「健康県民調査になど協力しない」という県民の方とのやりとり。
やはりネット上で分かりあえるなど無理なのでしょうか。
(これは自分の記録のために転載しました)
データ集めに協力しません

東京電力福島第1原発事故で、福島県が全県民を対象に行っている健康管理調査の外部被ばく線量の推計が難航している。算出された線量は今後数十年にわたる県の健康対策の基礎となるが、約206万人の対象者に送付した問診票の回収率は2割強で頭打ち。事故から1年半を経て住民の関心も低下しており、県は対応に苦慮している。
調査では、昨年3月11日から7月11日までの行動を問診票に記入してもらい、4カ月間の被ばく線量を割り出す。県は住民の避難が遅れた浪江町と飯舘村、川俣町の山木屋地区で昨年6月末から先行調査に着手、秋には対象を全県に広げた。
ただ、問診票の回収ははかどっていない。今年7月末時点の回収率は22.8%(約47万人)。先行調査地域でも55.8%、福島第1原発と第2原発がある県北東部の相双地区も40.4%にとどまる。線量の低い県南や会津、南会津地区に至っては10%台半ばと低迷している。
これまでに通知を終えたのは3万6761人と回答者の7.8%にすぎない。県民全体では1.8%。56人に1人しか被ばく線量を知らない計算になる。

我が家は提出していません。
宛先が福島県立医科大学となっていたので、即廃棄しました。
何か問題が有りますでしょうか?

うちの子供は水素爆発前から都心に行っていました。
断水の予定が1ヶ月と発表された時点で弟宅にお願いしたのです。
彼女はヨウ素131を吸い込んでいません。

ヨウ素を取り込んだ子・やや取り込んだ子・取り込んでいない子

そんな酷い比較データとして使われるのが分かっているのですから、協力するつもりはサラサラ有りません。

ガラズバッジも拒否しました(あれもデータ収集です)
ガラスバッチは画面が見えず、アラームも鳴りません。
誰を守る物でもありません。

政府へ

その子の健康状態など個人差はあるでしょうが、あの時点で半径100km以内に滞在していた子供の甲状腺ガンは、因果関係どうこうではなくて治療費無料くらい腹を括ったらどうでしょうか?
無人島を買えるのですからね。
今からデータを集めて、いったいいつの時代に使うのでしょう?
まだ原発を続けるつもりでしょうか?

こんにちわ

それってずっと前にとどいたやつかしら?
私は提出したけど、全て「記憶にございません」と書きました。
どこかの政治家みたいだけど、そんな何か月の前のことなんて
本当に覚えていないもんね。
こんなので比較データなんて信用できませんよね?まったく…
2012/9/12(水) 午後 5:21[ sizuma34 ]

私と子供達は出してません。

あんなので何が分かるのでしょうか?

何分間外に出てたなんて覚えてないし・・。

旦那は1人、出してましたよ・・・
2012/9/12(水) 午後 5:28

sizuma34 さま

必要なのは誰が病気になるならないのデータではありませんよね。
誰がどう補償するのか。
命を落したらお金じゃ済みませんし。

私達はお医者様のお勉強道具じゃないのよ。
2012/9/12(水) 午後 6:12

ゆう さま

私は覚えているけど出しません。

旦那様出したの?www
大人のデータは向こうも喜ばないでしょ(ノ∇≦、)ノ彡☆ キャハハ!
2012/9/12(水) 午後 6:14

昨年から、子ども達向けに生活習慣病の検査で血液検査を学校がやりはじめました。毎年検査っておかしくないですか?うちは、持病があるので、病院で血液検査はやってるので希望しませんと回答していますが、中学校で集団で血液検査?なんかのデータ集め?って私も疑います。朝礼で貧血でバタバタ倒れてるならまだしも、子どもに聞いても、まったく誰も倒れたりしていません。
2012/9/12(水) 午後 7:44

理系の方々からは遅過ぎとも言われていた、問診票やガラスバッヂは、感情的側面から見れば、もしかすると早すぎたのかも知れないと思っていました。
先の事など何もわからないのに、実測データなんて。
今でも、二度と見たくないと思っている方々も多いでしょうね・
しかし今考えてみれば、周りから「ガン間違い無し」のレッテル攻撃が、こんなにも増えるとは思いもしませんでした。
そうである以上、心無いデマ行為に対抗する為には、地道に何も起こらない事を証明していくしかないのかも知れませんね。
そのためには、ある程度キチンとした形で、データを残すことも必要になっていくと思います。
だからきっと、これは医大のためではなく、周りの人たちの為なんでしょうね。
そういえば、10月から県内の18歳未満の子供たちは、医療費が無料になるそうですね!
これは本当に嬉しい話だと思います。
2012/9/12(水) 午後 9:31[ KUROKI-TI ]

KUROKI-TI さま

問診やホールボディカウンターは賛成です。
診て貰った結果がデータとして使われるのは納得出来ます。

しかし、ガラスバッチをぶら下げて登校する子供の中には、恐怖感との戦いになる子も居ました。
そんなに危ないのかと異常に神経質になり、給食を食べさせないで!と学校で泣き叫ぶ親。
騒ぐ親が騒がない親と対立する。
大変迷惑でした。


診察は拒まないのにデータは8割りの人間が出さない。

申し合わせたかのような結果を見て、何一つ不思議に思わないのです。

これからの為にデータを出すより、この失敗を繰り返さない事の方が大事です。
2012/9/12(水) 午後 9:53

KUROKI-TI さま

やはり情緒不安定になる母親が多いので、ホールボディカウンターの年1回をやるべきです。

結果が「心配無し」でないと、納得しないばかりか妄想が先走り危険です

考えたくは有りませんが、検出されてしまったお子さんがいらした場合に3月11日から数日間の行動を聞かれれば抵抗無く答えると思います。

ブロガーの放射能オタクも酷いですが、現実社会の方も恐ろしいものが有りました

何度知らない人が急に泣き崩れるのを見せられたか…

弱い人には明確な答えを与えないとダメみたいです
2012/9/12(水) 午後 10:07

やっぱりそうなんですよね。この件については、ボクはどうしても踏み込めない部分がありますから、コメントもすべきかどうか迷いました。
当然ながら、ボクの見ている部分も「これからどうすべきか」です。
バッヂ配布についても、先のコメントにもあったように感情的に納得いかないやり方だったのだろうと思います。
この事は、皆でしっかり覚えておくべきですね。
そして、二度とこのような混乱を起こさないようにしなければならないと思います。
2012/9/12(水) 午後 10:08[ KUROKI-TI ]

KUROKI-TI さま

弱い人間は群れて騒ぐでしょう?

ガラスバッチで一致団結。
給食再開で一致団結。
除染で一致団結。

あ~面倒臭い(笑)

やはり検査をする→医者と1対1の誰とも連めない状況で説明し納得させなければなりません。

一方的に書類を送付し「記入して送り返して下さい」では無責任です。
コレステロールの検査じゃないんだから
2012/9/12(水) 午後 10:29

ウチも出してません。データ拾う前に、双葉郡内の人たちに、避難の際に、どれだけ「県」がかかわったのか、適切な指示が出せたのか、反省が必要でしょう。きちんとした情報を元に指示出してれば、少なくとも浪江の人たちは津島には逃げなかったでしょう。
無用な被曝をさせといて、よくまあ、冷静にデータ集めできるなって思います。ラジオ福島でも、朝方、これについての番組流してますね。早く出せ・・ってことなんでしょうけど。

HBCをもう少し早くやってくれれば・・・。
2012/9/12(水) 午後 10:52[ あんど ]

あんど さま

私もそう思いました。
あの書類を作成する時間と費用が有ったなら、ホールボディカウンターの用意を先にするべきでした。
その問診の際にどこに居たかを聞くのが本当でしょう。

データではなくて、子供一人一人の健康状態を診て、何でも無かった子には安心を、数値が高い子には治療と補償を与える。
何故素人の私でさえ分かる事が分からないのですかね。

被災者の問題もそうですが、個々の人生を舐めてます。
何%要注意かなんて病気になってしまった子にとってはどうでも良い事なのです。
2012/9/12(水) 午後 11:15

福島の人だけ検査したり 問診票(コレも対応が遅かった分 今更って感じで曖昧な調査になっちゃったのよね?)記入したり…
そんなだから「福島は何か特別危険なんじゃないか」と不安にさせたのだと思っています。実際 SPEEDIの結果を見ると危険そうな地域もあって「ココは大変なのか」と考えたりする訳ですが…
だから検査も必要だし継続的に調査する事も大事だと思います。ただ 福島だけやるのではなく 全国的に全ての地域でやらないと比較する根拠が無いと思うのです。調査される身になれば「誰のせいでこうなったのよ!」と怒りを覚えるのはわかりますが 自分の事 家族の事を把握しておきたいから やはり検査のデータは大事だと思うのです。東電が責任持って又は他の電力会社も協力して 全国規模の健康診断の費用を賄うべきだと思います。今回 子供の甲状腺検査のデータを巡って「福島の子供が!」と騒いでいますが全国の子供との比較も出来ていないし悲観するデータなのか安心するデータなのか さっぱりわかりません…。
2012/9/13(木) 午前 0:18

追記
健康診断の費用まで電力料金に含めるなんてのは「やってはイケナイ」と思いまーす 役員さんのお金でどーぞ~!です
2012/9/13(木) 午前 1:01

おーたんママ さま

おーたんママさんにリコメしたつもりが、宛先が別の方にニックネームになっていました
大変申し訳有りません

しかし、それ超怪しいですね。
いわき市ではそんなの無いですよ。

怪しいことばかりしているからみんな信用しなくなるのでしょうね。
2012/9/13(木) 午前 10:33

2012/9/13(木) 午前 0:02 さま

本当ですね。
放射能で痴呆になったのでしょうか?^^;
ありがとうございます。
2012/9/13(木) 午前 10:34

bokko さま

>やはり検査のデータは大事だと思うのです

そう、検査データは必要。
しかし、3月11日から数日間どこにいましたか?何時間屋外にいましたか?なんて調査票はゴミ箱行きにしました。

要するに、ほとんど外に出ていなかった子供は補償しないとか、何時間外も外にいた子供が影響ないからあなたの子供は事故との因果関係が無いという逃げの根拠にされると思うからです。

実際に検査をして出た結果が事実でしょう。
それぞれ体質や体力によって同じ量のヨウ素131を吸っても体への影響は違いますから。

費用はどうしても国の税金になるんでしょうね。
加害者はぬくぬくと柏崎刈羽原発の再稼動を心待ちにしているようですが。
2012/9/13(木) 午前 10:41

やっぱりね~。そういえば小学校の尿検査も、毎回うちの末っ子は引っかかってたんですが、去年からまったく再検査の連絡が来ないんです。それはそれで、なぜ?っておもいましたよ。なんかデータとして持ってるのかな?でも、病院の血液検査は肝機能が少し低下してるって出てて、いつも冬場に出る蕁麻疹が夏にも出てきたので体力落ちてるのかなって思って、経過観察をしてるところです。
2012/9/13(木) 午後 4:35

おーたんママ さま

蕁麻疹はビタミン不足やストレスでもなります。
私も夏は危ないです

千葉は甲状腺については心配する程では無いと思います。
一部の無知なブロガーが騒いでいますが、ヨウ素が劇的に飛んだのは福島県双葉郡浪江町です。
関東にも多少は流れましたが、中国産の野菜の農薬より害は無いかと。
セシウムも食べなければ大丈夫。
地面に落ちていても体に入ってくる事は無いので。

避難しないで残っていた浪江町の人が『調査』ではなく『検査』して貰えるように考えて貰いたいです。
2012/9/13(木) 午後 7:24

お久しぶりです。関連記事からまいりました。今回、医大の先生の講演(また聞きですが)で知った行動記録提出の重要性についてお伝えしたいために、書き込みます。(今22%という低い回収率です)

県民甲状腺検査の結果で、全体の3分の1を占めるA2(嚢胞や結節が認められるが2年後まで検査必要なし)が、平常でもこのぐらいの割合になるのか、今の段階ではわからない状況です。ただ、この嚢胞等をカウントするラインは、山下先生ではなく別の医師の方が決めたそうで、通常の検査などは拾うはずのないものまですべて拾った結果が、この数の多さになってきていると。

ただ、それを割り引いても、多いか否かは、初期にヨウ素を吸いこんでいるかどうかということと突き合わせないとなんともいえず、そのために、1人でも多くの行動記録が意味を持ってくるということだそうです。

ホールボディーカウンターやガラスバッジなど、ほかのことも同様で、当事者の県民の方に、その意義や、数値の読み方が伝わっていないのは、県や医大のやり方が、いまひとつであり、なんとかならないかとは思います。
2012/9/30(日) 午前 8:06[ 飯坂生まれ ]

ですが、過去に類を見ない災害の中、多くの批判にさらされながら、手探りで懸命に頑張ってきた当局もまた、被災した方の集まりでもあります。同じ県民の方の健康のためにやれる限りのことをやっている関係者を何人か知っています。皆さん一様に疲れていますが、「でも」と必ず次には使命感を口にします。実家が津波で流された方や、まだお姉さんが見つかっていない方・・・。「国」や「県」「医大」という集合体でしか語られない彼らを、私は気の毒に思っています。

ただ、そういう県等に同情的な意見で「行動記録提出を」ということを私が言うのではなく、重要なのは、検査だけでは、確定診断がつきにくいというのが、今の医学の限界だということです。そこを補てんするのが、1人でも多くの方の行動記録ではないのでしょうか。

県民の方の健康、そして異状の判断をつける確度を、少しでも上げるための健康調査の提出だということを、多くの方には知ってもらいたいと思いました。回収率が上がれば、A2の意味も、明らかになってくるかもしれません。わからないかもしれませんが、まずは可能性のあることはすべてやってみるしか、今はないのでしょう。
2012/9/30(日) 午前 8:07[ 飯坂生まれ ]

