東電ばかりを責めるのはいけない・・・
あの未曾有の震災は免責(国が肩代わり)もありか・・・
と、つい、あまりにも悪者呼ばわりされる東電にも「何分の魂」と思ってきていましたが、きょうの日経を読んで、なんかそれが吹っ飛んだ感じです・・・

「迫真 国有東電の軌跡 1」より

4月19日、勝俣氏、「西沢氏は交代を」との仙谷氏に、「それなら(東電を)潰してほしい」と。

その夕方、下河辺氏、会長要請受理後、「個人的にはやはり社長を交代していただきたい」と記者団に語る。この段階での新社長人事に触れるのは異例。西沢氏続投の芽を摘む(同日夕方)。


あのはくはつの上品そうな紳士然とした勝俣氏。あくまでも国有化に抵抗したのね・・・

で、秋には、この人、福島の原子力発電所を本体から切り離す構想を議員に説明して回っていたそうです。原発を東電や原子炉メーカー、機構などが出資する新会社に移し、東電はそれ以外の業務に集中する内容。「廃炉や賠償だけ切り離して、(東電が)身軽になる発想は許さない」。と、枝野氏?(ここぼかして書いてあってだれのことかわからないが、国の考えということです。

これを読んで私は唖然です。

福島を何だと思っているんでしょうか。東電様よ。だからこんな大惨事を起こしたのだと、本日は思った次第です。

新広瀬社長は、「フクシマを無視してはならない」みたいなことを言っています(願わくば「福島」と言ってほしいのだが)、だからこの路線を否定してくれればいいと思うが・・・

それと、気になるのは、細野大臣も、事故調の検証かなんかで、「東電の、事故直後の徹底発言は、全面撤退を意味していたと認識している」と証言している点。カン、枝野氏だけなく細野氏もそうなのだと。ここはどうやって検証すればいいのでしょう。

副島隆彦氏が言っている。「あれほどの事故を起こしたのだから、東電の幹部の副社長ぐらいでもいいから、せめて一人でも、首をつって死んでくれていたら、どれぐらい日本国民は、救われたことだろうか。原子力委員、安全委員長の歴代の一人でもいい。重たい責任を真剣に受け留めて、国民への信頼を裏切ったことを恥じて、自分でそれを強く感じて、ただひとり死んでくれたら」・・・それは勝俣氏らでは小物であり、首を吊るべきは、小宮山宏氏(東電の監査役、三菱総研の理事長。東大工学部の教授時代から、原子力委員長、安全委員長。東大総長も歴任)『放射能のタブー』だそうです。この弟子が鈴木篤之氏、斑目春樹氏。





スポンサーサイト