FC2ブログ
綾瀬はるかも西島秀俊も大好きで、今期一番気に入っているドラマ「奥様は、取り扱い注意」、とてもよい夫婦の会話のシーンがあったので抜き書き。先週の第4話より。
綾瀬はるか「ごめんなさい、きょうはバタバタしちゃって、手抜きなの」(買ってきたピザを出す)
西島秀俊「気にしないで。たまにこういうの、すごく食べたくなるんだ。・・・・・いただきまーす。・・・・・うん(ニッコリ。うまい!)」
「・・・・・・・・」
「どした?」
「ううん、なんでもない」
「(ピザを置いて)なんか話したいことがあるんだろ。なんでも聞くよ
「・・・あなたにとって、仕事って何?何のためにしてるの」
「君との生活をよりよいものにするためかな」
「それはお金のことでしょ。お金も大事だけど、そのためだけに仕事してるわけじゃないでしょ」
「・・・確かにそうだね。・・・僕が仕事をしてるのは、誰かに必要とされたいからかな。僕に何らかの才能があって、それを仕事に生かすことができて、誰かに喜んでもらえたとき、僕は生きてることを実感できるんだ。この世界に、ちゃんとした居場所を与えられた気がするんだ
「・・・・(微笑む)」
「こんな答えでよかった?」
「うん。かっこいい
「なんだそれ(またピザを食べ始める)」
「・・・・・例えば」
「うん」
「誰かを喜ばせる才能があるのに、それを使わないのは、罪なことかな」
「・・・・そうかもしれないね」


まあ。。。この部分を抜き書きしたときに、切り口が2つあります(^^)/
一つ目。西島さん演じる夫が理想すぎるぐらい理想なこと。世の中の夫の方々はぜひ参考にしてください。
★買ってきたピザを「手抜きでごめん」と出す妻に「こういうの食べたかったんだ」と手抜き、逆にラッキーという言い方をするところ。
★妻の表情を見て、話を促し、「なんでも聞くよ」と、いい聞き役であるところ。
★妻に質問され、かっこいい答えを言えるところ(内面、生きる姿勢がかっこいいということでしょう)。(はるかちゃんも旦那さんに、「かっこいい」と言える妻であるところはお見事です)

二つ目。仕事とは何か、という西島さんの答え「誰かに必要とされたい」「誰かを喜ばせたい」。なるほどと思いましたね。さすが金城一紀脚本。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://leika7kgb.blog114.fc2.com/tb.php/1269-9ca40224