飯坂生まれ さま

>行動記録提出の重要性について

ですが、正直申し上げまして私達福島県の子供を持つ親に取りましてはデータを集めたりその後のケアは重要とは言えません。
重要なのは『子供を被曝させない対処』でした。

当時いわき市長の渡辺氏は国からも東電からも事実を知らされず、独断で安定ヨウ素財を配布致しました。
それを「混乱を招く行動である」として国から罰金と処罰を言い渡されたと聞いています。
情報が無い中、市民を守ろうとした市長が罰金とはいささかおかしな話です。
のちに彼の行動は大袈裟ではなく、スピーディを公表しなかった政府への批判が高まりお咎めは無しとなった模様ですが・・・

回収率の低さはこういった政府への不信感によるものの表れだと思っています。
健康に害する状態にして、ではその後の経過を見て行きましょうと言われても何故それを防げなかったかという疑問に答えを出して貰っていません。
謝罪も有りません。
自分達の責任を棚に上げて、県民は協力しないと言われても筋違いではないでしょうか?
2012/9/30(日) 午前 10:52

飯坂生まれ さま

続き

スタッフの努力と言うのは認めます。
彼らは国から依頼されて仕事をしているだけで、何の責任も有りません。
しかし、大元が国ですのでこのような事態になってしまった事を説明して貰わなければ、私達は怒りではなく呆れたまま無視し続ける事と思います。
2012/9/30(日) 午前 10:53

先日コメントした時にも感じましたが、どうしてもこの問題には、感情的な側面に触れなくてはならないんですよね
エリンさんの仰るように、「そもそも誰の責任か」という話は重要です。
しかし、これは今、やるべき対処についての問題でもあります。
ボク自身も多くの方々に対して「責任問題も大事、でも一緒にしたら、何も改善出来ない」と言ってきました。
何というか、転んだ子を目の前にして、ぶつかった相手を非難しているようなモノではないか?という事です。
しかし、前述したように感情的な問題も大切です。
誰だってこんな状況、おもしろくありませんよ
だから、スムーズに進まないのも仕方のない事だと思います。
ボク自身は、問診票の提出に賛成なのですが、言えるのはここまでです。
焦らずに、見守るしかないと考えています。
2012/9/30(日) 午後 8:01[ KUROKI-TI ]

KUROKI-TI さま

あまり場所を特定して書くのは気が引けますが、双葉町や浪江町、飯舘村の親御さん達はどんなに心配か、どんなに憤っているか、容易に想像が付きます。

避難区域の子供が甲状腺異常や白血病になった場合、原発事故との因果関係を問わずに全て国と東電が補償すると決定されたら書類を提出しても良いくらいに思っています。

自分の子供は被曝しなかった。
それを良しとはせず、被害者故に口に出しにくい事を第三者として意思表示をして行くつもりです。
2012/9/30(日) 午後 8:14

福島県内の親御さんを代表しての怒り、不安、疑問、しかと受けとめました。昨日、福島の姉に電話で(息子と夫が県・医大関係者)「こういう意見があるから何かあったら伝えて」と言っておきました。

神奈川?の子供の甲状腺にしこりか何かが40%という「話」が、今、出回っています。ソースあやふやですが、万が一、そうだとすれば、福島の「A2 36%」は異状でもなんでもないということになります。真贋見守っています。行動記録が集まらず比較できない以上、他県の子供の調査を、その医大で判定した先生が行うという方法はあると思います。
2012/10/1(月) 午後 1:13[ 飯坂生まれ ]

飯坂生まれ さま

調査をした上で、異常が認められた子供に対し補償されると言うのならばきっと皆さん協力すると思うのです。
目的も分からず書類のみ送られてきたので、県民は冷めた反応だったのではないでしょうか?

ほとんどの子供を持つ親は避難をしているようですが、それも自主避難でした。
政府からも東電からも『ただちに健康被害が出るものではない』と言われていた中での水素爆発。
あちこちの道路が地震で痛み、ことに沿岸部は津波による瓦礫だらけの道路を走って逃げました(高速道路は緊急車両以外通行止め)
そんなパニックにも近いあの当時を詳しい説明も無しに思い出して書きなさいと言われる事はこちら側には「何故そんなことをしなければならない?」となる訳です。
また、お金やガソリンが無くてどこにも行けず、子供にヨウ素131を吸わせてしまった親御さんは今でも自分を責め続けています。

過失の無い人々を救えない。
不安を解消出来ない。
償わない。

調査自体がいけないのではなくて、順序が間違っていると思います。
2012/10/1(月) 午後 1:42

erinさんの意見は、なかなか、福島の外にいては聞こえてこない意見ですので、注目しています。怒りの感情を外の人間が聴くのは大事なことだと思っています。それを受けとめてどうすればいいのかなと考えます。

同じような疑念を、東大の宗教学宗教史の教授が書いていました。http://medg.jp/mt/2012/09/vol6021.html#more
私は、疫学的意味はもちろんだけれど、その方の一生を見ていく上で大事な調査だと思っています。今回は、チェルノブイリのような急性障害ではなく、たとえば60でがんになるところ、50になるかも、というようなことを生涯にわたってみていく意味もあるからです。

ただ、晩発障害は生き方によって防げるので、急性障害よりもずっとなんとかしようがあるものです。
そこらへんをもう少しわかりやすく、記事にして、いずれトラバさせていただこうと思っています。
2012/10/4(木) 午後 1:48[ 飯坂生まれ ]

飯坂生まれ さま

私は乳癌を経験しています。
なので、癌が恐ろしい病だとは思っていません。
切れば治る悪性の出来物ですね。

しかしそれは経験者だから言える事で、癌と聞いただけで寿命が縮まりそうになるのが通常でしょう。

更に私はこの程度の線量で癌など爆発的に増えるものでは無いと思っています。
立ち上がれない程のハードワークと仕事のプレッシャー、睡眠不足と栄養不足とストレスでやっと発症しましたからね。
しかしこれもまた経験者だから言える事。
福島県のお母さん方は、いつ我が子が…と日々考えているに違い有りません。

調査、検査より安心を与えてあげて欲しいです。
病気になっても国や県が一生見放さないとなれば、無駄なストレスが無くなり病気にもならないと思うのです。
2012/10/4(木) 午後 2:03

大変なご経験をされたのですね、告知されたときはどんなにか驚かれたことでしょう。今後も定期的にみていかれることでしょうが、現在はプレッシャーやストレス等はいかがでしょうか。

「病気になっても国や県が一生見放さない」この確信がない、そうかもしれません。私の友人でいわき出身の福島市の友達がいますが、直後からあまり不安を感じていません。「夫が言うから夫の実家の川崎に避難したけれど、私は避難なんかしたくなかった」とすぐ戻ってきました。同じ県民でも、ここまで感じ方に違いがあるのも、また一面です。

乳がんと甲状腺がんは、ある側面から見ると似ているとも言えると言うことです。トラバしようと思っているのはそういう内容で、ちょっと難しく、まだまとめきてれいませんが・・。

この世の中で、なかなか難しいこととは思いますが、erinさんにもみなさんにも心穏やかな日々をすごしてほしいです
2012/10/5(金) 午後 8:31[ 飯坂生まれ ]

飯坂生まれ さま

こう言う言い方は語弊があるかもしれませんが、無知な方程怖がるものです。
放射能=癌の図式を作ってしまいますし、チェルノブイリのように原子炉ごと吹き飛んだのと今回の事故との違いも分かりません。

しかしそういった人達を国は馬鹿にしてはならないのです。
原発事故さえ無ければ穏やかに一生暮らして行けたものを、何の落ち度も無いのに巻き込まれたのですからね。

何が正しいか判断つきかねている中で、密談や隠蔽などと言う言葉が出たら益々聞く耳を持たないでしょう。

被害者目線で考えて貰いたいです。
専門用語や下手な会合では不安な思いを払拭出来ないと思うんですよ。
2012/10/5(金) 午後 8:56

飯坂生まれ さま

私の健康に対しましての労い、ありがとうございます。
でも私はまた癌になっても切るだけです(笑)
他にも足りない部位(胆嚢やら盲腸やら靱帯やら)がごさいますが、何の問題も有りません。

返って度重なる外科手術の経験が、これでも人間は死なない例のようになり説明するのに一役かっております。


今まで健康で、これほどまでに衝撃的な事件を経験していない方々のお役に立てれば良いと前向きに考えております。
2012/10/5(金) 午後 9:07

おはようございます。リレーフォーライフという、がんを経験され、乗り越えて生活されている方の集いが(医大主催だったはずですが)あるのはご存じでしょうか。私の友人のyさんという方が福島の事務局をされており、今年の部も終わったはずです。
参考までに・・・http://blogs.yahoo.co.jp/y58122001/53227911.html
2012/10/9(火) 午前 9:15[ 飯坂生まれ ]

「ばかにしてはならない」そのとおりですね。やりとりをさせていただき、おぼろげながらわかったものがあります。ありがとうございます。
2012/10/9(火) 午前 9:27[ 飯坂生まれ ]

飯坂生まれ さま

リコメがかなり遅れまして申し訳ありませんm(_ _)m

私の文章はかなり強烈かつ挑戦的ですので、時に(常連さんではない場合)誤解を受けます。
それは自覚しております。

限られたスペースで趣旨を伝えるブログは難しいです。
会話であればその都度質問し合いながら進みますが、一方的な発信と解釈の間違った捉え方が溝生むのは仕方ないのでしょうね。

何にせよ、怖くても疑問が有っても言葉や文章に出来ずただ怯えている人間の方が多い訳で、そうした気持ちを私なりに綴って行くつもりです。
理解されようとすれば言葉を選ぶようになりますので、ストレートに思った通りに行きます。

ブログなど全く興味が無かった私は、それをする為に震災後に見よう見まねで始めました。
たまにグルメ記事なども書きますが、それさえも『汚染地帯』との誤解をうけた福島県の日常を発信するためのものです。
常に放射能の事を考えて生きているのでは無いと、受け取り側が気付いてくれたら良いと思います。
2012/10/12(金) 午後 1:47

erinさんの言葉はとても強く、反対意見を容赦なく切っていく印象があります。私も、自分のブログではそうかもしれません。

ただ、賛同意見ばかりのブログは、進歩がありません。異なる意見を交わすことが、ブログの醍醐味であり、それは信頼しあえる人としかできないこととも思っています。
私は、erinさんとならそれができるのではと思い書き込みました。

福島にいた私の友達は、夫のいわき転勤についてきて、「福島に帰りたい」となじめなかったようです。
だけれど、私の夫は1年だけいわきに住んでいて、いわき大好きです。私は独身時代の1年間、49号ぶっとばして福島からよく通いました。いわきのあちこちに思い出の場所が点在しています。
ですので、感じ方は、受ける人それぞれなのでしょう。浜通りの文化も、強い口調も、です。

トラックバックを承認していただけず、残念です。文字のやり取りですので、私も何か解釈を誤っていることと思います。
意見は違いますが、重なる部分もあるという考えに立ち、今後もお付き合いくださればと存じます。
2012/10/12(金) 午後 7:58[ 飯坂生まれ ]

飯坂生まれ さま

トラックバック?
すいません、全く気付いていませんでした
明日調べてみます。


それから私は浜通りの強い口調ではなく、もっと酷いです。
なにしろ横浜市出身ですから。

国籍も様々、隣の席には青い目をした男の子。
親友は韓国人でしたよ。
人として間違っていなければ何でもOKの自由な街でした。
東北人はおとなしいと言われているのが頷けます。
ここは地域の仲間意識が強く、よそ者との関わりをあまり好みません。
だからこそ突然訳のわからない人間達に攻撃されても免疫が無いのでしょう。
しかしそのようにご近所と結束して生きてきた彼らをバラバラにしたのは原発事故であります。

のどかな田舎暮らしを続けて行きたかったでしょうし、そうあるべきだったと思います。
2012/10/12(金) 午後 9:05

おはようございます。承認ありがとうございました。

横浜、いいところですね。私の母は(文化が横浜とは違うと思いますが)横須賀で生まれました。東北とは当然のことながら違いますね。行くたびに垢ぬけてるよな~いいな~って思っていました。母は、引っ越して相馬に来た時は、かなりいじめられたそうです。「言葉が違う」から「生意気」とね。

私も今、漁師町の近くに住んでいますので、ここら辺の人たちは言葉は荒く、裏表なし。いわきを思い出します。そして外国人比率が高く子供の友達がよく遊びに来ます・ブラジルの子が多いかな。そういう意味では、自分は、東北の血は流れているけれど、erinさんのおっしゃる「自由」の意味は、よくわかります。

村落共同体が力を失いよかったと、丸谷才一氏は言っていましたが、特に東北においては、逆だと思っています。

仮の町構想が進みません。受け入れる側としては、どういう受けとめ方なのか、教えてください。いわき市長の困惑もなるほどと思います。
2012/10/17(水) 午前 8:18[ 飯坂生まれ ]

飯坂生まれ さま

村落共同体が力を失いよかったとは随分乱暴ですね。
私も飯坂生まれさんのお母様のように部落体質にはあまり馴染めませんが、ずっとそうやって生きてきた人達からそれを奪う権利など有りませんのに・・・

仮の町構想ですか。
やはりここにもよそ者を受け入れたくない体質は出ていますね。
市長は彼らの為の学校や病院などの公共施設を国が用意すれば良いと思っているようですが、一般人の中には多くの人間を受け入れる事にいい顔をしない者もおります。
現在東北の沿岸部の中で群を抜いて復興が早いこの市には、中通りや茨城の業者が沢山来ています。
中にはマナーの悪い荒くれ男もおります。
私のお店のテナントでも、先月入った知らない建設会社が、生ゴミを収集日以外に出すため、みんなブーイングです(東北人は陰でしか言えない)
今日社員を見つけたら、私が面と向かって注意しようかと思っております。
2012/10/17(水) 午前 10:50

