これの是非はあちこちで話題になっているので、そちらに任せて、
私としては報道姿勢のことだけ、書いておきます。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121003-00000011-mai-soci

<福島健康調査>「秘密会」で見解すり合わせ

毎日新聞 10月3日(水)2時31分配信


秘密会を終え、検討委員会の会場に向かう委員会メンバーら=福島市杉妻町で2012年9月11日午後1時55分ごろ、武本光政撮影


 東京電力福島第1原発事故を受けて福島県が実施中の県民健康管理調査について専門家が議論する検討委員会を巡り、県が委員らを事前に集め秘密裏に「準備会」を開いていたことが分かった。準備会では調査結果に対する見解をすり合わせ「がん発生と原発事故に因果関係はない」ことなどを共通認識とした上で、本会合の検討委でのやりとりを事前に打ち合わせていた。出席者には準備会の存在を外部に漏らさぬよう口止めもしていた。

【出席者に口止め】秘密会、別会場で開いて配布資料は回収し「保秘」徹底

 県は、検討委での混乱を避け県民に不安を与えないためだったとしているが、毎日新聞の取材に不適切さを認め、今後開催しない方針を示した。

 検討委は昨年5月に設置。山下俊一・福島県立医大副学長を座長に、広島大などの放射線医学の専門家や県立医大の教授、国の担当者らオブザーバーも含め、現在は計19人で構成されている。県からの委託で県立医大が実施している健康管理調査について、専門的見地から助言する。これまで計8回あり、当初を除いて公開し、議事録も開示されている。

 しかし、関係者によると、事務局を務める県保健福祉部の担当者の呼びかけで、検討委の約1週間前か当日の直前に委員が集まり非公開の準備会を開催。会場は検討委とは別で配布した資料を回収し議事録も残さず、存在自体を隠していた。

 9月11日に福島市内の公共施設で開いた第8回検討委の直前にも県庁内で準備会を開いていた。同日は健康管理調査の一環である子供の甲状腺検査で甲状腺がん患者が初めて確認されたことを受け、委員らは「原発事故とがん発生の因果関係があるとは思われない」などの見解を確認。その上で、検討委で委員が事故との関係をあえて質問し、調査を担当した県立医大がそれに答えるという「シナリオ」も話し合った。

 実際、検討委では委員の一人が因果関係を質問。県立医大教授が旧ソ連チェルノブイリ原発事故で甲状腺がんの患者が増加したのは事故から4年後以降だったことを踏まえ因果関係を否定、委員からも異論は出なかった。

 また、昨年7月の第3回検討委に伴って開かれた準備会では、県側が委員らに「他言なさらないように」と口止めもしていた。

 毎日新聞の取材に、県保健福祉部の担当者は準備会の存在を認めた上で「あらかじめ意見を聞き本会合をスムーズに進めたかった。秘密会合と言われても否定できず、反省している。(今後は)開催しない」と述べた。

 福島県の県民健康管理調査は全県民を対象に原発事故後の健康状態を調べる。30年にわたり継続する方針で、費用は国と東電が出資した基金で賄う。【日野行介、武本光政





毎日は他社に先駆けて、一般記事に署名を入れることにした新聞社です。つまりは、個人の記者の顔(という過去の場合は名前ですが)がはっきりとたちのぼることになります。必然的に社としての色は薄まる。問い合わされても「本人に聞かないと詳しいことは言えない」という、逃げを打てる口実になるわけです。それを意としたのか、結果的にそうなのかは、社の良心を信じ、後者だと思いたいです。

ただ、毎日記者がすべてダメということではもちろんありません。以前に福島支局におられた斗ケ沢さんのように、福島の立場に立った記事を書く方はたくさんいらっしゃいます。私も、福島で仕事をしていたときに、毎日の女性記者と知り合いになったことがありましたが、がつがつしない(まさに毎日ってそういうイメージ)、冷静な視点で記事を書く記者だなと思ったことがあります。朝日でもNHKでもそうだけれど、基本は、記者にもいろいろいるということなのです。

それでも、毎日がこういう記事を書くと、私は大淀病院妊婦死亡事件をどうしても思い出さずにはいられません。毎日記者が書いた「スクープ」記事が、あまりに遺族側に寄りすぎて、医療関係者を中心にかなり強い批判がなされました。http://minkara.carview.co.jp/userid/9433/blog/5014371/

ですので、今回の報道を見て、私も「あのエブリディだから」と思ってしまったのは事実です。つまりは、署名以前に、「体制・強いものを悪意を持って叩く」という傾向が強いきらいがあると、私は毎日新聞社をとらえています。(これは私の一面的見方です)
読売、朝日の二大新聞のはざまにあり、部数的にも存在価値からも、水をあけられている中、こういう記事を書きたくなる気持ちは、想像できます。

また、付け加えますと、この手の、県に泥を塗る記事は、地元紙にはなかなか書けないものです。全国紙の記者は転勤して歩きますから、別に嫌われてもいいわけです。ですので、逆の見方をすると、地元紙が書きづらい、県や地元自治体の改善点を、悪意なく、県民に利あることを目的に、鋭く書ける立場にあるとも言えるのです。

しかし、今回の記事の言葉遣いには、悪意を感じます。口止め、保秘・・・。県をただ、ただ、糾弾するのみです。毎日は、「県当局のための秘密」としてはばからないが、本当にそうなのか。報道の波紋が大きく、残念に思わざるを得ない。この報道に際し、どれだけ多くの方が県不信を募らせたか。記者としてスクープ大賞でもとったとしても、それは県民にとってはどうなのか。もう少し書きようがあったのではないのか。私は、そこが、この毎日という報道機関に、残念な思いを抱くところです。

つまりは、「県民のためのスクープ」というより、「毎日のためのスクープ」です。
毎日が糾弾した、「県民のための健康調査ではなく、県当局のための健康調査だろ」というのと、どこが違うのでしょう、同じように私には見えます。

読売に出ていたか記憶にないのですが、今回も毎日のスクープ的な記事だったのかもしれません。というのは、だいたい、他社にスクープされたときに、仕方なく翌日、小さめに扱うということを新聞社というのはやりますが、本日の日経にベタ記事で載っていました。


正式会議前に委員集め会合
福島県、健康調査めぐり

東北電力福島第一原子力発電所事故を受け、福島県が実施している「県民健康管理調査」で、県が専門家らでつくる検討委員会の正式開催前に、委員を集めて会合を開いていたことが3日、わかった。今後、県は会合の取りやめを検討する。


以上、たった10行の記事です。。毎日を読んでいなければ、なんのこっちゃです。つまりは、マスコミの書き方によって、ニュースはいかようにも脚色できるということが皆さんに伝わればと思います。

この、日野行介記者、武本光政記者という名前を覚えておきます。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://leika7kgb.blog114.fc2.com/tb.php/876-937d4d45