島田市で焼却した後に、放射線量が上がっている~という
論文があったので、見てみた が・・・

「焼却後の値は、焼却前より上昇・下降両方ある。雨の影響もある。ただ、同じく測った静岡市よりは、上昇率が高いところもあった」という研究結果を、危険の衣でくるんだだけと私には思えます。


島田市の試験焼却前後おける松葉の放射能調査結果について
2012/3/31
京都大学大学院・工学研究科
河野 益近
はじめに
島田市が2012 年2 月16 日、17 日の両日、福島第一原発事故の放射能を含んだ震災瓦礫(主に木
材チップ)の試験焼却を行うと発表した。その発表を受けて、放射能の再拡散を懸念する市民グル
ープが、試験焼却前後に焼却場周辺や島田市内(一部隣接市)の6 ヶ所とコントロール(比較対照)
として静岡市内1 ヶ所で松葉を採取し、松葉に含まれる放射能の調査を行った。
私は松葉の採取方法のアドバイスと放射能の測定の分野でこの調査に協力させていただいた。こ
こでは、主として、焼却前後に採取された松葉に含まれる放射能について報告する。
松葉試料の採取
試験焼却による影響を調査するために、試験焼却前の2012 年2 月10 日に第一回目の松葉の採取
を行い、試験焼却後に第二回目の採取を行った。試験焼却後の採取は、2 月18 日(№1)、20 日(№
2, 3)、22 日(№4, 5, 6)。さらに一部については再採取を3 月6 日(№4, 5, 6 とコントロール(比
較対照)1 ヶ所)に行った(図.松葉の採取場所)。
試験焼却前の第一回目の採取は2010 年と2011 年に芽を出した葉を分けて採取した。試験焼却後
の第二回目は2011 年に芽を出した葉のみの採取をおこなった。これは福島第一原発事故からの放射
能を直接浴びた2010 年葉は、直接の影響を受けていない2011 年葉に比べて放射能が10 倍ほど高
いため、新たに追加される放射能量を調べるためには放射能の低い2011 年葉が有効だからである
(図.静岡県内での2010 年葉に対する2011 年葉の放射性セシウムの割合)。
松葉試料の測定
採取した松葉試料は、200cc の測定容器に封入し、ゲルマニウム半導体検出器で測定をおこなった
(図.島田市の松葉(第二回、№1、2011 年葉)のガンマ線スペクトル)。半導体検出器の周囲は、
建物のコンクリート等からの自然放射線を遮蔽するために10cm の鉛で覆われており、また鉛の内
側には鉛からの自然放射線を遮蔽するために10cm の純銅で覆われている。
測定に用いた松葉試料の重量はおよそ53g から107g、測定時間はおよそ70,000 秒から270,000
秒である。検出限界は試料重量と測定時間によって異なるが、その最小値はCs-134 で0.35 Bq/kg、
Cs-137 で0.41 Bq/kg である。
結果と考察
第二回目の測定で、高い放射能を示す松葉があった。2010 年葉の混入が考えられたので、一部は
再度採取してもらい枝付きで送ってもらった。枝についた葉ならば簡単に2010 年葉と2011 年葉を
選別できるためである。2010 年葉が混入すると、放射能の値がまったく変わってしまう。しかし再
度の採取のため、新たに降雨という不確定要素が加わってしまった。ちなみに静岡市内の降雨は、2
月23 日、25 日、29 日、3 月2 日、4 日、5 日、6 日(午前中)で、激しい降雨もあった。
1. 瓦礫の試験焼却の影響を示唆する点について
まず、震災瓦礫の試験焼却の影響が考えられる点について述べる(図.松葉(2011 年葉)に含ま
れる放射性セシウム(Bq/kg)、図.焼却前に対する焼却後の松葉(2011 年葉)に含まれる放射性セ
シウムの差)。
① №1 の放射能が、試験焼却後により高くなっている。増加の割合は、放射能量で約4.2 Bq/kg、
比率で約130%となっている。試験焼却前でも他の採取場所に比べて放射性セシウムの放射能が
高いことを考えると、焼却場で日常的に焼却されるゴミに含まれる放射能――静岡のゴミには量
は少ないが福島からの放射能が含まれている(図.松葉による静岡県内の放射能測定結果)――
が溜まりやすい場所だと考えられる。
② №4、5 が焼却後に高くなっているが、同時期に採取された静岡市内の松葉の放射能も少し高く
なっている。これは降雨による影響(降雨によって松葉の放射能の一部は洗い流されるが、その
洗い流された放射能がより下方の葉に付着したり、また降雨自身に含まれる放射能が松葉に付着
したりすることが考えられる)だと思われるが、№5 については焼却後の降雨前に採取した松葉
の放射能もわずかであるが高くなっているので、降雨とは無関係に№5 の地点は試験焼却後の放
射能が高かった可能性がある。また、比率で見ると静岡市内の増加は放射能量で約1.4 Bq/kg、
比率で約120%であるのに対して№4 は約2.8 Bq/kg、180%、№5 は約2.6 Bq/kg、190%(降雨
前は約1.5 Bq/kg、150%)となっており、静岡市内に比べて増加した量、割合ともに大きくなっ
ている。