続 飯坂生まれ さま

ゴミの出し方ならまだマシです。
原発の作業員の中には関西方面からやって来て、婦女暴行を犯した者もおります。

それと双葉郡の住民とは全然違う話なのですが『よそ者拒否』の空気が否めません。
静かだった町がだいぶ変わってしまいましたからね。
また、ワーキングプア(年収200万以下)のようないわき市民などは、補償金が出ている双葉郡の人間を妬ましく思い、遊んでお金を貰っているなど心無い言葉を言いますね。
その度に「あなたの貧困は震災前からの事。家を失って貰うお金など、彼らにとっては喜ばしい事では無い筈だ」と毒を吐いて私は嫌われています(笑)

忙しい人や中流~富裕層は理解していると思います。
しかし、ネット同様に大騒ぎをすればその声が拡散されますし、常識的な発言より誹謗中傷の方が面白おかしく取り上げられる傾向にあると思います。
2012/10/17(水) 午前 10:54

おばんです。この記事長くしておりすみません。ろいろなことを学んでいます。ありがとうございます。

死後、丸谷氏があれほど絶賛されているので、村落共同体の解釈も何か意味があるのかもしれないと思います。彼の本でも読んでみます。

「静かだった町が」、なるほどそういうことなのですね。仙台の震災復興とも似ているのでしょうか。
補償金と双葉郡についてのいろいろな話は、確かにいろいろなところで言われています。ただ、それを「心ないこと」とたしなめる言葉は聞きませんね。erinさんだからできることだと思います。

よそ者意識については、福島県はやはり強いのでしょうか。「磐高磐女にあらずんば人にあらず」と昔は言われたものでしたが・。。。会津地方の「会津3泣き」は、内陸地なので分かる気がしますが、浜でも「閉鎖性」というのは、「福島県」とか「東北」だからなのでしょうかね。
私の福島の友人が、「私は福島を好きで住んでいるけれど、やっぱりここで生まれたんじゃない、という暗黙の何かを感じる」と言っていました。でも、よそ者だからできることって、きっとあるんじゃないかと思います。
2012/10/20(土) 午後 7:57[ 飯坂生まれ ]

飯坂生まれ さま

はい。完璧によそ者目線です。
私は福島を悪く言われても憤りは有りません。
感情的にならない分、客観的に見ていますね。
福島全域汚染の声などは認めません。
しかし検査していない家庭菜園の野菜を子供達に与えて良いとは思っていません。
福島県の食べ物は!と言われて傷付く県民とはやはり温度差は有ると思います。
だからこそ冷静になれるのかもしれませんね。


今日は細野氏がいわき入りしましたよ。
市長が出した条件はやはり『病院』でした。
市民もつまらないよそ者排除精神を改めてくれたら良いのですがね。
少なくとも私の親しい人間にはそのような類は居ないのですが…

磐校・磐女…
ウケました(笑)
うちの母親が正にその体質です(いわき人です)
2012/10/20(土) 午後 9:28

わかりました。このコメントで、この記事に対する私の疑問がやっと解けました。「福島を悪く言われても憤りはない」、ここが私とerinさんの違いですね。
私は、感情的だとか、福島を好き過ぎて他が見えなくなっているのではないかと、これまでに何人もの方から、批判されています。

しかし、erinさんがよそ者目線であることに、ある意味、プライドを持って生きておられるように、私にも、これしかできないのです。そういう感情は捨てろと言うのは、私に「死ね」と言うのと同じことなのです。
さらに、私は今回の事故はできるだけ科学的にとらえようとしています。数々のデータが上がってきています。したがって、陰謀説は余り信用していません。それを楽観的、性善説という方もありますが。

ですので、医大や県を批判するerinさんの言質は、読んでいて悲しくなりました。これを読んだ人の、上への不信感がまた強まると。それは、福島に住む方の遠く将来への健康にとっては、いいことなのかどうかと。それを伝えたい一心で書き込みました。
本日は、医大の見解をまた記事にしましたので、トラバいたします。
2012/10/21(日) 午後 10:29[ 飯坂生まれ ]

erinさんが客観的な見方で、福島に住まう方々の代わりになり発信されたり、おかしいことを指摘されることに、敬意を表します。立場の違う私と、冷静にやりとりして下さったことにも感謝しています。ありがとうございました。
2012/10/21(日) 午後 10:30[ 飯坂生まれ ]

飯坂生まれ さま

実は(ここに書いて良いのかな?)ブログ友達のクロキチ氏より、今は福島におらず故郷福島を思う我々は『よそ者』でしょうか?という質問をされた事が有りますwww
しかし、逆なんですね。よそ者は私の方です。
私には【福島県】の未来などはちょっと置いて、事故当時被曝させられた人達、つまり何県民とか国籍がどこかは関係なく『被害者補償』を優先に頭が働いてしまいます。
説明無しの調査に憤りを感じるのはそこです。
調査の目的や、仮に病気になった場合はどこまで補償するのか、国や東電の対する県の対応方針が知らせれておりませんから。
ポンと封書が送られて来て、やれ福島県の将来と言われても今生きている人の近い将来は???となったのでした。

自分は大丈夫なのか?と思う人達。
子供は大丈夫なのか?と心配する親御さん達。
たまたま出張に来ていて被曝していた人はどうするの?
色々疑問です。
2012/10/23(火) 午前 11:08

飯坂生まれ さま 続き

よく知事が県民流出に歯止めをかけたいと言っております。
数なのか?とこれも呆れています。
県民が減少すれば県税が入りません。企業も出て行けばもっと税収は減ります。
しかし、今危機感を感じるのはそこではないでしょう?

一番大事なのは命であり、なるべくストレスを取り除いてあげる事だと思います。
一人一人の生活を壊し、不安を与えたあの原発事故。
もっと今生きている人の身になる県政をと望まずにはいられません。
2012/10/23(火) 午前 11:12

返信をありがとうございます。

クロキチさんより私は遠く離れているので、より引け目を感じていると、思います。「被害を受けていないから言えないことがあるな」ということですね。

その上で、あえて福島から遠く離れている地ではどういうふうに福島を見ているかということを踏まえ、書きますが・・・

東京電力がいずれ国有化するとなれば、今の消費税値上げなどすべて補償に関わってくるのではないかという人もいると思います。現に、18歳以下医療費無料は県独自とはいえ、トンネルで国からのお金が回ってくるのは自明です。

でも、被害を受けているのだからということで、良識ある方は何も言わないのだろうと思います。人は必要とされること、何かのためになることで生きがいともつとしたら、補償というのは、ただ積めばよいというものではないのでしょう。
2012/10/23(火) 午後 8:12[ 飯坂生まれ ]

私が一番心配なのは、補償金は働く意欲をそがないのかということです。私の福島の、人材派遣の仕事をしている人の奥さんが言っていました。浜通りの方からの求職に関し、手ごたえがないと。
1人あたりいくらもらえるのか、詳しいことはどこかに書いたままですぐ見つけられないんですが、「前倒一時金として千万単位のお金が振り込まれてる」ということも聞きました。

何かあった時に、・・ということについては、同感です。確かに方針を示してほしいですね。
2012/10/23(火) 午後 8:12[ 飯坂生まれ ]

飯坂生まれ さま

私が言う『補償金』は、県民にバラまくものではなく、当時18歳未満に悪性新生物が見付かった場合です。
予想される数よりずっと少ないとは思いますが、癌は個人の免疫力に左右されますから、体の弱いお子さんに出ないとは言い切れません。
また、行政が守ってくれると確実に分かれば不要なストレスが排除出来ます。

私達いわき市の健康な子供に医療費無料など不要だと思います。
もっと必要な所に使って貰いたいです。

福島県の子供の医療費無料化が決定した時、子育てがし易い福島県をアピールしたいと知事が言いました。
つまり、これ以上福島県民を減らしたくないのだなと感じました。

福島県の未来など興味が無いと言う記事を本日書いています。
批判されるのを承知しております。

私は福島県と言う括りより、命を重んじたいのです。




あなたは福島県の野菜が食べられますか?という質問

あなたは福島県の野菜が食べられますか?という質問を九州のブロガーさんにされた事がある。

この方はいわゆる【放射脳】ではなくて、間違った情報により恐怖にかられる初老の男性。

何故いつまでも福島県に居るんですか?とも聞かれた。

いわき市も住めないと思っていたようです。




さて、この質問を読んで、大抵の福島県民は良い気分がしないだろう。

そこが駄目!全然駄目!

何で普通の方がそう思ってしまったかを考えないといつまでたっても解決にはならない。







前にも書いたが、福島県は今では日本一食品検査体制が整っている。

産地偽造を疑ったりノーチェックの食品をドキドキしながら食べる心配は無い。

検査合格品を手にとれば間違いは無いと私は思うし、県外でもそう理解してくれ人は大勢居る。




しかし、このブロガーさんの福島に対する最悪のイメージを作り上げた事故直後はどうであったか?思い出してみた。

ミスター・プルサーマル佐藤知事がメディアに出て「福島県産は安全です」と検査しているのかどうかはっきりしない食品を豪快に食べてみせる。

周りにいるエキストラはニコニコ微笑む。

こいつら正気か?って思われても仕方ない映像です。この私でさえ何だこれはと思ったのですから、遠くに住む方々には異様な光景ではなかっただろうか?




東北人は我慢強い。そして攻撃されても耐える。純朴で優しく傷付きやすい。

これは、ここにいるから分かる事であって、言われても言い返せない、加害者側の知事に何も言えない人々と写っていたのではないかと思う。







一度失った信用を取り戻すのはとても大変です。

しかし、今やっている米の全量検査にツアーを組んで見に来て頂いたり、今の厳しい検査体制をアピールする努力を行政任せでは無くて一般人もしていく必要性が有ると思います。


一年前の福島県産は確かに怪しかった。認めて良いと思う。

今、市場に出ている福島県産に関しては、何の心配も有りません。

これが事実。










福島を悪く言わないで。




これでは何も理解して貰えないんですよ。

私の強烈な言葉での発信にも良し悪しは有りますが、「そうか、今はそんなに検査が厳しくて安全なんだ」と分かってくれた県外の方が沢山いらっしゃいます。




一部の放射脳と呼ばれる人の不幸は蜜の味のような下劣な連中は別として、当たり前の人間が抱く疑問や批判は、言う方が100%悪いのではなくてきちんと向き合わない側にも非はあると思う。

言うだけ言わせて彼らを悪人にしても、一体何が変わりますか?

福島批判は受け入れない、たとえプルサーマル計画を誘致した張本人の知事でも「頑張ろう福島」と言えば受け入れてしまう。

それって、大した被災をしていないから出来るんだと思う。

先祖代々の田畑、牛、豚、原発事故で失った人の気持ち、分かりますか?

もう戻らない、先祖に申し訳無いってまだ苦しんでいるのです。そうやって人生を終えていくお年寄りも居るんです。




彼らに向かって「頑張ろう福島県!」なんて、私は死んでも言えません。



あなたが間違っています。

_________<当方、今月の14日、小出裕章助教の講演を拝聴。
_________<そこで彼は、被災地の一次産業は完璧に潰れました_と。

_________<管理性区域は、政府に放り出され、自己判断で避難せよ_と。
_________<その為、放射性濃度の高い管理性区域で一次産業は続行!_と。

当方も、福島産の食物は、敢えて避けています。


2012/10/24(水) 午前 11:36
.



小出助教曰く
誰が「食べられない」と断られることを承知で「作物をつくれますか」と。

そこで、小出助教は考えました_と。
放射性濃度が高いもので【食べられるギリギリ】のところから
細胞分裂がほとんどなくなった【高年齢層】が【原発を許して来た責任】
として食べる。

その上の高濃度のものは
▼【原発推進派の国会議員が国会議員食堂で毎日食べる】、

▼その上の、さらに高濃度で食べられないものは【東電で買い取る】。

そぅした構造をつくらなければ【福島の切られた県民の生きる道は無い】と。


2012/10/24(水) 午前 11:39
.



この【危険基準数値】を【段階的】に
【食物と土壌から割り出す、徹底して調べて公表する】、と
【小出裕章】助教は講演されました。

そして
これが、原発を止められなかったわたくしの責任です、
と、仰せになられました。

当方【諦めない】とはかよぅなこと、と、ご高教を賜りました。

つまり平易に申せば
▼【毒の中でも、最低限の毒】を【0歳児】に与えて【生き延びてもらおう】と
いうことです!

当方も、胸が熱くなりました。


2012/10/24(水) 午前 11:44
.



紫音 さま

では、三重の漁船が宮城県沖で遭難した事故を思いして下さい。
彼らは事故を起こさずに宮城県沖から福島県沖で漁をして三重の漁港に戻ったら、その魚は三重産になります。
貴方様は全て港で検査した魚より、三重県産をお選びになるのでしょうか?

ここは食べ物は全て検査する。
基準値以上のものは廃棄と徹底されています。

農家の土は入れ替えて作られ、県の検査に回し、一部の大手スーパーでは更に自主検査をしています。
どこでどうやって作られた(獲られた)か分からない食品の方が恐ろしいです。
関西で売っているキノコも怪しいものが多いです。
地元の人は自粛して山のキノコは採らないのに、他県ナンバーが山に続々入ってごっそり持って行きますよ。
私達はそういった事をこの目で見ているから、堂々と発信しています。

ご参考までに・・・

2012/10/24(水) 午前 11:45
.



先祖代々の田畑、牛、豚、原発事故で失った方々の苦衷気を
お察しするには余りあるものがございます。
到底、言葉では表現しきれません。

当方も「頑張ろう福島県!」等と、死んでも申せません。

しかし、その現実をそのまま情動で判断することは
さらに危険なことです。

▼気流による「放射性大気」と
▼【超党派がれき拡散推進】により、全国的に放射能汚染されました。

▼【国内に安全な食はなくなりました】とも、小出助教は語られました。

しかし

2012/10/24(水) 午前 11:47
.



紫音 さま

>【超党派がれき拡散推進】により、全国的に放射能汚染されました。


福島県の瓦礫は県外に出ておりません。
小高町はその瓦礫の処理が出来ず、山積みのままです。
ネット情報より、見に行かれて確かめられたら宜しいかと存じます。
私も行ってはおりませんが、主人が仕事で行った際に写真を撮って参りましたので。

2012/10/24(水) 午前 11:50
.



