各原発の放射性物質の拡散予測ですが、今修正で大変ですが、
ゆささんの記事にあるように、もともとの予測図自体、

どうして、地形や道路を無視しているのか、私は疑問です。

福島第一原子力発電所の事故は、地形の影響が大きく、同心円は意味がないとあれほど言われたんですよね。だから、原発から西側には阿武隈高地があって、距離的には近いけれど川内村のように、あまりふらなかったところもあれば、あのとき北西方向に風が吹いて&114という道路があり、それで飯舘~福島市への影響が大きかったんですよね。あれ、風だけだったら、福島までこんなふうになるんですか?そして、そこから二本松、郡山と南下していったのも、地形が関係していないんですか?

福島の人たちは、この拡散予想図を見て、「おかしいな」って思われませんでしたか。

そして、SPEEDIで早く知らされていたら、浪江の方が北西方向には逃げなかったということを、反原発派はよく引き合いに出しますが、では、浪江から、114から折れて南とか北に避難する道は、どこにあるんでしょうか。

地形を考えない人がいくら予測してもダメなんじゃないでしょうか。

道路なんて関係ない、あくまで風向きだけだ、というのであれば、それへの反証を聞きたいですし・・・



私、地面に道があるように、空にも道があると思う。

このまえ、また台風が浜松を直撃しましたが、停電はこの2年間に3回もあります。でも、浜松においてもそれは珍しいんだそうです。
隣の畑のおじいちゃんが、1回目の台風で停電になったときに、「台風にも通り道があんだ。1回来ると、何回も続くんだ」と言っていましたが、まさにそうなっている!!天候に左右される農業をやっている方の言葉は重いですよ・・・だって隣のおじいちゃんちは、曇ってても洗濯物干してないときあるんだけど、そういうときって、雨降るんだ。(私は浜の天気が読めずなんぼも濡らしている・・)

そんなの迷信だといわれるのかもしれませんね・だけど、福大の渡辺先生でしたっけ?何か、大気圏のこと調べている先生いますよね。あの方が何か突きとめてくれるのではと。。。

なんか、22.5度回転、とか、そういうことってほんとに重要??って思って・・。



スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://leika7kgb.blog114.fc2.com/tb.php/900-d4c0cf39