今回は大失敗、地図を図書館から借りないで出発してしまった。
会場のHPから、インターからの道をダウンロードしただけだったけど・。
日進市は、私が方向音痴なのが悪いが、道がわかりにくく、新興住宅地が急にあらわれたりして、難しい地形だった。ゲリラ豪雨にも襲われた。ここが花火を拒否したまちか、私まで拒否してんのかと。・・・コンビニ、消防署の人はみんなやさしかったので、先入観はいかんいかんと。

※愛知の勉強会の副会長さんからの返信
道は難しいと思います。昔、お城や合戦場があった入り組んだ地形の場所に、後から急激に新興住宅地や環状道路などなど付け加えているので。つい最近までは人口伸び率全国2位だったはず。…優しい道案内してくれる人がいたようで、よかったですε-(´∀`*)ホッ


そーがそーが、私だけが悪いんじゃねんだない。でもさ。。朝の6時半で出て、東名はらくらくで、7時半過ぎには降りたんですよ。で、あら~はやすぎっぴした って思ったら、迷う迷う・・・・。いやびっくりした。1時間かかってやっと会場に着いた・・・。(地元の人、しんじらんにべ?)
帰りは、インターまで、愛知支部長君に先導してもらって帰りましたが、「こだどごとおったべが。。。」な道でした。

講師の半谷さん、愛知支部長君、半谷さんの助手の3人が福島出身。半谷さんの好きな福島弁は「おんつぁまになる:」だって。半谷さんたまにしか福島弁になんなかった。で若い2人は、福島弁忘れた(言えない))なんだって!!

で、その若き支部長は私の高校の後輩。私のころは女子高だったので、男の後輩って意味分からん。私らいたころは、相方の男子校と、合唱部とかがジョイントしてたりしてたんだけど、共学になってからは一切なしだって。なんだよそれ、はくじょーじゃねーの!!って笑っちゃった。

「なんでなまってないの?福島のどこ?」(私も「なまってねーの」とはいわない)と聞くと、「××中のあたりで~」「ええ~じゃあ福島の中心だ、~そりゃなまってないかもね」っておだてると「確かに、僕いたころも、○○とかの友達はなまってて」おいおい、飯坂もって、その目が言ってるよ(^.^)

今の若者はすごいなー「自分がしっかりしてないと、恋とか考える気にならない」んだって~~バブルの最後を知っているのぞさんと私は「そんなの何とかなると思ってたよね~」って世代間格差を感じる。だってこの若者は私よりも私の息子に近いんだもんね。(20代)

それにしても、ずっとやりとりをしている人と会うときは緊張するが、今回も声や動画を見ている方は、イメージ通り!今回、リーフレインさんが割とおすまいが近い、ということを初めて知って、途中まで一緒に帰ってきましたが~~~感動~~~いろんなこと教わった・・・・運転中でメモできなかったのが残念===リーフレインさんファンのみなさん、ごめんなさい!!ゲリラ豪雨もなんのそのや~リーフレインさんこちら

講演で、?の部分をリーフレインさんやみなさんのやりとりで再度学習しています。私はうわっつらしか聞いてないなあと反省です。

半谷さんの講演ラスト、私が陰で泣いた部分

「福島の職員はほんとうに頑張っている。1ヶ月休め、おめえらがまず兵隊だから休め。SAVE福島、福島は勝利しなくてはならない。全国の若者たちが福島を救う、若者たちの勝利が福島の勝利となる。福島は負けてはいないのだから。避難先でみんな死んでる。870人死んでる。放射線では死んでない。敗戦処理じゃなくて、かちどきをあげるんだ。日本全国から若者が集まって救ってほしい」。
ピーチプロジェクトの意味がわかった。いろいろ批判されているけど、この人を批判する人は福島も批判すると一緒だよ。

また、半谷さんは、福島を他にわかってもらうより、福島を一つにするのがもっと難しいと言っていた。これは震災以前の土地柄の問題。だから、生まれ育った故郷だけが「よそ者」と言われない場所。だから生まれ育った故郷がなくなったら、帰る場所がないと。

双葉出身の半谷さんが中間処理場を浜通りに作らせないために、まず、100人帰って住むという。墓を作るという。墓は良い、と井戸川町長も言ったそうです。処理場について書いた私の過去のブログですが、リーフレインさんにも教わって、腑に落ちた部分がある。いずれ修正します。

それと、リーフレインさんが言っていたこと。怖がる気持ちは当たり前なのだということ、それを否定してはいけないということ。特に宮城県では、事故直後以降、福島と違って食品に対する規制が徹底していなかったこともあり、母親が危機感を持つのは生物として正しいということと。

家族のリスクマネジメント勉強会は、融和と調和を目的にしていること、そして実際にネットの外で活動することが特徴的かと思います。今度は豊橋で?という希望も出てきました。豊橋ならすぐ近!双葉から避難してきている方が、避難者の中心になっているので、そういう方にも知らせればいいかと。

そこらへんもう少し詳しく書きます(今後)
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://leika7kgb.blog114.fc2.com/tb.php/855-9f287362