1996年、
原発現場監督平井憲夫氏のリポートには
日本海側の行商の「加齢者」が
日本一早く原発認識をもっていた__と。

また中学生が【わたしたちは将来子供を産めるんですか!】と
泣きじゃくり訴えていた__と。

これが現実!
日本近海も、原発建設と同時に
▼稼動後【毎日、1分間に10tの海水で、洗い流し冷ます】ため
▼安全な【魚介類はなくなった!】、

_______________________________

▼そのために【行商人の昆布は売れなくなった】←1996年既に日本の現実!
_______________________________

2012/10/24(水) 午前 11:53
.



紫音 さま

>当方も「頑張ろう福島県!」等と、死んでも申せません。

恐らく、私と貴女様とでは言葉の意味が違っていると思いますよ。
私は福島県政に異議を唱えるだけであって、農家の方々や一般の被害者の力になる方法を模索している訳ですから。

2012/10/24(水) 午前 11:56
.



紫音 さま

>また中学生が【わたしたちは将来子供を産めるんですか!】と
泣きじゃくり訴えていた__と。

そういった疑問にきちんと向き合わない大人が駄目なんだと申しております。
しかし、子供を産めなくなるとは思っておりません。

私はガンになりますか?
歯槽膿漏も放射脳のせいですか?

言うのは自由。
それに対し、不安を払拭できるような説明をする人間がいないのが問題なのです。
今目の前に有る問題を見ないようにして、未来を語る県がおかしいと思うだけであり、ネット情報などを本気にしているのもどうかと思います、

2012/10/24(水) 午後 0:01
.



当方は、確かに、福島を確認しておりません。
しかし、宮城の被災地には身内がおります。

ご主人が仕事で行った際に
撮影されたお写真が存在するのであれば、先ずそれを拝見いたしとぅございます。
それは「何処の地域」なのか?
全体のどれほどの割合なのか?
それが全体なのか?

当方「俄に信じ難い」思いです。

なぜなら↓
2011年5月

2012/10/24(水) 午後 0:01
.



_ 2011年4月、政府(環境省)_
◆京都市で放射性がれき焼却

事故前であれば放射性廃棄物として厳重に管理・処分されていたモノが
一般廃棄物として扱われるということです。

報道によると、政府は放射性廃棄物の基準を原発事故前の438倍に引き上げ。

と、京都在住のブロガーがきちんと体験と危惧を報告しています。

京都市は年間5万トンの生ごみ・がれきを受け入れ可能と回答!

2012/10/24(水) 午後 0:03
.



紫音 さま

まずこちらをどうぞ・・・
http://www.nhk.or.jp/ohayou/marugoto/2012/09/0912.html

いわき市の瓦礫は線量が低いため、市内の処理場で着々と処理されています。

警戒区域のものは、たとえ石ころ一個でも区域外に持ち出せません。
検問所でスクリーニングをして、汚染されたものはそこに置いて行くよう命じられるからです。
当然瓦礫などは出せません。
思い出の品でさえ、許可が下りませんからね。

2012/10/24(水) 午後 0:08
.



2004年には
5000億円が報道機関にばらまかれ【マスコミ全体が痴呆状態】になった事実を
あなたはご存じないのですね。

当方、福島を実際にに調査しておりませんが
【被災地仙台に、もっとも近い親戚】がおり
【福島県人の友人を複数もつ、当方と夫】は
あなたのご意見とまったく違った現実を語ります。

あなたがお持ちの、そのお写真を公開なされませ!

実際にボランティアで出かけている人々の生の声を聞けるでしょう。


2012/10/24(水) 午後 0:10
.



紫音 さま

>京都在住のブロガーがきちんと体験と危惧を報告しています。

大変申し訳有りませんが、ここに住み、被災した方々と接し、自分の耳と目で確かめた我々に、京都のブロガーとは話になりません。

批判する事、疑問に思うことは大切な事です。
私はそれ自体は認めます。
しかし、批判をするならば現地に立ち、歩いて情報を拾うべきと思います。

2012/10/24(水) 午後 0:12
.



>未来を語る県がおかしいと思うだけであり、
>ネット情報などを本気にしているのもどうかと思います、

これであなたの正体を承知いたします。

▼ネットを判断できるのは
▼能動的に事実を知ろうとする者のみ。


ネットを信用できないと申されつつ
http://www.nhk.or.jp/ohayou/marugoto/2012/09/0912.html
をご紹介されるのですか?

あなた、原発マネーをお貰いなのかしらん!?

2012/10/24(水) 午後 0:14
.



紫音 さま

>【被災地仙台に、もっとも近い親戚】

私は被災地にいる【本人】ですよ。

2012/10/24(水) 午後 0:14
.



erin姉さん、お久しぶりです(^o^)/
難しい質問ですよね(>_<)

例えばもし、スーパーの野菜コーナーに、同じ野菜が、北海道産と福島産が隣に並んでたら、どうしても北海道産に手が出るんじゃないかなぁと…ヾ(・◇・)ノ

姉さんに、いつも私の記事の何読んでんの!と言われそうですが、何となく現実はそうかなぁと…ρ(・・、)
いや、僕はあまり気にする方ではないんですよ(^^;)))
でも一般的には、そうなのかなぁと思っちゃいます(-.-)

どころが、僕は農学部でしたが、実は、野菜の農薬も、体に悪いと思います(>_<)
出荷前、どのくらいの期間かは、農薬しちゃいけないとの決まりになるぐらいですから、体にいいはずはない…( ̄皿 ̄;;

結局僕らは、虫も食べないキレイな野菜を、美味しいと言って食べてるんですね~(^^;)))
水道水も、そのまま入れると、金魚が死んでしまったりもしますが、余裕で僕らは飲んでますし…ヽ(*´▽)ノ♪
その九州の方も、あんまりシビアになりすぎると、何もかも出来ないのでした~(  ̄▽ ̄)

2012/10/24(水) 午後 0:24[ 久留米のまんちゃん ]
.



紫音 さま

私が貼り付けたのは私がテレビで見たNHKの番組の内容です。
私が全く信用しないネット情報というのは素人ブロガーが何も見たわけではないのに語る被災地の事です。

原発マネーを貰えるほど偉くはありません。
そんなものを貰っている一般人がいるとも思えませんが。

2012/10/24(水) 午後 0:29
.



久留米のまんちゃん さま

本当に北海道産なら、福島県産よりウケが良いのは分かります。
北海道の友達が送ってくれた野菜とか。
でも小さな小売店が産地偽造をした事実が過去に有ったので、やはりこれも一度信用を失うと・・・ってやつです。
大きなスーパーでそんな事をしたら、パート社員が告発するでしょう。
産地を問わず、検査済みを探すのが一番安全かな?と思います。

農薬は私も気にします。
特に害虫に対して厳しい我が国は農薬べったりの輸入野菜・果物が多いですね。
レモン、バナナ、オレンジ、危険過ぎます。

2012/10/24(水) 午後 0:33
.



実際のところ、九州のスーパーに、東北産の野菜が売ってないんです…(゜◇゜)ゞ

輸送費など考えたら、近場で用意出来るなら、そちらがいいですもんね…ρ(・・、)

僕らは、敢えて東北産の野菜を買わないのでなく、売ってないから手に入れられない…というのも事実なんです…(゜◇゜)ゞ

確かに僕は、スーパーに買い物しに行く機会はあまりないのですが…ρ(・・、)

もし売ってたら、僕は別に買っていいと思いますよ…ヽ(*´▽)ノ♪

どこで売ってたって、何かしらありますよ…(  ̄▽ ̄)

2012/10/24(水) 午後 0:35[ 久留米のまんちゃん ]
.



何回もコメント失礼します。上の「どこで売っても何かしらありますよ」というのは、「どこのを売ってても」の間違いです……!Σ(×_×;)!

産地ごまかしはいけません(>_<)

はっきり書いてくれた方が、こちらも買いやすい( *・ω・)ノ

一番厳しいテストに合格してるのは事実なんです(^o^)v

2012/10/24(水) 午後 0:42[ 久留米のまんちゃん ]
.



久留米のまんちゃん さま

そうですよね、生鮮食料品は地産地消ですよね。
あ、狂牛病が流行った時、私は検査済みの宮崎牛を食べてましたよ。
だって検査済み、合格って書いてあったもの。

宮崎牛なのに、仙台牛と書かれているかもしれない肉より、検査してOKの方が信用できます。
福島だから駄目って思わせたのは、やはり最初が悪かったと思います。
今はしっかりしている検査体制も、認知度が低くて未だに信用して貰えなくなってしまたのが非常に残念です。

2012/10/24(水) 午後 0:49
.



ここで、もうひとつ失礼します。

実は僕は、三菱自動車の営業マンなんですが、もう10年くらい前になりますが、三菱自動車のリコール問題がありました…(-.-)

はっきり売れ行きはガタ落ちしまして、夏の暑い時期に、ポロシャツで、来店されたお客様のお車を洗車してた時もありました…ρ(・・、)

そんな中、やっぱり買ってくれるお客様はいらっしゃいました(^^)v

それに、こういう時だからこそ、三菱が一番安全!!!と言ってくれました(*^^*)

erin姉さんの記事を読んで、その頃のことを思い出しましたよo(*⌒―⌒*)o

色んな方がいらっしゃいますのでね(*^^*)

食べ物だからこそ、神経質になるのでしょう…(  ̄▽ ̄)

どの方のお気持ちも、間違いではないのかもしれませんね…ρ(・・、)

まぁ、決めつけたり、人気がないからと嘘の産地で売るなんてのは、もちろんあってはならないことです…Σ( ̄皿 ̄;;

堂々と売って欲しいと思います…(^^)

第三者の立場で、図々しくコメントして、失礼しました(-.-)

2012/10/24(水) 午後 0:58[ 久留米のまんちゃん ]
.



久留米のまんちゃん さま

いえいえ、有難うございます。
第三者の意見が一番参考になります。

福島が好きで好きで仕方ないと、周りの批判を全て悪としてしまいます。
逆に、福島は終わったなどと一度思い込むとその考え方の都合の良い情報を集めて県民攻撃に走ります。

私もどちらかと言えばここの生まれではないので第三者です。
いけない事はいけない、安全なものは安全と冷静に思うのもそのせいでしょう。

三菱のリコール、覚えていますよ。
私の知り合いはこれから三菱だ!って株式を買って儲けてましたwww
食中毒を出した店は営業再開した時に行くとガッチガチに衛生面に気を付けているし、お店に喜ばれるって上司から教わった事も有ります。

産地偽造するのは小売店の姑息な売り方です。
生産者は自分の子供に食べさせられない物を世の中に出しません。
彼らにはもの造りのプライドがありますからね^^

2012/10/24(水) 午後 1:07
.



こんにちわ

私は福島県産を食べられます。きちんと検査済みのものですから!

どこかの誰かさんが食べている真っ直ぐで形の良いキュウリ、
食べ頃になる前に収穫した青いガリガリのトマト…
それ、あぶないですよ~ 検査済みの印ないでしょ~
外国産も危険ですよ~ 考えると何にも食べれないですよ~

でも、福島県産は印ありますよ~ 二重三重に検査しましたよ~
安心ですよ~ 心配な人は食べなくていいよ~

と、私は言いたいんですけど……ダメ?

2012/10/24(水) 午後 5:23[ sizuma34 ]
.



sizuma34 さま

激しく同意です。
私も食料品を買う時は、その印を探してます。

どこかのブロガーが福島県のキノコから〇〇ベクレル!と嬉しそうに書いていましたが、出たのは事実でも「だから出荷停止なんだよ」と一人呟いていましたwww

福島県の食べ物は全部安全ですなんて一言も言っていません。
出回っているもは全て検査済みで安全ですと言ってますのに、どうにも日本語が分からないようです。

極端過ぎるんです。
福島県と付くものを全て認める訳には行きませんが(特に知事)、全て否定するのも馬鹿の一つ覚えとしか言いようが無いです。

臨機応変に・・・ってならないのはどうしてなのでしょうね?

2012/10/24(水) 午後 5:36
.



こんばんわ。
議論、白熱していますね。

一つ質問ですが、福島県産のお米 子供さんには食べさせられているんですか?

因みに、福島県は 他県とはちがい「測定下限値」という言葉を使い、これが
25Bq/kgということです。で、たとえば 9歳の子が 1日10㏃/kgのお米を
200gづつ摂るとすると、体の中には 恒常的に100㏃のセシウムがあること
になります。http://blogs.yahoo.co.jp/kyomutekisonzairon/65829404.html

福島県は 政府規準によって100㏃/kg未満を出荷するとしていますが、
これだと 1000㏃の セシウムが 恒常的に体の中にあることになります。運悪く
100㏃/kgの米袋を買ってしまうと、こういう目に遇います。合掌

2012/10/24(水) 午後 7:57[ kyomutekisonzairon ]
.



kyomutekisonzairon さま

では私からも質問させて頂きます。

福島県境を一歩隣の県に行くと、検査していない米でも安心なのでしょうか?
福島県産と言うだけで食すればストレスになる方は、それだけで病気になりそうですから止めた方が良いとは思いますけれど。

福島県はとても広い面積です。
一律に汚染されたのではなく、人が住めない地域と事故前と後の空間線量が変わらない地域とかなり差があります。
我々は、汚染されていないのはどの辺りなのか知っています。
その地域から買えば良い訳です。
去年など購入数を制限されてしまいました。
みんな考える事は同じですよ。

2012/10/24(水) 午後 8:20
.



kyomutekisonzairon さま 続き

鹿野元農水大臣のお馬鹿発言を覚えていらっしゃるでしょうか?

イオングループとセブンアイグループが「国の検査を基準とせず非検出の食品以外販売しない」と宣言した時、『混乱を招くから国の基準に従うように』と 言いました。

国の基準を沢山教えて頂き恐縮ですが、私達主婦は国の基準ではなく、プライドを持つ民間会社の検査にパスした物を購入しているのです。

釣り人は同じ種類の魚が1kg釣れたら、実験として測定にかけてデータを取るなど自ら調べています。
歩いて行ける距離に測定所が有りますから、疑問に思うものは答えを出す。
国任せでは何も食べられませんからね。

2012/10/24(水) 午後 8:29
.



