早野先生ツイッターより転載。強く賛同します。
早野先生ありがとうございます。


(記録として)【甲状腺がん:18歳超の治療費全額負担を 福島県市長会が国に要望 http://bit.ly/QWmxsF 】私が提案し,相馬市の立谷市長がまとめて下さった要望書の全文を,以下に掲載します.

東京電力福島第一原子力発電所事故により、多くの福島県民が健康に不安を抱えている状況にある中、健康影響調査の一環として、現在、18歳以下の子どもを対象に超音波による甲状腺検査が実施されている。

また、福島県においては、本年10月より18歳以下の医療費自己負担が無料化されている。

しかしながら、これまでのチェルノブイリ原子力発電所事故等のデータから、被曝から数年〜数十年後に発生すると考えられている甲状腺がんが18歳を超えて発症した場合の対応については明確にされていない。

よって、甲状腺検査の対象者である平成23年3月11日時点で18歳以下の県民が18歳を超えて甲状腺がんを発症した場合においても、原子力発電所事故との因果関係を問うことなく、全て国が治療費を負担するするよう強く要請する。(以上)
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://leika7kgb.blog114.fc2.com/tb.php/901-bb5b8144