本日の読売復興掲示板に載っていました。
わかったような、わかんないようなアンケート結果。
福島市「放射能に関する市民意識調査」
5月、20歳以上在住5000人、自主避難者500人のあわせて5500人のうち3022人(54・9%)回答。

※これ、自主避難者と在住者わけてもらわないと、資料として使えないんでは?・・・どなたか、ご存じの方いたら教えてください。

だから見出しが「内部被曝 不安大きく」44% と、事故直後よりも福島市民の不安はでかくなった というふうに読めてしまうんですよね。(私は一読してそう勘違いした。おかしいな、私が交流している、安心を得て暮らしている福島の人というのはほんの一部なのか?と思ってしまったんです)

全国の人は、そう思っちゃうよ。これ読売ダメだよ。いや読売なのか福島市の発表が、なのかわからないんだけど・・・。もっと出しようあるのでは・・・。

一応メモ

◆内部被曝の不安に関する意識変化
事故直後から変わらない:50.5%
大きくなった     :44.8% それ自主避難者の割合で見せてもらいたいものだ。
小さくなった     :4.8%  それしかいないわけ??あれれ?

市は「時間の経過とともに、さまざまな情報を得たことで、不安が増えたのではないか」????困るじゃん!んなわけないじゃん!時間の経過とともに、いろいろな安心材料が出てきていると思ってたのは錯覚なのだろうか

◆原発事故後から現在までに思うこと
今も思っていること
○風評被害深刻だ   :91.1% うん。これはわかる
○子供たちの将来が不安:89.1% う~ん・・・。こう漠然とかいたら、不安でないって言う方が少数派に決まっていませんか・・・。これ設問どうですかね・・・
○福島県は日本の中で孤立している:62.3% う~~^~^ん!!それはどうですか??福島に関係のない人々がこんなに知恵や行動や、いろんなことしてくださってますが。。
○できれば避難したい :33.7%  ほんとに??3人に1人が??
○自分には安心して何でも話せる人がいない 15.1% これもわかったようなわかんないような・・。それしかいないのか、それともそんなにいるのか、か。

市は「個人の不安感や孤立感より、福島が置かれた状況に対する切迫感が強い」このコメントおかしいのでは。。。、不安のほうが確率高いけれど・・・

◆洗濯物を外に干さなかったが今は干している:34.2%
これ、もともと干していた人は?
これ、60何パーセントは未だに干してないってこと??それも、ほんと??

◆以前は自宅などの放射線量を測っていたが、今はしていない人:36.2%
これも、いまも測っているのが6割ってことなのかな・わからない。

この最後の2つは、行動に変化=安心を得たので ってことになりますよね。

このアンケート、この切り口に私は、ちょっと、いかがなものか です。
この出し方じゃ、また不安の人たちが喜んでニュースにするよ・・・

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://leika7kgb.blog114.fc2.com/tb.php/862-a669c9b0