かなりの熱論になっていますね。なかなか理解されない、謝った見方が存在していることに気付かされます。心配なのはわかりますが、コメに代表されるように、かなり真剣な検査をしているものが多いですから、「検査済み」(自社調査品も含めて)であれば、どこの産品でも大丈夫でしょう。
そして、指摘されているように「全部、未検出ではない」というところがミソです。一部のキノコとか、山菜では検査に引っ掛かっています。
大事なのは「検査に引っ掛かったモノは、出回らない」。
出回っているのは、検査済みのもので、安心なんだってこと。
なかなか理解してもらえないんでしょうね。
実測値ほど信用できるものはないんですけど。

2012/10/24(水) 午後 9:14[ あんど ]
.



あんど さま

今日は初めて米から出ましたね。
全量検査しましたが全量安全ですなんて言われたら返って怪しい。
生産者さんにはお気の毒では有りますが、検査に通る物と通らない物が出るとこちらは信用出来ますよね。

私達の食品に求める当たり前や工夫は日本の皆さんには知れ渡ってはいないと分かったのは収穫です。
未だに福島県の瓦礫が県外に出て行ったと信じている方が居た事も、知ることが出来て良かったと思います

2012/10/24(水) 午後 9:24
.



erin さんへ。
県外も もちろん、問題があるでしょうね。福島県産だけが 問題だということは
ないでしょう。
福島県が 厳密な検査をするのは当り前です。しかし、100㏃/kg未満で
出荷するということは、けっして 見逃すことはできないでしょう。
ベクレル数を米袋に明記して、リスクを 買い手が自己責任でとるならまだしも、
リスクを他者に強要する県の姿勢は イカガナものかと思います。
お米は、日本人にとって主食ですから、とても慎重な対応が求められます。野菜
ならば、いろいろな種類の野菜が摂れますが・・・。

>福島県は今では日本一食品検査体制が整っている
―――と仰ることが、県の検査体制であるなら、福島県産のものは、県内だけでなく
県外にも流れるわけですから、福島県の方が その検査が 厳密だとして無批判で
あれば、県外の者は どう思うでしょうか?

どこまでが「安全」だということは言えないわけですから、「安全」ではなく、
リスクをとって食べるんだ ―― ということにならないと、(続)

2012/10/24(水) 午後 9:57[ kyomutekisonzairon ]
.



kyomutekisonzairon さま

そこです。
私が『福島県の未来など興味がない』とか『原発推進派だった知事の頑張ろう福島!に違和感』と言うのは、行政に対する不信感です。
しかし何故か巷では生産者が無神経に危ない物を作っているとか、罪のない県民がやり玉に上げられております。

『食べて応援』なる言葉も知事が口にすると迷惑です。

福島県にはイオンやセブンアイだけではなく、NDの物だけを集めて販売している直売所もあります。

国を批判しながら国に頼るのはどうかと思います。
若い生産者さんはもっと積極的に他県にアピールをし、全く放射性物質の含まれないものを自信を持って県外に出荷するべきだと思います。
それは自分達の為でもあり、消費者の為でも有ります。

起きてしまった事故は戻りません。
うなだれている場合では有りませんよ。

2012/10/24(水) 午後 10:07
.



リスクをとることに頬かむりして「安心」に逃げ込んでしまう・・・。

県外の者は、福島県から県外に出荷されるものに対して、「福島県産」を 身近に
感ずるわけですから、県の姿勢から 不信感をもたざるを得ないわけです。
県の方々が 自己防衛(特に 子や孫に対して)されているのは、私も よく知って
います。ただ、それが 県の検査は厳しいと言って 済ませられることでは
ないと思います。
福島県産を買う県外の者も、子や孫がいるわけです(ベクレル数が明記されない
米袋を「安全」だとして出荷している・・・。タバコでも タールやニコチンの
含有量を明記しています。)

我々は リスクをとって食べているということに目を覆ってはならないし、他人の目
を覆ってもならないだろうと思います。合掌

2012/10/24(水) 午後 10:20[ kyomutekisonzairon ]
.



kyomutekisonzairon さま

そうなんです。
毎日口にする主食は、ND以外売らない、買わないようにしなければなりません。
国は補償問題が有るから、山のように米が売れ残ってしまうと困るでしょう。
しかしそこまで持って行かなければ動かないのが国です。

ND=ゼロでは有りませんが、検出限界値以下と言うのは国の決めた裏付けの無い安全基準よりずっと安全である事は誰もが分かるでしょう。

ND以外買わないと農家が困るのでは?と思う人は、目先の売り上げより将来的な信用の方がずっと大事だと気付いて欲しいです。
そして、あなた様がおっしゃる通り、自分は年寄りだから気にしない、安く売るなら買うよと言う人も必ず出ますから、数値を貼り付けるべきですね。
実際QRコードがついていて我々世代には見られるのですが、お年寄りにも分かるように。

2012/10/24(水) 午後 10:41
.



erin さんへ。お早うございます。

先に、「100㏃/kg未満が出荷」と言ってしまいましたが、これは間違いでした。
これは、100㏃/kg以下でしたね。申し訳ありません。

ついでに、確認です。
福島県はじめ東北・関東一円の農水産物は 「まったく汚染されていない物」は
ないということですね。ただ、検出限界値を どれほどのレベルにとっている
かで、NDになるかならないか、になるわけですね。
たとえば、1963年(大気圏核実験の禁止条約が発効した年)ですが、茨城県では
ストロンチウム90が ハクサイで 0.48~3.67㏃/㎏、ホウレンソウで1.07~1.47㏃/㎏、米で
0.03㏃/㎏。又 セシウム137が ハクサイで 1.1~1.8㏃/㎏、ホウレンソウで 2.44~
5.74㏃/㎏ という記録があります。全国的に だいたい このレベルでした。
こういうレベルに危機感をもったために、大気圏核実験を止める条約を締結
したんですね。これで どれ程の影響が人体に出たのか? 調べられていません。
(続)

2012/10/25(木) 午前 9:11[ kyomutekisonzairon ]
.



http://blogs.yahoo.co.jp/kyomutekisonzairon/65131165.html

すなわち、汚染がない農水産物はない。ただ 汚染レベルが、それぞれに違う
だけなのだ。という認識をベースにしなくては、「リスクをとって食べるんだ」
ということが失われ、「安全・安心」という言葉に逃げ込んで、現実から目を
背け、ひいては 本当に この大惨事に責任をとらなくてはならない者たち
の為してきたor為している事を、こちらが正当化してあげてしまいます。合掌

2012/10/25(木) 午前 9:23[ kyomutekisonzairon ]
.



こちらに参りました。

「がんばろう福島」と言える人は、被災していないから言える、ということなのですね。
それは弱りましたね。ちょっと私もそのことについて考えてみたいと思います。

2012/10/25(木) 午前 9:42[ 飯坂生まれ ]
.



kyomutekisonzairon さま

>福島県はじめ東北・関東一円の農水産物は 「まったく汚染されていない物」はないということですね

この考え方は、西に住む方特有なので慣れましたが、汚染=放射性物質というのはこれまで何も知らなかった放射能に関する知識があの原発事故以来突然入ってきたからだと思います。
私達は知らず知らず、食品添加物・農薬等によって既に汚染された食物を食べ続けて来ました。
それらと比べて微量の放射性物質は破格の毒物だと考えるのはどうなんでしょう?

例えば全く放射性物質の含まれない白米ばかりを食べていれば脚気になります。
ビタミンやミネラル不足は人格や骨格形成に悪影響を与えます。
塩素の含まれない東南アジアの生水を飲めば、我々日本人は下痢しますし。
そこまで神経質になるのであれば、アフリカの山奥で原住民になる以外無いほど、先進国の食べ物など既になんらかの汚染はされていると思いますよ。
リスクをとって食べるというのは、何も放射性物質に限った事ではないと思います。

2012/10/25(木) 午前 10:33
.



kyomutekisonzairon さま 続き

ただそういった事にさえ目を背け、直ちに影響は無いとか行政側が発言する事はいけませんね。
放射性物質も食品添加物も農薬も『極力少なく』が望ましいと思います。

2012/10/25(木) 午前 10:34
.



飯坂生まれ さま

福島に縁もゆかりも無い方々が『頑張って福島!』と言ってくれるのは大変有り難いとは思いますが、目の前に自分さえ頑張れなくなっている人がいるので、私にはとてもそんな事は言えません。

いわき市はご存知の通り、原発被害者の方々が続々と来ています。
今日現在で3万人でしょうか。これからもっと増える予定です。
今生きている人に何もしてあげられないのに、何が福島の未来だと思います。

福島県などパソコンで言えば外側の箱です。
中身がなければ動きません。

2012/10/25(木) 午前 10:40
.



erin姉さん、お久しぶりです☆
議論がヒートアップしてますね。

私のブログなんて放射脳さんに「コメントくれー」って呼びかけても誰も来てくれないから、ちょっと羨ましいです。

えと、100Bq/kgのお米を子供に食べさせることは出来るか?というコメントがありましたが、私の意見書きますね。

この100Bq/kgという数値は「玄米」の食品基準値なんです。
ですから精米したら当然Bq値は下がるワケで。

この「100Bq/kg」の玄米は、精米したり炊飯したりの過程を経ると、食べる時には一合1.4Bqにまで下がってしまうんですね。

食品安全委員会の定めた安全基準値1mSvの内部被曝をする為には、このご飯をなんと一年間毎日97杯食べなければなりません (;´Д`)

ですからはっきり言って、100Bq/kg程度なら私は子供にも安心して食べさせます。

(続きます)

2012/10/25(木) 午後 6:05[ ニジママ ]
.



(続き)

昨日福島のお米が一袋だけこの値を超えたとのニュースがありましたが、それを見て家族で「そのお米くれないかなー」なんて話してたくらいです。

ちなみに体内には天然モノの放射性物質(K40など)が約7000Bqありますし。
だから100Bq/kgくらいの放射性セシウムだったら何ともないです(^_^)ノ

九州では福島県の食品はあまり出回っていないのですが、見かけたら極力買うようにしています。

去年も今年も福島の桃、たくさん食べました。
うちの子も福島のものが美味しいって知ってるもんだから、買ってくると喜んで食べてましたよん♪

横やり失礼しました
m(_ _)m

2012/10/25(木) 午後 6:08[ ニジママ ]
.



おやっ! 何だか 私も「放射能さん」にされたみたいですので、こちらには
ご迷惑かもしれませんが、ご要望にお答えして、大胆なニジママさんへ。

まず、お米100㏃/kgを毎日食べ続けると どれほど 体内にたまるか?を
計算したものを、このコメントの最初の方に紹介しました。くわしい計算は
http://blogs.yahoo.co.jp/kyomutekisonzairon/65829404.html
↑ これを平気だというのは、やっぱり凄く大胆だと思います。

次に、カリウムの件ですが、これは これで仰るように害がないわけではなく、
我々が 癌になったりする根本的な原因の一つでしょうね。
ただし、カリウムとセシウムは 生体に与える影響が違います。格段にセシウムの方
が危険です。カリウムをもって、セシウムを摂取することの正当化はできません。
この危険度の計算は、↓ にしています。
http://blogs.yahoo.co.jp/kyomutekisonzairon/65635497.html
(続)

2012/10/25(木) 午後 8:07[ kyomutekisonzairon ]
.



放射能の危険性について過小評価しているとされる ICRPの数値を使いました。

それと、最後に カリウムは ふつうは、成人(体重約63kg)で だいたい 4000㏃
と言われています。我々が心配する子供は そのせいぜい1/3ですね。
カリウム の危険に加えて より危険度が高い セシウム を好んで 子供に摂らせる親は
ふつういないと思います。

ちょっと、誤解があったらいけないので、言っておきますが、お米100㏃/kg
の計算は、まず 1日2㏃のセシウムを摂取するとしての計算からしています。
合掌

2012/10/25(木) 午後 9:20[ kyomutekisonzairon ]
.



erin姉さんスイマセン、コメ欄お借りします
m(_ _)m

kyomutekisonzairon様

申し訳ないのですが、提示して頂いたリンク先が見れません。
あなた様のブログの何月何日の記事なのか教えて頂けないでしょうか?

それと、私はあなた様を放射脳だなんて決めつけていませんよ
( ´▽` )ノ

誤解を招くような書き方をしていたとしたら、申し訳ございませんでした
m(_ _)m

私の言う放射脳とは「放射能を過剰に恐れる+福島差別発言もしくは不安を煽る」人のことです。

2012/10/25(木) 午後 9:50[ ニジママ ]
.



ニジママさんへ。 そうですか、私は「放射能さん」ではないんですか・・・。
この件については、当方に erin さんからも ホローして頂きました。

私も、放射能に対して過剰反応される方々を知っていますが、ある意味 これは
放射能を 過剰に安全だという人も 沢山おられますし、特に 学者や行政の人々の
中に こういう人が沢山おられますので、もう どういうか、こういう事態になった
以上、しかたのないことだろうと思います。
因みに、私は「 放射能に安全はない。決して 侮ってはならない。」という立場です。
そして、福島差別に関しては、これは深刻です。これも 甘く見てはいけません。
ちょっとやそっとで これは解決しないと考えています。特に 今のような県の
やり方だと、多くの人々の胸に、福島への違和感を刻み付けてしまうだろうと
思っています。これを解決するには 福島の人たちが 被害者意識を払拭する
他ないだろうと考えます。

URLの件ですが、これをコピーして検索にかけてみて下さい。合掌

2012/10/25(木) 午後 10:37[ kyomutekisonzairon ]
.



kyomutekisonzairon様
スイマセン、リンク先たどり着きました。

微分積分って昔習ってような…って感じですので(汗)スイマセン、理解するのに時間がかかりそうです。
でも興味がある分野なので、再度数学のおさらいをして読ませて頂きますね。

私は以前から放射脳さんのブログを見てきました。意見交換もしてきました。でも話がかみ合ったのは一人だけ。その人は宗教観のある素晴らしい人でした。

他の放射脳さんはすぐに工作員だの原子力ムラの一員だの決めつけて話にならなくて…

あなた様はそんな方々とは違いますよね。あなた様の上のコメントも納得しています。
ですから放射脳さんとは思いません(^^)

バカだと思われるかもしれませんが、私はホルミシスを信じています。これを見て頂けると分かるのですが…
http://blogs.yahoo.co.jp/nijimikan7th/46378228.html

バカ丸出しで恥ずかしいのですが、こういう人間もいるんだと知って頂けると嬉しいです。

これからもブログを読ませて頂きますね。ありがとうございました。

2012/10/26(金) 午前 0:47[ ニジママ ]
.