③ №2 は、放射能は約0.8 Bq/kg と増加した放射能量は少ないが、焼却前後の比は約180%になっ
ている。
以上が震災瓦礫の焼却の影響を示唆する結果である。
2. 慎重さを要する点について
慎重になるべき点についても述べておかなければならない。それは以下の点である。
① 降雨の影響を考えなくてもよい試料でも、焼却前よりも放射能量で約0.2 Bq/kg(比率で約20%)
低い場所(№3)がある。
② 降雨後については放射能量で約0.8 Bq/kg(比率で約10 %)低い場所(№6)や約1.4 Bq/kg(約
20%)高い場所(焼却とは無関係の静岡市内)がある。
№3 については、放射能量で考えれば、試験焼却前後で殆ど変化は無いと判断しても間違いでは
ないと思う。しかし、他の測定結果については、松葉は環境試料であるということを考えれば、瓦
礫焼却の影響が無くても、少なくともこの程度(放射能量で±1.4 Bq/kg、比率で±20 %)の変化は
起り得るということを考慮しておかなければならない。
結論
島田市の焼却施設は、ガス化・高温溶融一体型の炉で、燃焼・溶融帯の温度は1,000~1,800 度で
あり、『ごみ中の灰分、金属、セトモノ、ガラスなどの不燃物が高温で完全に溶融され、有害な重金
属類は還元雰囲気の下、後段の排ガス処理にて捕集されるため高品質の溶融物が産出されます。溶
融物は急冷後、スラグとメタルに分離され再利用されます。』と島田市HP に説明されている。この
ような高温で環境に飛散した放射性セシウムを(化学形態がどうあれ)焼却するとガス化して消失
すると考えられる。少なくとも松葉を坩堝で燃やすと松葉に含まれる放射性セシウムは消失する。
さまざまな状況(焼却温度や焼却した放射能性セシウムの総量と灰に残っている放射能の総量など)
を考えれば、ある割合で放射性セシウムが焼却場から環境へ放出されていると考えることができる。
島田市の焼却場から周辺に放出された放射性セシウムは、卓越風に乗り谷に沿って流れ、№1 の
松葉を汚染し、その後島田市内を東の方向(№4, 5)へ向かったと考えることも出来るが、まだ推測
の域を出るものではない。焼却が継続されるようであれば、継続した調査を行う必要があると考え
る。焼却される放射能の総量が多くなれば、環境に放出される放射能量も多くなるので、焼却の影
響を明らかにすることができるであろう。
おわりに
環境に放出された放射性物質は、回収しない限り形を変えて何時までも環境に存在し続ける。事
故などで放射性物質が環境に拡散すれば、環境から放射性物質を回収するのにエネルギーが必要に
なる。無駄なエネルギーを使って各地に拡散された放射性物質が環境を汚染すれば、汚染を環境か
ら減らすには更にエネルギーを投入しなければならない。エネルギーの再投入がなければ、時間だ
けが頼りとなる。
放射線による被曝は、その被曝量に比例して影響があると考えて被曝管理をするのが現代科学の
一般的な考え方である。したがって、福島第一原発からの放射性物質が少しでも回収され、あるい
は人間の生活圏から遠ざけられない限り、広域への拡散という方法では日本に住む人全体への放射
線被曝の影響を低減することはできない。100 Bq/kg 以下というクリアランス・レベルはもともと
原子炉を解体した際に生じるコンクリートや鉄骨などを再利用するために決められたものである。
本来は低レベル放射性廃棄物として管理すべきものであるが、原子炉の解体という近未来の現実を
考えたとき、その管理すべき低レベル放射性廃棄物の多さに困惑した結果として便宜上出てきた数
値である。このクリアランス・レベル以下のコンクリートや鉄材は、そのまま、あるいは放射能の
無いものと混ぜて使うことが想定されていたはずである。すなわち、環境に持ち込まれたとしても
100 Bq/kg を超えるような放射能の濃縮はおこらない。しかし、今問題になっている震災瓦礫につ
いては、焼却が前提となっており、その結果、濃縮などにより100 Bq/kg を超える放射能が灰など
に残留し、最大8,000 Bq/kg のものが、埋め立て処理により大量に各地の環境に持ち込まれようと
している。また、今回の島田市の松葉の調査結果は、焼却灰の処理だけではなく、震災瓦礫の焼却
に伴って焼却場周辺の大気が放射能によって汚染する可能性についても考えなければならないこと
を示唆している。
放射能を含む瓦礫を、放射性物質を管理できない一般の焼却炉で焼却するという行為は、放射性
物質を管理するという点からは、本来絶対に行ってはならないことである。焼却可能な震災瓦礫(木
材チップなど)や放射性物質を含む汚泥などは有機物を多く含むので、バイオ燃料の材料として使
うことができる。バイオ燃料を作る過程で分離される放射性物質を回収すれば(そして回収された
放射性物質を国が保管管理すれば)、瓦礫・汚泥の焼却によって放射性物質を再び環境に拡散させる
ことはなくなる。現時点でバイオ燃料の製造が割高であっても、放射性物質の回収という観点から
考えれば、補助金をだしたとても市民は納得するのではないだろうか。せめて、専用の焼却施設を
建設してほしいものである



