FC2ブログ
JR福島駅東口の教育施設「こむこむ」に、出現した巨大な子供像「サン・チャイルド」。どうなるのでしょう。
私も、ネットで見てて「なんだあの像は」と憤っていたのですが、問題が長引いてくるうちに、考えが変わってきました。

1)私の知っている方で、賛同の意を表明している方が5人もいる。

ツイッターやブログを見ていると、福島県民は、反対がもちろん多いのですが、やりとりをしたりお会いしたりしたことのある方で、「いいと思う」と表明している方が5人もおられるのです(もちろん、反原発云々とは、無関係の一般の方です)。中には、反対意見を悲しむツイート、批判を読みたくないというツイートも読みました。だから、あの像によって傷ついている人もいるし、反対意見に傷ついている人もいるという、なんという悲しい事態になっていることかと・・・。そこが、私は一番気になっているのです。

あと、これ以外では、木幡市長について「今までの市長にないぐらい、一生懸命各方面で仕事をしているから、今回のことでやめてほしくない」っていうツイートも見ました。今回のことは勇み足なのか、それともこれが真骨頂なのか・・・。

2)外野は介入しないで福島市・福島市民に任せようというブログを見た。

外からワイワイいうのって、県外の反原発と同じやり方でもありますもんね。市民の方がどんどん、意見を表明されるのがいいと思います。
林智弘氏の出された文章について、擁護派の小松理虔氏は「このタイミングでこれだけ抑えたテキストを林さんが書いている意味を重く受け止めなければならないな。反対する声の根拠が静かな怒りとともにまとめられている」とだいぶ軟化されているようです。互いに対話ができるとよいと思います。

3)福島県民である私の身内の反応

でも私は、ネットをやらない人は、こんな騒ぎすら知らないのだろうと思うのです。高齢者とか。

福島市民である80代の父母は知りませんでした。福島市民の姉に聞いたら「新聞で前みたけど、話題にもなってないかな。なんか大きいものがあるけどなんだろう、みたいな。防護服(?)とかっては、ニュースで言われるまでわからなかった。普通の人達にはあまり関係ないかもよ、あの存在自体」というメールが来ました。郡山市民の長男は知りませんでした。

4)民報、赤坂氏、福島市議会

民報の日曜論壇で赤坂憲雄氏(県立博物館長)がこんな文章を書いていました。

私はこれに反発心を覚えたのですが、よくよく考えてみれば、震災直後、民報は放射線が怖い派の記事をけっこう載せていたのを思い出しました。日曜論壇で「その手の色」の文章を読んだ記憶があるので、今回の報道姿勢は同じだと思いました(論説ではないのがキモ)。 
震災後、思い切った「大丈夫」のかじをなかなか切れなかったのは、「いろいろな意見がある」というスタンスだったからのはず。今回のことは、その微妙な問題の再来とも思えます。

私は、赤坂氏といえば同和・部落・庶民の性問題に詳しい民俗学者人という認識で、昔の著書もいくつか持っています。「東北学」も提唱しています。差別される側、弱者などの声をすくいとることにたけた方でした。民俗学とは、無名の庶民のなりわいや、口承で伝わるものを聞き取って残す学問。世の歴史や、英雄の記録とは異なるアプローチをとります。ですが今回は、親方・福島市の決定を補強するような言い方です。理由を知りたいです。民の意見を聞いたらの文章なのか、聞かないからの文章なのか。

あと、市議会では、共産党市議団だけが反対してるってのも、不思議です。ほかの与党会派はどうなっているんでしょう。市長に何も言えないからダンマリなのか、反対する必要はないと感じているからか、そこも知りたいです。

いずれ明らかになるんでしょう。

でもヤノベ氏が、ちょっと、もっと責任を持ってほしいですけども。傷だらけのサン・チャイルドが福島県の人たちを傷つけて・・・というふうに見えるのですが。本人は「話題になってうれしい」ぐらいにしか思っていないんではないかなと。




【20180829焼き肉の日追記】

昨日かな?撤去が決まったんですね~、よかったよかった。しかし「解体して、保管」て、どこをどう解体するのだろうか怖い・・。
しかし、撤去を嘆く、相互フォローの方たちのツイートを読むと、ばんざーいばんざーいと、大声では言えない気持ちもあるのですが・・・。

そしてヤノベ氏のコメントが立派とか、なんかすっかり持ち上げられている感に、私は「あれあれ??」と思います。「作品に罪はない」とか・・・。

何か、違うのではないか。彼は確信犯に違いないと私はにらんでいるんですが。これから地道に探索したいと思っています。


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://leika7kgb.blog114.fc2.com/tb.php/1322-0e00474f