再度、ブログ本文の後段をを読んでいますが、erinさんのおっしゃりたいことは、以下でよいでしょうか。ちょっと読みとりができず確認させてください。

今、放射能恐怖症の方々を糾弾することよりも、
善意の言葉で「頑張ろう福島」と音頭をとる、県当局など行政側の罪を暴かないと、何も解決しないということでしょうか。

また、補足ですが、津波被害と原発強制避難を余儀なくされたわけではない中通りなどの方々は、何人もが「私たちは本当の被災者ではないんだ」と、自ら話しておられます。「大した被害を受けていないから」という言葉は、福島を分断する言葉ではないかと心配します。

2012/10/26(金) 午前 10:17[ 飯坂生まれ ]
.



kyomutekisonzairon さま
ニジママ さま

お二人のやりとりを邪魔をしないよう見ておりましたが、誤解が解け安心しました。
お二人へのリコメは後ほど改めて書かせていただきます。
その前に、今度は私が誤解されているようなので、そちらを先にリコメさせて下さい。
ご了承の程、宜しくお願い申し上げます。

2012/10/26(金) 午前 10:58
.



飯坂生まれ さま

>「大した被害を受けていないから」という言葉は、福島を分断する言葉ではないかと心配します。

まずこちらからお答します。
福島を分断する。
まずここが、もうすでに私の考えには有りません。
福島という器でものを考えるのであれば、私とはずっと平行線です。
近隣の宮城県・茨城県・栃木県の方は除外ですか?
汚染などされていない岩手県も瓦礫を受けいれも貰えなかったり、京都から供養まで断られたりしているんです。

福島が・・・
という主語は私の頭の中には存在しません。
被害をうけた小さな自治体、個人が救済されていないのに頑張ろう福島と語る福島のトップとはなんでしょうか?

私がこちらの記事で書いている廃業に追い込まれた農家などは中通りに多いと思います。
いわき市は漁業関係者が大打撃ですが、農家はこの線量ですから持ち直しています。しかし、自分の周りさえ良ければ良いという考えにはなりませんね。
頑張ろういわき市!では頑張ろう福島!と同じになります。

2012/10/26(金) 午前 11:11
.



飯坂生まれ さま 続き



>医大や県を批判するerinさんの言質は、読んでいて悲しくなりました。

これは飯坂生まれさんが以前私にくれたコメントです。
人の感じ方はそれぞれです。
福島生まれで福島育ちの方にとっては理由が何であれ、内容がどうであれ『福島の未来に興味は無い』『頑張ろう福島って知事が言うな』という強烈な言葉に傷付くというのは頭では分かります。
何度も言われているので、そういうものなんだとは理解しています。

でも心底理解は出来ないのはやはり三つ子の魂百までなのでしょう。
目の前に困っている人がいて何も出来ないのに、大きな県の未来を語るように私は教わってはいません。
こちらにコメントを下さった【久留米のまんちゃん・ kyomutekisonzaironさん】のお二人にも県民一人一人を心配してくれる気持ちは有っても福島県に対して???がやはり多いんだなと読んで取れます。
県民攻撃をする人達は別として、福島県がよそから見て変だと思われるのは、思う人が悪いのではなくて、変だからなんです。

2012/10/26(金) 午前 11:21
.



ニジママ さま

こんにちは。
有害物質についての許容範囲は本当に人それぞれですね。
例えば煙草。
隣で吸われただけで喉が痛くなるとか病気になると嫌がる人も居れば、愛煙家の知人は煙草をやめたらストレスで癌になるとまで言います。
この愛煙家の人は面白い事に食品添加物をかなり敬遠していますwww
私などは化学肥料や農薬を作る会社でOL経験が有りますので、こうした化学物質にはちょっと詳しいです敏感です(過敏ではないけれど)

生産者は有害物質を極力減らす努力、それを説明する努力が必要だと思います。
そして納得した消費者が購入すれば良いと思います。

県の知事が福島の食品は安全ですなどと言うから、全てが怪しく聞こえます。
県外の皆様に置きましては、県や国ではなくて生産者さんの声で判断して欲しいですね。
土を入れ替えたり、田んぼに大量に水を入れては流し、土壌の中に放射性物質が含まれない状態で作物を作る彼らを認めてあげて欲しいと思います。

2012/10/26(金) 午後 1:52
.



kyomutekisonzairon さま

放射脳問題、誤解が解けたついでに、どのような方がそう呼ばれているかを書きます。
『涼のブログ』『ぬまゆのブログ』このあたりです。
極端な人達で、特に前者は福島県民と接触すると被曝するとか福島県民は日本を被曝させようとしているとまで豪語するブロガーです。

私もニジママさんもハッキリ物を言う人間ですが、それだけにこの人は絶対におかしいと確信しなければ個人に対しては滅多なことを言いません。
我々のような強烈なことを書いているブロガーは政治批判、行政批判の傾向に有るのではないでしょうか?

それから何を言われても『放射脳』以外の方々のご意見は何故そう思ったか考えないといけませんね。
福島県や佐藤知事が他県から嫌われても当然だと思いますし、福島県って何やってるんだ?と聞かれれば落ち込むのではなく、説明したら良いだけの事です。
知らないから聞いてくるだけのことでしょうからね。

福島叩きも罪の無い農家や一般人に向けられては困りますけれどね。
ま、放射脳な方々は先日の中国の下級市民のガス抜きのようなものでしょう。

2012/10/26(金) 午後 2:17
.



yomutekisonzairon さま 続き

>特に 今のような県のやり方だと、多くの人々の胸に、福島への違和感を刻み付けてしまうだろうと思っています。これを解決するには 福島の人たちが 被害者意識を払拭する他ないだろうと考えます。

はい。私が言っている事と近いです。
現在の福島県民に原発事故の責任はありません。
有るとすれば私達の祖父母の時代の人かな?
しかし、福島の食べ物ってどうなの?と聞かれたらすぐさま攻撃されたとか虐められたと思うのは反対です。
知らないから質問してきた人を嫌な人達と決め付けては、相手からだって理解などして貰える筈が有りませんからね。

確かに事故後は虐められ過ぎました。
この私でさえしつこい『福島県民、死ね!』には参りました。消すのが大変で。

坊主憎けりゃ袈裟まで憎いでは駄目ですよね。

行政抜きで歩みよって行く方が食料の問題は早く良い方向に行くと思いますよ。
生産者は作り手のプロだし、我々主婦は買い手のプロですから。
机の上で県民流出の計算している人とは見ている所が違います。

2012/10/26(金) 午後 3:13
.



話が反れますけどこの日本のある世代において「健康的に」「長生きできない」ことをすべからく不幸と決め付けたい世代がいることが私の根本的な違和感なんです。

ぶっちゃけ、戦争も知らないしバブルの恩恵もうけてる世代とか、もう逃げ切りですもんね。

で、まぁ明日死んでもけっこう好き勝手やってきて、まんざらでもない人生だったんで福島だろうと、ベラルーシだろうと美味しいものは食べますし、流通しているものに関しては相対的なリスクを勘案しても幼児以外なら危険性はないと考えます。

危ないとおもうなら、自分で調べて食べないようにしてますし。

2012/10/26(金) 午後 3:18
.



フクゾウ さま

そういう考え方も有りますね。
放射性物質もニコチンも食品添加物も農薬も避けて、仙人のような生活をして長生きした結果、年金貰えず生活保護になったら私、死んだほうが良いかもwww
生活保護受給者を馬鹿にしている訳ではなくて、私のような気の強い女はそうしてまでは生きたくないってだけの話しですが(いちいち説明せんと言葉尻を攻撃されますので・・・w)

私はアルコールを分解出来ない肝臓の持ち主です。
大量に飲んだら即死です。
100ベクレル超えの米では多分死ねないでしょう。
父親もお酒が弱いくせに飲みすぎて体を壊して亡くなっています。
しかし、彼が癌の末期に放射線治療をした時、副作用が全く出なくて医者が首をかしげました。
父も何百ベクレルの米を食べさせても死ななかったでしょうね(笑)
何が体にテキメンに来るか、体質にもよります。
微量の放射性物質も許せない人はそれだけで気分的に病気になりそうだから食べなければ良いだけの話ですね。

2012/10/26(金) 午後 3:31
.



ちなみに先日、基準値以下なのにある団体によって出荷停止にされた新潟のきのこを3キロほどいただきました。諸事情により写真のupは不可ですが。

農家に「東電に買い取らせろ」っていう人もたくさんいてますけど、現場はそれど頃じゃないんですから、言うかたがたが買い取って、東電に請求すればいいのにって毎回思います。

めんどくさいんでしょうかね。

2012/10/26(金) 午後 4:40
.



フクゾウ さま

言うは易しってところですね。
東電に買い取らせろってのもちょっと・・・ね。
東電の下の方の社員も同罪かい?って思います。
みんな【一括り】が本当に好きなんだなって関心しませんか?

どこかのキノコから出れば、キノコ全体が毒物のような扱いになる。
東電の役員を批判すれば平社員も事故現場で頑張ってくれている社員も悪人扱い。
福島の県知事と行政批判をすれば、福島県民を批判しているかのように取られます。
須賀川市から基準値超えの米が出たと報道されると、出荷された米まで汚染疑惑、あぁやっぱり福島県の米は駄目なんだって会津もいわきも同じように言われる。

調べるのが面倒だったり、行動するのが面倒な人はそれはそれで良いから黙ってて欲しいなぁ。

あと一括り判断って、日本特有の連帯責任とか団体行動の弊害かしら?
何か一つ駄目だとみんな駄目みたいな。
逆に関西のブロガーで福島県民死ね!とか書いてくる人がいると関西の人みんなを良く思わないって傾向もありまして、なんだかなぁでした。
私にはさっぱり理解が出来ませんよ。

2012/10/26(金) 午後 4:53
.



erin さんへ。 こんばんわ。
何か erin さんの毒気(?)にやられたようで、言いたかったことが胸の底に
沈んでしまった感じですが、勇を奮って申します。

>現在の福島県民に原発事故の責任はありません。有るとすれば私達の祖父母
の時代の人かな?
――― これは、erin さんの感覚では そうかもしれませんね。でも おそらく
erin さんの祖父母ということになると、もう亡くなられた人が多いでしょう。
私は 福島県人ではありませんが、還暦を過ぎた者です。そして、原発事故には
自分自身 責任を感じています。直接 そういう仕事に就いていたわけでは
ありませんが、やはり 私は 責任があると思っています。それは 原発を必要
とする社会を支え、そういう社会で 自らのイノチを支えてきたからです。

また、福島の人々が その美しい郷土を愛するということは、祖父母の時代を
含めて何百年来の祖先達が生きてきた歴史を、良いにつけ悪いにつけ 自らに
背負うという意味でもあるでしょうから、(続)

2012/10/26(金) 午後 8:24[ kyomutekisonzairon ]
.



やはり祖父母の時代からのモノをすべて 引き受けなくては、郷土を愛する
ということは成り立たないだろうと思います。

郷土を愛する以上は、今日まで来った過去(の人々)に、現在の問題の責任
をかぶせて、今の自分らは無垢だというわけにはいかないだろうと思います。
やはり 運命を共同しているのでしょう、憎き彼らと・・・。合掌

2012/10/26(金) 午後 8:35[ kyomutekisonzairon ]
.



熱い論議になってますね…。

ウチら世代なんて、開発されたての頃の食品添加物やら保存料やらを大量に摂取してきた
世代ですよね?まだまだ安全性が確立されてなかった頃の。
10ベクレル/キロでも嫌な人は嫌なんでしょうね…。そんな方々に、『あなたが今後
癌にかかる確立は50%です』って教えたらどうなるのでしょう?w

2012/10/26(金) 午後 9:18[ 鶴姫 ]
.



kyomutekisonzairon さま

私のブログ友達の方に数年前から「原発はいけない」と訴えていた男性がいます。
彼もまた直接では有りませんが原発に関連するエンジニアです。

忌野清志郎はもっと前に原発反対ソングを作り、当時リリースを阻止されてお蔵入りした歌が有ります。
最近FMで耳にして驚きました。

そう考えると原発に無関心であった我々も全く責任が無いとは言えないかもしれませんね。
気付いていた人がちゃんと居た訳ですから。


これはやはり『福島』の問題では無いんですね。
これまでの自民党独裁政治の在り方やそれに疑問を持たなかった有権者、みんなここで立ち止まって考える時期に来たのでしょう。

福島県民は行政に丸め込まれる過ちを繰り返してはならないと思います。
事故自体では被害者で有る事は間違い無いのですが、何が悪かったか、どう変わるべきか、何が周りを不安にさせているのか見るのが辛い現実と向き合わないとね。

2012/10/26(金) 午後 10:01
.



鶴姫 さま

10ベクレル/キロでも許せない人間は、癌と言う病気の原因は放射能しか有り得ないと思っているのでしょう(笑)
私が10年前に乳癌を患ったなどと言えば「その頃から放射能は漏れていた」なんて真面目に言うのではないですか?

どこかの市長さんや芸能人が亡くなっても放射能が原因!ですからね

魔法の言葉ですね、放射能ってw
病気も死因もみんな原因が放射能にするなら医者要らないじゃないの

2012/10/26(金) 午後 10:09
.



