FC2ブログ
友人との関係に悩む話はよく聞きます。だいたいが、気の優しい、嫌と言えないほうが「自分はいいように使われている」と悩んでいます。ぐいぐい押してくる方は、相手が悩んでいることなど気づきもしませんよ。
回答が対照的な人生案内を見つけたのでメモ、メモ(・∀・)
まずは、「距離を置け」派 海原純子氏。

〔人生案内〕20代 友人が暗い話ばかり
2018年2月23日
 20代のアルバイト女性。子どもの頃からの友人と年に3、4回会うと、暗い話ばかり聞かされ、ゆううつで仕方ありません。
 彼女は入退院を繰り返してきており、今でも時折、体調を崩すようです。それでも就職先が見つかり、一人暮らしをしています。会うと近況を語ってくれるのですが、うまくいかないことの相談だったり、嫌な体験の愚痴だったりするのです。私が明るい話題に変えようとしても、また暗い話を始めます。私も気分が落ち込み、まるで自分まで嫌な目に遭ったよう。早く別れたいと思ってしまいます。これならば一人でいる方が楽しいです。
 私は子どもの頃から人見知りで、今でも対人関係で精いっぱい。人の相談に乗る余裕はありません。彼女は私に話すとスッキリすると言いますが、私はひたすら気が重いです。
 以前、不愉快だった時にやんわり彼女に指摘すると、予想以上にショックを受けたことがあり、どう切り出したらいいかわかりません。(神奈川・J子)

 ◇海原純子(心療内科医)
 友人関係は、助けたり助けられたりという対等な関わりがいいと言えます。一方が助けるだけの偏った関係は、負担になってしまいます。あなたは彼女にとって、いい友人というより、嫌な気持ちを吐き出せる都合のいい人になってしまっているようです。気分が落ち込んだ人の相談相手になることは、自分を成長させることにもつながりますが、心にゆとりやエネルギーが不足している時に頑張って手助けを続けていると、疲れ切ってしまいます。あなたは少し頑張りすぎてしまったのではないでしょうか。
 そんな場合は、ご自分が調子が悪くて会えないということを、彼女に伝えることが不可欠です。無理して会っても気まずくなるだけ。心身のエネルギーが回復してから会うことをお勧めします。 彼女の反応を気にしすぎて、我慢したり無理したりしないことです。あなたが彼女の話を聞く一方、彼女が疲れているあなたを受け入れることで、2人の友人関係はいい状態に戻るように思えます。


海原先生はやんわりと「フェードアウトのススメ」ですね。
以下も似ています。

友人とのつき合いに疑問

50歳の主婦。ある友人とのつき合いに疑問を持つようになりました。
彼女とは会社員時代からのつき合いです。子育て中は会っていませんでしたが、手がかからなくなり、また会うようになりました。それから数年がたちますが、彼女の振る舞いが嫌になることがあります。例えば、私が一度話したのを忘れて同じことを話すと「それ、聞いた」とハッキリ指摘してきます。私が何かを人に伝えようとすると「そうなのよ」と割って入ってくるので、私が話せなくなることもあります。遠回しに諭しても、彼女は以前と違って気づきにくくなっています。
 それでも、心の底から彼女に反発する気持ちは起きません。関係がギクシャクするのも嫌なので、誘われたらなるべく一緒に出かけるようにしています。たまに断るとふざけた口調で「マジか~」と言ってくるのにも戸惑います。
 これは、やはりオカシイ付き合い方なのでしょうか。

◇山田昌弘(大学教授)
双方にメリットがあるから友人として付き合っていたはずなのに、オカシイと思い始めたということは、あなたに何らかの不公平感が生じてきたのですね。友人関係を棚卸しする時期が来たのでしょう。
会うメリットとデメリットを紙に書き出して、見比べてみましょう。メリットのほうが大きいと思えば、我慢して今まで通りに付き合えばよし、デメリットが大きければ無理して友人でいる必要はないでしょう。相手の性格を変えようなどと、ゆめゆめ思ってはなりません。
あなたの性格ですと、はっきりつき合いをやめますとは言いにくいでしょうから、(そういう人も時々います)、フェードアウトしましょう。何か言われても受け流して、ひたすらフェードアウトを目指す。そうすれば相手も気づいて去っていくでしょう。
気の合う友人はいつでもできます。また、数年後には彼女の性格が変わっているかもしれません。その時はまたその時で、またメリットとデメリットを考えて付き合うかどうかを決めるというスタンスでいればよいのではないでしょうか。


フェードアウトってのは。。。。やったことも食らったこともあるからよーくわかります。やるほうは自分がいい人でいたいし、楽だからいいけれど、やられた方はキツイですよね。はっきり言ってくれれば期待しないのにって思うけれど。
まあでも別れの王道。人間、両方経験することが人としての幅を広げると思いたい・・・・。