この論文への賛同コメント
【投稿者コメント】
 結果をみると、松葉サンプルで、降雨の影響を除き、試験焼却によって、比率で150~180%増加しているものがある。ベクレル数では約0.8~1.5ベクレル/Kg増加している。
誤差範囲は、降雨の影響がない場合、20%程度の誤差はありうるとしているが、それを差し引いても、有意な放射性セシウムの増加がみられている。
 試験焼却量10トンで、周辺のセシウム沈着が約1ベクレル増加するとすれば、島田市の受け入れ予定トン数である年間5千トンとなると、1年後には、500ベクレル/Kgの増加となる。こうなると、人体に影響のでるレベルまで、島田は汚染され、さらに、子供を産み、育てるには、リスクが高すぎる環境になってくる。
 お茶にとっても、今のやり方の瓦礫焼却は、風評被害ではなく、実害であることが証明されたといっていい。確実に焼却場周囲の茶葉の放射性物質は上昇してゆく。東京では、すでに同様の焼却が日々なされており、土壌汚染の程度も日々少しづつだが確実に悪化しているのではないかと危惧される。空間線量があがっているという投稿もある。
 フィルターで、気化された放射性セシウムは筒抜けなのだから、(環境省南川次官も説明会で反論できず、ほぼ公認済み 99.9%は根拠がない神話である)、あたりまえといえば、あたりまえの測定結果である。こうなると、桜井市長は、独断で、島田市を、実害の渦に巻き込むことになる。バンダジェフスキーグループが確認しているように、疲れやすい、病気が治らない、心筋梗塞、癌での死者が増える、出生率が低下する、乳幼児の突然死が増えるといったレベルで、少しづつ、少づつ、地域を蝕まむような形でだが。マスコミが報道しなくても、これは、隠すことはできなくなるだろう。