私はerinさんの怒りを知りたいと思っています。私に誤解されしていると思われたら申し訳ありません。ただ、コミュニケーションはコツコツと重ねることによってしか、結ばれないものです。性急にわかりあえるとも思っておりませんので、よろしくお願いします。

浜通りの方が県への不信を持たれていることは上昌弘氏も言っておりました。それは当然のことと存じます。そこで、具体的に聞かせてください。

県への不信、大きく言いまして、
【1】津波と原発による強制避難の方に手厚い援護がないこと
【2】今回の事故による将来の健康影響について、この先果たして救済されるのか確信が持てない、ということの2つでよいでしょうか。ほかにもありましたら、また教えてください。

2012/10/26(金) 午後 10:38[ 飯坂生まれ ]
.



飯坂生まれ さま

怒りではないです。
『呆れ』です。

具体的に上げろと言われたらこのブログに書ききれるものではないです。

簡単に説明すると佐藤知事の人間性そのものですかね。

たまたま政権を取った民主党の、たまたま担当になった大臣に向かい頭ごなしに文句を言えるのが凄いパフォーマンスですね。
県民一丸となってなどと言うと、下手なお笑いより笑えます。

2012/10/26(金) 午後 10:51
.



飯坂生まれ さま

昨日と一昨日は訪問者数が200名近く有りました。
他の記事にコメントも多数入りました。

さて、この記事に関しては福島県にお住まいの方はたった二名しかコメントを入れません。
何故だと思いますか?


敢えて知事批判をしたところ、福島県にもそう言える人が居て安心したと他県の方が言いました。
これはどう言う事だと感じますか?


私は自分の意見を書きつつ、批判される福島県を受け入れる姿勢を見せた事でいわゆる『放射脳さん』ではない方々が疑問をぶつけてくれると踏んで荒い言葉で発信しました。
皆さんの意見が聞けて良かったと思いますし、やはり批判されるところはそこだよねと改めて認識した次第です。

2012/10/26(金) 午後 11:08
.



放射能より、夜更かしのがよくないよ。(w

2012/10/27(土) 午前 1:43
.



フクゾウ さま

仰る通りでございます

2012/10/27(土) 午前 1:46
.



飯坂生まれ さま

夕べ色々考えました。
何故にあなた様とだけ平行線なのかを。
答えが見付かりました。
考え方の違いではないのです。

私はあなた様に、私の意見を認めさせようと思っていません。
『善意の言葉で「頑張ろう福島」と音頭をとる』と仰っています。
善意が有ると思われる事はあなた様のお考えですからそれで良いと思うんですよ。
でも私に『善意』などと言われましても困ります。

人の意見は上記の方々の中にあるように、あなたは福島県産の米を食べさせていますか?でも私は受け入れて真面目にお答えしています。
質問はどのような内容でも知らないから聞いて来るものでありますから、拒絶する事は私は致しません。


あなた様に対して嫌悪感などは全く無く、お気持ちも分かりますが、私の県への不信感と言うのものは今後も変わる事は無いでしょう。
そして、食べ物の問題を語る時、他県に出荷している以上県は他県の人々にも責任を伴います。頑張ろう福島などという小さな枠で誤魔化さないで頂きたいものです。

私の不信感が変わるとすれば、それは知事がまともな人に代わった時でしょう。

2012/10/27(土) 午後 1:10
.



>あなたは福島県の野菜が食べられますか?


と、問われたら「私は食べています。」と答えます。

福島県だけが地図の形に汚染され危険で、血を吐きバタバタと倒れ死んでもらわないと困るんだ。

なんだかね、先の質問にはそんな意図も見え隠れしているように感じてしまう・・・私はひねくれ者?でしょうか?


きっと善意の人なんだと思うんです。
善意の人だから不安感も募るんじゃないでしょうか?

私の母でさえ実家(西日本)に行こうかなんて言いだしましたから

私の息子がいわき市にいて、震災の前年に東京から転勤していました。
震災後、会社から2週間ほど県外避難と言われ、自宅が会津だから会津に帰りますと、群馬や埼玉に避難した方々と別行動で会津に来ました。

その時、母が放射能大丈夫?って
自分の親ながら情けないというか、私の人生で初めて泣きながら声を荒げ母を叱り飛ばしました。
その前に、父が母を叱責したのですけどね。

高齢の母でさえ、当時のテレビから流れる放射能の話題に振り回されていました。
(続きは後で)

2012/10/27(土) 午後 4:45
.



み~ さま

この質問をした方、他にも色々聞いてきた事が有りまして、その都度答えましたが私達が当たり前の様に知っていた事を全然知りませんでした。

福島県を悪く言う人にも種類が有って、罪の無い被災者叩きの『脳』な方と、私のように佐藤雄平率いる県に不信感と、ちょっと注目したのは「福島県民ブロガーは何故ここまで言われて言い返さない?」って言ってた人も居ましたね。
みんな同じ【親の敵】みたいに扱うのはいけないと思います。
福島県産の食べ物は外にも出荷されているのだから、県はいつまでも被害者意識ではなくて、買って頂く消費者にきちんと対応しなければならない。

前知事汚職事件つるし上げの上プルサーマル計画に始まってSPEEDIの隠蔽、事故直後の根拠の無い安全宣言。
いい加減にしてくれと思っている福島県在住者は私だけではない筈です。

2012/10/27(土) 午後 5:49
.



いろいろな質問受けたのですね
私も(メッセージで)随分いろいろいただきました。

何故デモしない?とか、原発交付金を貰っていて今更被害者面してるな、とか

どこにどんなふうに使われていたのか?
いろいろ調べました


>前知事汚職事件つるし上げの上プルサーマル計画に始まってSPEEDIの隠蔽、事故直後の根拠の無い安全宣言。
いい加減にしてくれと思っている福島県在住者は私だけではない筈です。


裏にどんな状況があったのかわかりませんが、不信感や怒りを感じました。
裏がわかれば「なるほど」となるかもしれませんね。

他の人の事はわからないけど、私はそう思っているという事です。

前知事の事で鮮明に残っているのが、東電が事故を(隠蔽し)本来なら県に通報すべき事を報告せず、本社にだけ報告していて・・・前知事が怒りの会見した映像が未だに忘れられません。

SPEEDIにしてもヨウ素剤にしても、隠蔽が多過ぎます。
昨年の安全宣言は、私はTVを見ていて固まりました。何を根拠に?と思ったものです。
こんな事を思ったのは私だけ?と思っていました。

2012/10/27(土) 午後 6:12
.



み~ さま

前知事は一審で有罪判決を受けましたが、控訴しています。
小沢一郎さんのように無罪になれば、きっと巻き返しを図るのでは?と密かに期待しています。
しかし、裁判所の判決そのものにもゴルフ場に飛んだセシウムが『無主物』なんて恐ろしい答えがはじき出されるのですから何が正義なのか分かったものでは有りませんね。

安全宣言は今のように検査体制が整ってからすべきでしたよね。
人からも放射能が移るなんて誤解されていた時期に検査も抜き打ちしかしていない物を「安全です!」って何を根拠に!?って私もびっくりしましたから。

18歳以下医療費無料もこれ以上県民の流出をしないよう、子育てがしやすい福島県を目指すって語ってらっしゃいましたよ。
頭数揃えなんだねーって、今更ですからこれは驚きは少なかったけれど。
県外の人は変だと思って当たり前です。
一人一人の生活とか、人生とかを何だと思っているのだろう?
県民の数が増えて納税額が増えれば明るい未来なんですかね。
そこで未だ動けなくなっている人はそのままで良いのか!ってもう呆れるばかりです。

2012/10/27(土) 午後 6:24
.



こんばんは。返信をありがとうございます。

在住者が2人しかコメントを入れないというのは、「言えない」ということもある、とのご意見、賛同します。ですので、erinさんの発信は貴重だと、前から申し上げているとおりです。私に嫌悪感もないとのこと、ありがたく存じます。私もブログを開設していますが、浜通りの方と継続的にやりとりはできておりませんので、ぜひ今後も教えていただきたいと思っているのです。

県への不信は数限りないとのことで、さらにその気持ちは知事が交代しない限りなくならないとのことです。ごもっともでしょう。県がイヤだという感情について、私は残念とは申しましたが、気持ちを変えろと言っているのではありませんので、その点はご理解ください。

ですので、私としては、放射線への不安と同じように、具体化してつぶしていくしかないとないと思うためにお尋ねしていました。私がさきのコメントで2つ書きましたことが、私がこれまであなた様とやりとりして大きく言えることかなと思って書いたことです。

それについては、いかがでしょうか。

2012/10/28(日) 午後 8:05[ 飯坂生まれ ]
.



飯坂生まれ さま

調査票提出率20%の中には県職員など出さざるを得ない方が含まれると思います。
そう考えると一般県民のほとんどが未提出になります。
これが県に対する答えでしょう。

問題の解決は県と一緒に考える状況では有りませんね。
一般県民や他県の方々と考え、県に突き付ける形の方が効率的のように思います。

私の子供は被曝をしておりませんが、仮に甲状腺に異常有りとなっても、私は福島県で治療をさせないでしょう。
医療費無料化なのに。

それから、今日ボランティアの鬼と呼ばれるブロガーさんとお会いしまして、知人が経営する福島県産のアンテナショップをご紹介しました。

彼のようにやる事をやっている方が他県に伝えて下さると、怪しいとか危ないと言われずに聞き入れて貰えると思います。

行政と民間人ボランティアの違いは、利害得失を求めるか否かです。
今の県に期待するものは何も有りません。

2012/10/28(日) 午後 10:52
.



すみません。他の記事を読んでいませんでした。ここはいったん削除しておきます。

2012/10/30(火) 午後 5:43[ 飯坂生まれ ]
.



飯坂生まれ さま

>突きつける項目

それはブログに書く事ではありませんし、実際に被害に遭われた方がどこに訴えて良いのか分からないという時に、その都度県の担当窓口を教えてあげています。
自分で出来ないとなれば知り合いの議員を紹介します。
野党はそういう時に使うものです。
議会で問題にしないと解決しませんからね。

知事選の時、私は何故か入院していました。
病院内でも期日前投票が出来ると回覧が回ってきましたが、それが出来る状態でなかったのか検査の連続で忘れたのか、誰にも投票していないんです。





見ている『福島』が違う

連日『福島』について書いていますが、私としてはこれが最後です。


福島県政批判と知事が指揮をとる『頑張ろう福島』への冷めた視線。
これについて傷付くと言う福島県出身者が見ている『福島』とは、故郷の福島なのだろう。
私はそういう思い出『福島』を足で踏み潰す人間でしょうか(人に聞くのもおかしなものですが)


県知事など任期が終われば代わる。
佐藤雄平が再選する筈も無いだろうし。
私の批判する『現在の福島』が終わる。

私が批判するにはきちんと理由が有る。
佐藤雄平を指示する人は私の周りには一人も居ない。
ブログが私の世界では有りませんので、市民やボランティア仲間や原発被災者の事を指しています。

私はここに住み、これからもここで生きて行く予定です。
人と関わり、人と協力し、余力のある人が無い人に手を差し伸べる。
繋いだ手が広がれば自ずと頑張れる仲間が増えて行く。
まず自分と自分の仲間から。
そしてその繋いだ手の先には本籍が何県だろうが国籍がどこだろうが、ここで地獄を見た人間が居る事だろう。
決して『頑張ろう福島』のスローガンではなくて、自ら奮起して立ち上がった人の頑張りだ。
応援してくれる県外の方々の頑張って!だ。


いわき市は危ないなどと誤解され、燃料はおろか食料品さえ消えたあの時。
県など動きはしなかった。
江頭2:50さんや菅直人氏が食料品を運んでくれた。
避難所には自衛隊の炊き出しが来てくれていたが、被災していない我々はお金が有っても買う物が何も無かった。



今更『頑張ろう福島』?


知事、あなたが人として頑張りなさいな。


そんなところ。


さすがに、黙っている訳にもいかなそうですね。
元々この一連の話は、問診票を出す出さないという話から始まりましたよね。
多分、その中で飯坂うまれさんが、「県政への怒りが先に立つと、医療行為に支障が出てしまうのではないか」との角度から、問題提起をされましたね。
しかしerinさんは、まあこれは結論として「知事が悪い」で全て片付けてしまったように見えるのです。
つまり、県知事の言う「頑張ろう福島」と、「怒りは理解するが、必要なものをしっかり進める事も必要だ」を、混同してしまったのでは?という意味ですよ。
その時点では、誰も県知事の事など争点にしていなかったと思うのですが、どこからそんな話になってしまったのでしょうね。
これを命を問題としたいならば、県知事など関係なく純粋に方法論について語りたかったと、コメントを読みながらずっと考えていました。
一度同じ事を言って、この件からは降りたつもりでしたが、最後と言ってましたから、一応。
これは決して感傷ではありません。
単純に、冷静に考えているとするならば、そういう結論になってしまうのです。

2012/10/28(日) 午前 3:59[ KUROKI-TI ]
.



おはようございます。
全然踏み潰してなんかいないと思いますよ
正確な情報発信は必要不可欠です、ありがとうございます。

erinさんと私ではいわば逆の立場
私は福島県生まれで外に出た者、erinさんは他県からきて福島県に住む者 です。

地元の友人に聞いても、これまた中通りと浜通りではいろいろ違うし。

erinさんの情報はこれからも必要です

2012/10/28(日) 午前 8:11[ 鶴姫 ]
.



お早うございます。
そうでしたか、問診票・・・。問診票の回収率が悪いみたいですね。
これには、いろいろな理由があるでしょうが、やはり福島県の医療体制に対する
不信感も 相当根強いものがあるように見えます。外から見ている者としては、
もう 恐ろしい感じがします。

もう一件。 佐藤雄平知事の任期は2014年まで。あと2年もあります。
そして、彼が 立候補して、当選しなかったとしても、今のままの福島県では、
第2の佐藤雄平氏が当選する可能性大だと思います。
彼が、事故後も 知事でいられるのは、県内外に 彼を必要とする人たちが 広汎に
いるからですね。
しかし、いずれにしても 2年は長い! 今の福島にとって、また日本にとって。
合掌

2012/10/28(日) 午前 8:59[ kyomutekisonzairon ]
.