しかし、ここで毛色の変わった回答が登場です。

[人生案内]80代、同級生から何度も電話
2018年2月21日
 80代の女性。近くに住む同級生の友人が週に何度も電話をかけてきて、ほとほと困っています。
 彼女は一人暮らしです。体が不自由で、外出することがほとんどできない状態です。私の夫が人工透析を受けるため出掛けている間に、電話をしてくることが多いです。 話のほとんどは、彼女をいつも世話してくれている行政の人たちへの悪口です。行政ばかりが悪いような言い方をするのはよくないと諭すのですが、少しも変わりません。 困り果てて一度、はがきを出し、やんわりと電話をしてくるのは控えてほしいと断ったのですが、一切構わず、電話をしてきます。強気な彼女も、時々弱音を吐くので、同じような立場の身としては、それ以上は言えません。
 この状況から抜け出すには、どうすればいいでしょう。(埼玉・G子)

◇樋口 恵子(評論家)
 さぞお困りのことと存じます。でもどうぞ、その同級生のことは大切にしてあげてくださいませ。 私はあなたより少し年上ですが、80代になってから同級生の存在感は日々強くなるばかりです。老いを共にする仲間なのですから。
 あなたはきっと幼い頃から、同級生に相談されたり頼りにされたりしてきた方なのでしょう。だからこそ、ご病身の夫君を守って、しっかり生きていらっしゃるのですね。
 彼女からの電話対策はいろいろ考えられます。近頃は電話の機器が発達していますから、誰からかかってきたかすぐにわかります。電話に出ない、という手です。 でも私だったら、「近頃、夫の透析に付き合うことになったの」と言って、その間の電話には出ない。まあ、うそも方便ですね。 彼女が話す悪口は不愉快でしょうけれど、基本的に聞き流すようにしてください。耐えられない時は、「あ、ピンポーン。宅配便かしら」「珍しく来客で」などと言います。これも、許されるうそです。
 そして、あなたが今なさっているように、時々たしなめ、異論を挟むのは重要です。ちょっとしたきっかけで、人は変わることがあり得るのですから。


これね・・・・
20代とか50代なら、友達はこれからいくらでもできるけれど、80代になったら、もうできないから我慢しろってことなんでしょうか・・・。そう思うと、実に、将来に対し暗澹とした気持ちになります。もともと老人というのは、性格など変わるわけない(だって山田先生が50代の方に言っているではないですか「相手の性格を変えようなどとゆめゆめ思ってはなりません」と。・・・年とったらなおさら変わるわけがない、気づくはずもない。

私はこんなとき、中島義道氏の「人間嫌い」を読んで心を落ち着かせるのです。よいレビューがありました。

【3月2日追記】

上に回答している山田先生が本日またよいご回答を。

[人生案内]療養中、友人から「会おう」メール
2018年3月2日
 40代の女性。昨年、病気による療養生活を機に、長年の友人との関係が変わってしまいました。
 体を大切にしようと仕事を休み、主治医から感染症に気を付けるよう言われ、外出は控えていました。その旨は友人に伝えていたのですが、わかってもらえず、「会えませんか」「会おう」というメールが相次ぐようになりました。 私はどうしていいかわからず、心苦しく思いながら、返信をしないでいました。それでも一方的にメールが届き続け、半年で20件近くになりました。 いつしか私は、友人のしつこさが不快になり、元気になっても会いたくないと思っていることに気付きました。残念でした。友人は、以前はどちらかというとさっぱりした性格で粘着質ではなかったのですが。
 仲の良い友人関係も、環境によって変わるものなのでしょうか。それとも、私が未熟だったのでしょうか。今後、どう考え、どう対応したらいいでしょうか。(東京・Y子)

◇山田 昌弘(大学教授)
 夫婦であってもお互いを完全に理解しているわけではありません。ましてや、時々しか会わない友人です。状況が変われば、関係が変わるのは普通のことではないでしょうか?
 あなたが、友人とのコミュニケーションがうっとうしくなったのであれば、無理に関係を続けなくてもいいですよ。いくら仲がよかったとしても、過去は過去です。あなたは、義理堅い人にお見受けしますが、過去にまで義理立てすることはないでしょう。確かに相手の性格が変わったのかもしれませんが、あなたの性格も変わったのではないですか。
 残念に思ってもいいですが、相手の変化を嘆いても、未熟だと自分を責めても何にもなりません。あなたの心の中の声が、関係を一度見直そうと言っているのです。一度、関係を切ってみたらいかがですか。 また、あなたの方から彼女に会いたくなる日を待ちましょう。その時、彼女がこたえてくれるかは分かりませんが、それも人間関係の一コマです。 これからは自分の気持ちに素直に、友人関係を考えてみたらいかがでしょう。



スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://leika7kgb.blog114.fc2.com/tb.php/1297-04551949