千貫森の宇宙人さんから、
「放射線が怖いので子供を家の中に閉じ込めて、
さらに魚、シイタケなどを食べないからビタミンD不足になり、子供にくる病が増えている」と教えていただきました。

不安の方々に「大丈夫だから外に行って遊ぶように」「市場のキノコや魚は大丈夫だから食べるように」と言ってもわかっていただけないので、こういうといいそうです
「子供に輸入品のミルクや魚の缶詰を与えたり日当たりのいい部屋で遊ばせたりするといい」→こちら

双子のアトピーがなんかこう着状態なので、浜松医科大のなんとかという薬剤の治験を受けようかどうしようか、と思っていたときに、本日、同大の皮膚科の市民公開講座が隣の中学であるというので、いってきたら、なんと生徒対象でおばちゃんは私だけ☆★でもせっかくきたので、後ろの方に座ってみてみると、演題が、アトピーでなくて、紫外線対策でした。

あっちゃ~~わざわざきたけど・・・せっかぐきたがらきいでぐが。

そしたら、その先生は言っていましたよ、
「日本ではずっと赤ちゃんのくる病ってなかったんですよ。でもこのごろ、また出てきたんです」と。

おおっ!その理由は放射線忌避だとかいわないかな?と思ったら言わなかった。

で、ビタミンDは、紫外線なら1日10分浴びればいいだけなんですって!たったそんだけでいい。で、それ以上浴び過ぎるのは逆にビタミンD壊してしまう。
で、食べ物からもとれる・・・(浜松だから)うなぎ。いくら。しいたけ。たまご。さんま。

ひところ母乳信仰が強かったそうですがビタミンDに関してはミルクの方がいいようですね。

・・・ということで不安な方、お子さんがくる病にならないように神経を使ってほしいです。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://leika7kgb.blog114.fc2.com/tb.php/767-b1ba2a23