島田市長に関しては痛快な話しもあり、このうるしねまきさんの記事を読みながら笑ってしまいました(^◇^)
※さらに痛快な記事もありました。こちら


3月末の研究結果で、今、5月ですが、特に話題にはなっていないみたいですね。

震災後、静岡県のおける危険派のブログで、松葉の測定をしている人がいることは知っていました。常緑樹だし、採取しやすいし、とてもいいサンプルってのはなんとなくわかりますね。私の家のすぐ近くの浜辺にも防風林があるので、その松もたしか測ってあったみたいですが、とにかく、それ読んで「まったく、そだ労力あんだごっちゃら福島にいってやってくらんしょ」って思って数値すら覚えていませんでした。

そのうち、その危険のヒトのブログが削除されてしまいまして・・・・

で、検索してみたらこんな記事がありました。私が住んでいる区ではないけれど。9月の話なので、島田市の騒動が起きる以前からやはり、松葉で測るってのはありました・うろおぼも正しかったということです。
やっぱ、この河野っていう人が絡んでいるようです。

(古い葉)
Cs-134 : 12.7 Bq/kg・生 ± 4.7%
Cs-137 : 14.5 Bq/kg・生 ± 3.8%
Cs-134+137 : 27.2 Bq/kg・生

(2011年葉:新しい葉)
Cs-134 : 0.2 Bq/kg・生 ± 80.6%  
Cs-137 : 0.3 Bq/kg・生 ± 49.3% 
Cs-134+137 : 0.5 Bq/kg・生

っていうベクレル数ですね。なんていうことないですね。




そして、今回の島田市の研究結果ですけれど

この論文、わざとわかりにくくしていませんか?みんな読みとれて書いているのかしら。「わかんないけど、焼却後に上がったみたいだね」といういい方をしているのに、乗って気分で煽っているだけでは。

要するに、「島田市の松葉の、焼却後の値は、焼却前より上がっているとこが多い。が、雨も降っているため上がる確率が高く、焼却の影響だけとは言えない。ただし、同じ日に測った静岡市よりは、上がる度合いが高いので、試験焼却の影響があると言える」(静岡市は1.4ベクレル/kgの1.2倍だったけど、島田市は2.8ベクレル/kgの1.8倍と、2.6ベクレル/kgの1.9倍と、0.8ベクレル/kgの1.8倍)

ってことしか言っていないのではありませんか?

それに、「180%」とか「20%」の%の使い方がわざとわかりにくくしているように思えてならない。2の①「約0.2 Bq/kg(比率で約20%)低い」→焼却前の2割引き?それとも、焼却前の2割? 同じく、増加の方で、1の②180%は、1.8倍? それとも+1.8倍?

それに自分で言いわけしていますよ。
「ただ、焼却前に比べて、0.2ベクレル/kgと、0.2倍のところもある」下がってんじゃん。

「松葉は環境試料であるということを考えれば、瓦礫焼却の影響が無くても、少なくともこの程度(放射能量で±1.4 Bq/kg、比率で±20 %)の変化は起り得るということを考慮」誤差ってこと?


どして、これが、試験焼却後に、汚染が上がる根拠になるんでしょうね・・・
出したもんがちとは、こういうことでしょうか。



大事なことは、最初からこの河野って人は、松葉測りまくっているプロ、それも何のためにかというと、「安全だ」ではなく・・・・「危険だ」「広域処理するな」という観点からやっている人だということでしょう。


そんな微々たる違いを出してむねはっているんじゃなくて、松葉が汚染マップに有意義ってわかってんなら、本当に必要な福島でやってください
スポンサーサイト