FC2ブログ
2017.09.10 女の不倫
いろんな有名人が不倫をしては、バレる世の中になりました。
女に対しては厳しい意見が多いですね。男は「いい仕事してくれれば」が、多いですよ。
英雄色を好む系、または不問にされている系が、渡辺謙、宮迫博之、斉藤由貴、細野豪志、布袋寅泰、高岡早紀、小林武史、桜井和寿、石田純一、ビートたけし(まあそれがきっかけで離婚てケースもあるが)
その逆がベッキー、ゲスの極み、宮崎議員、今井絵理子、山尾志桜里、上原多香子、矢口真里、・・・いっぱい。

女の浮気には姦通罪があったり、世間の目が厳しいのは、男尊女卑というよりも現実問題として子供の父親がわからなくなるからではないかと私は考えます。女は浮気をしても、しれっとして浮気相手の子供を産み育てることが可能です。男にとっては、わが子かどうかは、妻が浮気をしていれば100%の確信は持てません。そのリスクの差でしょう。

とはいっても、そんな問題関係なしに、昔から、女も浮気はします。「妻敵討(めがたきうち)」について、大学の日本史講読で習ったことがありました。妻の間男を、夫が殺すことです。怖い怖い。
でも、その次の講義では、先生はその逆、「後妻討(うわなりうち)」を教えてくれました。これは本妻が、男に捨てられてから、後妻を襲撃する風習です。こっちは殺すまではいきませんが。・・・山下久美子が今井美樹に嫌がらせするようなものか?

やまもといちろう氏が、「政治家の不倫はダメ。一番大事な家族を傷つけておいて、日本を守ることなどできない」というようなことを言っています(こちらこちら)。
不倫を全く不問にされて現在新党への足場を固めている細野豪志氏の奥さんや子供は、その後も苦しんでいるという記事を読むと、やまもと氏の言い分もなるほど・・・・と思います。
ただし、「黒革の手帖」では、「安島議員(江口洋介)が元子ママ(武井咲)と浮気するの図」のほうが、あのろくでない心の正妻と愛をはぐくむ姿よりも、100倍まっとうに見えるのですけどね・・・・( 一一) 

やはり、「人は、浮気をする生き物」なのでは? 不倫男を糾弾する既婚女性は、妻に共感しているからでしょう。しかし不倫女をバッシングする女は、不倫できる女を羨ましいと思っているからだ、と、何かで読んだことがあります。確かに・・・・・山尾議員なんてなんでも手に入れてきたような人だしね。逆恨みも多いはずだ。

英国皇室でもチャールズ皇太子が不倫していましたからね・・・。まさか日本の皇室(関係者)で、起きないといいです。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://leika7kgb.blog114.fc2.com/tb.php/1248-770f3bfa