FC2ブログ
お盆には、実家には、いつもお寺のお坊さんがお経をあげに来られます。
今年はたまたま私もいたので、ちょうどいいからお坊さんに浄土真宗のもやもやを聞こうと思いました。お経の時には、紙を渡されて、目と耳で確認できます。さっぱりわかりませんが(多分、これの「讃仏偈」だと思われる。。。)

お経が終わってから聞いてみました。
ラジオの『なぜ生きる』を聞いても、親鸞上人のいわんとすることがよくわからないんですが・・・・。結局、阿弥陀仏を唱えて、来世があることを実感すればいいってことなんですか?」
「お葬式などによく聞いた『白骨の章』でも、とにかく『後生の一大事を知ること』としか救われる手立てがないと言っているみたいですけど、それが死後の世界を信じるということですか?」

結論からすると、ちょっとお坊さん、めんくらい、するっと逃げた感、大あり・・・・。
◆「なぜ生きる」一派はかなり浄土真宗でも異端だということ(※龍谷大学、大谷大学一派と対立しているらしい
◆後生の一大事も調べればいろいろな解釈ができるということ。一言で言えるものではなく、勉強したいのであれば、いろいろな先人の本を読むといいということ(「何の本がよいですか?」にも、具体的な返答はなし)
たぶんお坊さんもわかんないんでないのかねぇ・・・落胆。

今、吉本隆明の「今に生きる親鸞」を読んでいるのですが、やはり吉本さんも、私と同じく、小さいころから「白骨の章」にゾゾっときたそうです。
それで、私がいろんな本を読んでもよくわからなかったことを、かなり意訳的に指摘しています。
◆善人は自分を善だと思っているため、自力を頼みとするおごりの心を持っている。悪人は自分を悪だと自覚しているため、ひたすら阿弥陀仏にすがろうという謙虚な心を持っており、善人よりも往生しやすい(つまり、ここで「他力本願」という観念とつながるのですね・・)。
◆善行を積んだり、修行しようと思ってもダメ。ただひたすら阿弥陀如来を信じて、名号を唱えさえすればよい(=これカンダタの話とかすべて否定してますよな・・・)
◆ふつう仏教は、善行は往生の助けになるとしているが、親鸞は、善行は往生の妨げになるしている(そんなこと、浄土真宗って教えていたんですかね??初耳ですよ)。

もしかして吉本氏が勘違いしているってこともありですか?あまりに突飛ですが、常識だったのですかねえ・・・そんなこと親鸞の解説した本には書いていなかったはずですが・・・まだ途中なので読み進めてみます。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://leika7kgb.blog114.fc2.com/tb.php/1245-17095874