FC2ブログ
先日のユーミンのラジオ「ユーミンコード」のテーマは「テンション(緊張)」。とてもいいことを言っていたので、書き起こそうと思っていたら、ラジコ24時間たってしまって、聞けなくなりショックを受けたのですが、なんとHPに書き起こしがアップされている!!さすが天下の年齢不詳64歳、ユーミン様ですね・・・

今年、子供が全員、試験や受験を控えており、昨日も試験前の子供に「自分を信じて本番に臨め」とラインを送ったところです。本番で実力を出すのは、とにかく、事前にどれだけやったか?準備したか?リハーサルをしたか?にかかっていると私は 確信しています。齋藤孝・明大教授の、会議をうまく進める方法かなんかをまとめた本(名前がわからない・・・)が参考になりました。とにかく、それまでに、これでもかというほどしっかりやっておけば、自分を信じることができます。

ただ、自分を信じる気持ちがあっても、当日本番直前は、緊張してしまうもの。その緊張を解く方法について、ユーミンが短時間でうまく話していたのです。緊張するのは「失敗したらどうしよう」という気持ちからくる。現在までの自分を信じれば、間違いはない。でも、それでも上がったら? 
その作法について、舞台の魔女・ユーミンの「力を抜く方法」です。

↓     ↓     ↓
   
緊張は悪いことばかりじゃありません。
実験によれば、能力や仕事の成果が出てパフォーマンスがあがるのは、ほどよいストレス状態、緊張が高すぎず、低過ぎずの状態だそうです。つまり、ポイントは緊張をコントロールすること。
緊張し過ぎているとき、それをゆるめるためには、まず、力を抜くこと、といわれています。

私のような仕事は、常に緊張して力が入っている、という状態におちいりがち。なので、「力を抜く」ためのメソッドを学んだこともあります。
自分が今、ガチガチに緊張しているな、と、まずは認識すること。そんなときに手っ取り早くできるのは、身体そのものをゆるめることです。
例えば・・・息を吸いながら両肩をゆっくりと耳のほうへ持ち上げて、数秒の間、肩をあげたままの体勢で力を入れ続けます。そのあと、息を吐きながら両肩をすとん、と落とします。緊張と弛緩の繰り返しで、余分な力が抜けていきます。

もっと手軽なのは吐く息を意識した深呼吸。
息を吸うときは必ず鼻から、吐くときは口と鼻、どちらでもかまいません。ゆっくりとカウントしながら息をすることだけに意識を集中させると、余計な力は自然と抜けて、心の緊張状態もほぐれていきます。
また、緊張しているときは身体の重心があがっているので、重心を下げよう、と意識してみてください。たとえば四股をふんだり、スクワットをしたりします。

場所があるなら、ヨガでいうところの「死骸のポーズ」。特に緊張を解くためには上半身を力の抜けた状態にするのがポイントで、あおむけに横たわって、軽く眼を閉じて、口は半開き。
手のひらは上向き、両腕はだらん、と身体の横においてわきは自然に開く。
両足も腰幅より少し開いた状態で、最初はそのまま限界まで力をいれて抜きます。その後、3分間、死骸になったつもりで脱力の状態を保ちます。

そのほか・・・歩き回る、緊張している自分を実況してみる、自分だけの安心できる「ルーティン」を決めてやる、というのもあり。熱いお茶を飲む、自分を抱きしめるように腕をつかむ、呪文をとなえる、などなど。
「これをすることで、緊張がとけた」という成功体験をつんで自信を深めます。


呼吸法、これは簡単です。私も、前に太鼓を習っていたのですが、師匠に学びました。つまり腹式呼吸です(かの齋藤氏も「日常生活で仏になる方法」で言っています。)
1 3秒で鼻から息を吸って
2 3秒息を止めて
3 15秒かけてゆっくり口から口から吐き出す。細く長く
これは、覚えておくとよいです。いつやってもいいです。眠れないときとか。どこか痛いときも。おすすめします。

余談;それと、「力を抜く」ということについては、出産もそうでした。分娩をうまく進めるコツは、いきむことではなく、いかに、陣痛が来た時に痛みを逃して、いきむことをぎりぎりまで溜められるかです。
それを私は出産したことのない夫から学びました。

第1子は陣痛促進剤であっというまの出産、(産後つらかった・・・
第2子は自然だったので、なかなか出産に至らず、夜、先生もいなくて、陣痛室で待機。夫が漫画読みながら「だら~っとするといいんじゃない?」とアドバイス。「だら~って??」「だら~ってする」???? でもあとでわかりました。なるほど!
助産師さんに、漫画読んでて平和な夫は、私の邪魔になると思ったようで、「男は家に帰っててもらいましょう。女の闘いだから。産まれたら電話します」いうことに!!(今なら信じられないような話だけど、それがいかにも自然だったのね~
陣痛って極度の緊張ってことですから・・・いかにその合間のリラックスって大事か、です。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://leika7kgb.blog114.fc2.com/tb.php/1325-4650a663