしたら、法の上に天皇が立つことになってしまう」という点が、一番ひっかかるのです。

そういう意思を表明しないかぎり、だれも、公務削減を言い出せないし、退位させられないという状況が問題だった・・・それはその通りですが、そんなふうに「忖度」してはいけない畏れ多い存在ではないかとも思います。

それに対し今回、陛下の「本音」として、「(政府の有識者会議で)批判をされたことがショックだった」「一代限りでは自分のわがままと思われるのでよくない。制度化でなければならない」「自分の意志が曲げられるとは思っていなかった」が、世に出たことになります。
今回のことで「陛下がお気の毒」と言ってしまうのは心情的に当たり前の反応ですが、あまりにセキララな陛下の「感情」が公になることについて、何かおかしいなという気もします。陛下はこういう形をを望んでいたかというと、あのお人柄から想像するに、今、苦悩されているのではないでしょうか。

退位の一代限りについては、たとえば、奈良時代の「奔放な女帝」と言われる称徳天皇が、道鏡に位を譲りたいとしたことを想起したり、この先の天皇(候補)・・・悠仁さまや、愛子さまが絶対に安心、と言えるかどうかも、今の時点ではわかりません。今の陛下なら、そのお人柄や年齢なら、ご退位なさっても。・・・ということではないかと思うのです。

※あと天皇は、「男系男子でないとダメ」ってのについては、私もずっと、竹内久美子氏の「天皇家に伝わるY染色体」説を信じていた非科学的な世界の住人です。これはデマだということを最近知りました。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://leika7kgb.blog114.fc2.com/tb.php/1214-7f53885b