この事態?現在の福島県の置かれている事態。
私はきっと誰がトップで指揮をしていても、そう変わりない経過をたどっただろうと思っています。
確かにメディアが伝える情報に口をあんぐり…なんてこともしばしばですが、それは情報化社会が私達にもたらした手段によるものだったり。。。(伝えるものの意図が刷り込まれた情報であったり)しますから。。。(何かの意図があるのかと疑りたくなるような編集された映像…繰り返し繰り返し報道する等々です)

現知事を全面的に擁護するつもりはありません、しかし、今彼を断罪したところでこれ以上良くなる保証はなにもありません。
(現段階において、この状況の中でトップに立ち泥をかぶろうなんて人がいるとも思えません。)

(続きます)

2012/10/28(日) 午前 9:12
.



KUROKI-TI さんの
>県知事の言う「頑張ろう福島」と、「怒りは理解するが、必要なものをしっかり進める事も必要だ」

私も分けて考える必要があることだと思います。
この状況を全て誰からも文句が出ないように解決することは無理でしょう。
個々の事態に、各々の人が押しなべて理解を示すこともあり得ないことですからね。
行政が絡むと往々にして責任論に発展してしまいます。
私も「怒りは理解しますが、今、これから必要なことを早急に進めることが重要だ」と思います。


こんな私の意見は、200万分の1の意見でしかありません。
福島県民全ての思いではありません。
福島県に住んでいる一県民の一つの声でしかありません。
200万県民の思いはそれぞれに違うものでしょう。。。。。

2012/10/28(日) 午前 9:14
.



KUROKI-TI さま

私達が提出しなかったのは問診票というより事故当時どこにいたか?を調査するデータ収集です。
どこにいたかを聞くほどの事態だったのなら、避難に対する謝罪があっても良かったです。
回収率2割で頭打ちですから8割が県政にNOを突きつけたと言えましょう。
佐藤知事率いる県政ですから、知事一人ではなく、行政トップも不信感の対象です。

調査より検査を先にして欲しいという親御さんも多かったですが、県はガラスバッジ配布など次々に調査を先行しました。
ちなみに私はこのガラスバッチも拒否しております。

別の記事で福島県の野菜に対する他県の方々の印象について書きました。
最初の一名を除いて、否定派・肯定派様々なコメントが入りました。
しかし彼女は『福島』から離れられません。
食べ物を出荷する責任という、県の健康調査とは別の話しで、農家と県民にも理解して貰う姿勢が必要だという趣旨でしたが、どうしても『福島』に戻されてしまいます。

2012/10/28(日) 午前 9:29
.



KUROKI-TI さま
続き


県民流出防止策など、上げたらキリがない程不気味な県政は、県外の方々にどれだけ不安を与えているかを書いても、『善意ある県の・・・』と言われてしまえば「そういう考え方もあるんだな」でまとまってしまいました。

彼女はそれで良いと思うんです。
でもこちらはここで生きているのですから、彼女の考えを私に植えつけることは出来ないと思います。

2012/10/28(日) 午前 9:31
.



鶴姫 さま

こんにちは。
まぁこの通りの強烈な文章ですし、知っている事を全て書かず、確たる証拠を握って上澄みを並べているのですから、どれほど生意気に映るかは容易に想像が付きますwww

私が震災当事、子供と年寄りと犬を都会の弟に預けて、一人いわきに戻ってボランティアなどをしてい理由には、単に被災した方の力になりたかっただけではなく、その現場に飛び込みたかったのも有るのです。
テレビの報道ではなく、双葉郡の町の職員さんの涙ながらに語る話しなど、ブログに書きませんが私の中にはしっかり残っています。
オカルトブロガーのデタラメを滅多切りする強さもこの目、この耳で得た事実を持っているからでしょう。

知らない人は知らなくて良いんです。
事故さえなけば知る必要の無かった事ですからね。

鶴姫さんの記事では有りませんが、福島県にも石原慎太郎氏のような「オレが変えてやる」って言う人が出てくれないかな?

2012/10/28(日) 午前 10:35
.



kyomutekisonzairon さま

>外から見ている者としては、もう 恐ろしい感じがします。

お願いがあります。
この感覚で、農産物も見ないで下さいね。
生産者は日々努力しています。
より安全で、出来れば事故前の何の心配もない食べ物を作る努力をしています。
あなた様にお答えしたように、私達が当たり前となっているより安全な食品の選び方をもっと他県に発信する努力も必要だと思いますが。
取り合えず、県がどうであれ私は生産者の努力を足を運んで見に行って確信してます。

任期あと2年。
これを長いとも思えますが、その時間があればこちら側も考える時間があります。
ご存知の通り、福島県にはまだ福島第二原発が残っており、これを動かしたくて仕方ない人達がいます。
福島の県知事の椅子は県民のものであって県民のものでないものになりつつありますので、慎重になるべきでしょう。
出来る事なら原発断固反対派の前知事の娘婿である玄葉光一郎氏周辺からまともな方が手を上げて欲しいと思います。

2012/10/28(日) 午前 10:49
.



み~ さま

>今彼を断罪したところでこれ以上良くなる保証はなにもありません。

累積線量を計る為に配られたガラスバッチ。
福島県のブロガーさんの記事を読んで驚いた事を今更書きます。
実は、いわき市からのお知らせには「県が配るガラスバッチの希望者は各学校にお申し込み下さい」でした。
希望者・・・www
他の地域は半ば強制的であったようで、この違いに「ふ~ん」と思いましたが、あの時点でまた余計な事を書いて問題になるのは面倒なので今初めて言います。
いわき市の安定ヨウ素剤独断配布も、ガラスバッジは希望者だけで良いですよも、この皮肉めいた市長の判断が私は好きです。
何度も国の大臣を市に招いて話し合い等をしていますが、県の姿は有りません。

菅さんにしてもいわき市長にしてもすぐ怒るし怒鳴るし大人げないかもしれませんが、人を守る職務と考えれば彼らの方が数段上かもしれません。
合わせて、自費で頑張って地域に貢献する成功者(会社経営者や医師たち)も県の声より私には響きますね。

2012/10/28(日) 午前 10:58
.



み~ さま

>分けて考える必要があることだと思います。

分けて考える必要性は何も県民と県だけの問題では有りません。
私は前回の野菜の記事にて、県の不信感が福島県産の農産物への不信感にも繋がっていた事を打ち明けられて「やっぱりそうかー!」と思いました。
そこを分けて考えて貰うには、県が何をやってようとも、生産者まで一緒にされないようにしていく努力が必要だと思います。

トップが代わってもそう変わりないとおっしゃるのもごもっとも。
今までのようなのんびりした選挙ではね。
あんまり好きにはなれませんが、橋下氏で大阪がガラリと変わったように、変えられる人が立候補してくれるのを心から望んでいます。
少しくらい毒が強くても良いかもしれません。
風邪薬程度ではなく、ニトロくらい用いないと立ち上がれそうに無い県政ですので。

2012/10/28(日) 午前 11:06
.



すいません彼女ってどなたの話でしょうか?
まあ、どなたの事であっても、ボクは誰かの意見を代弁したり、鵜呑みにして下さいと頼んだ訳ではありません。
あくまでも、自分の考えを述べたに過ぎませんからね。
それと、県政について話す以上、この話題は、結局福島県についてという枠を出ないと思いますよ。
しかし、そうである事も大切なのではないでしょうか?
erinさんも、福島県に関わっている一人です。
「内側から見る外から来た人間による、冷静な意見」
これを言える方は、そんなに多くはありませんからね。
ただ、今回の流れには、少しばかり違和感を感じてしまったので、非礼を承知でコメントさせて頂きました。
福島県に関わる話が満場一致となるのは難しいです。
初めに申し上げた通り、怒りの感情を否定するつもりはありません。それは当然の事で、理解以前に前提として共有されていると思っています。

2012/10/28(日) 午後 0:56[ KUROKI-TI ]
.



KUROKI-TI さま

個人のハンドルネームを書くのは良くないと思いまして、『彼女』と致しました。
>「県政への怒りが先に立つと、医療行為に支障が出てしまうのではないか」との角度から、問題提起をされましたね。

こちらです。

3月11日~どこにいたか?の調査は医療行為では私の中では有りません。
ガラスバッチも然り。
県の指示全てに逆らっているのではなく、WBCは賛成していますよ。
検査より先に統計調査の手配する事、説明が無い事、責任の所在を明確にしない事に異議有りの姿勢なのですが、福島県(行政側)に対する不信感を露にした事を悲しくなりますと言われました。
個人の感覚に何かを言うともりは有りませんが、子供を被曝させたと思っている親の感情に比べてこの悲しさは重いものでしょうか?
論点が違うと思います。
県出身者の大好きな福島を悪く言っているのではなく、県政に対する不信感です。
そしてそれは福島県だけの問題では無いと繰り返し書くのは、他県の方に食品を買って頂く以上はこちらも非を受け止めるべきだと思うからです。

2012/10/28(日) 午後 3:13
.



KUROKI-TI さま
続き

非というのは、事故の非ではありませんよ。
殻に閉じこもり、分かってくれないと言う(被害者意識が高すぎると書かれた方もいました)閉塞的な体質です。
風評被害とは、旅館業などが使うべき言葉です。
食べ物は安全性が明確で無ければ怖がられて当然です。
風評など県が使う言葉では有りません。
理解しない相手が悪いのではない、説明しない側がいけないのです。
県は被害者意識で県民の心をまとめようとしていませんか?

福島県単位で物事を考える時期ではないです。
そして、そんなに頼れる県ではないですよ。

福島の野菜は食べられるか?の記事には『他県の方の質問に答える必要性』について様々な考え方をコメントによって改めて学びましたが、「erinさんの怒りは何ですか?」とやはり福島批判に話しが戻されました。
分かって貰いたいなら、食品の安全性についてちゃんと話そう。
批判=虐められていると思うのは情報に影響され過ぎだという記事だったのですがね。

2012/10/28(日) 午後 3:18
.



こんばんわ。
こういう風に、福島の人たちが議論してくださるのは、とても 有難いことだと、
私は思います。 ぜひ、これで終わりにせずに、喧々諤々で 自分の思いを述べて
下さることを期待しています。

クロキチさんは、もうご存知のようですが、中通りにお住まいのご老人のブログ
を ご存知でしょうか?
http://blogs.yahoo.co.jp/b960115115/7624588.html
「やちよ27」さんです。

中通りは、ご存じのように 「いわき」と比べて とても厳しい所です。ここでは
小さい子供を持つ親御さんや 爺さん婆さんは、心の中に 深い葛藤をもって
いられることを、私も あちこちで 直に聞いてきました。
他の人が周りに居なくなると、泣き出してしまう人もいましたし、子供さんがWBC
で セシウムが出たと言って、顔を引きつらせながら話してくれた役所関係の
人もいました。
いつまで、こういう現実を誤魔化していけるでしょうか?! 「がんばろう福島」
と言って・・・。合掌

2012/10/28(日) 午後 8:14[ kyomutekisonzairon ]
.



ようやく帰宅しましたので、続きと参りましょうか。
やはり、行き違いがあったようですね。
ちょっと確信がなかったので、言う事を躊躇していたのですが、先に言って頂きましたので分かりました。
飯坂生まれさんは、「県政を非難する事で、医療サービスに支障が出てしまったら、県民の方々の不利益になるかも知れないから、悲しい。」
そう言っていたと思います。
これについては、先に述べたボクの意見とも一致しますから、賛成します。
これが、県批判が全部悪いというのなら、話は違ってくるのでしょうが、行き違いから話がこじれる事は看過出来ませんので。

そういう形ですと、ボクが言っている「批判と現実対処は別に考えていきましょう」についてを、真剣に話せる状況が出来てくれるのかなと期待します。
宜しくお願いします。

2012/10/28(日) 午後 9:37[ KUROKI-TI ]
.



kyomutekisonzairon さま

福島県民の議論と言いましても、やはり品物のように扱われたか否かで感じ方は違います。
先程用事があって徒歩で銀行まで歩いて行きましたが、途中の洋服屋さんのショーウィンドーに『頑張っぺいわき!頑張っペ日本!』と書いたトレーナーが飾れられていました。
いわき市からいきなり日本です。
制作したお店、それを見て不思議に思わない私。
県外・国外の皆さんに理解して欲しい職人達の気持ちをあなた様達に分かって頂きたいです。

県の発信する「頑張ろう福島!」ではなくて、自分自身に頑張ろう!理解して貰う努力をしよう!と言う者も沢山居る事を分かって下さい。
少なくとも私は県と県民が同じだとは思って欲しくない者の一人です。

2012/10/29(月) 午後 2:42
.



KUROKI-TI さま

どんなに正論を言っても「誰が言っているか」です。
あなた様の言う事は分かりますが、県の言う事は裏を疑います。
調査票提出が例え大事で有っても、県の指示ではゴミ箱行きです。
山中教授がおっしゃるなら考えますけど、なにしろ佐藤知事ですから。

20%の提出者の中には県職員とその親戚等が含まれると思います。
そうなれば、一般人のほとんどは未提出という事になりましょう。
必要性を問う次元では有りません。
恐らくこれは、 KUROKI-TIさまや飯坂生まれさんのように冷静に考えられる人と我々の中では『実際に経験したか否か』で差が付くものなのだと思います。

2012/10/29(月) 午後 2:56
.



KUROKI-TI さま
続き


事故直後に県民に向かい謝罪と説明をして、私も頑張りますから皆さんも頑張って下さいとでも言えれば書類がゴミ箱に行く事は避けられたかもしれません。
しかし、未だに県のやる事なす事おかしな事ばかり。
年間の許容被曝線量を20ミリシーベルトにしろと言ったのは実は知事だったとの告発も有りましたね。
私はこの情報を鵜呑みにはしていませんが、そういう事を言われるだけ不信感の有る人物であり、不信感を与える県だとは思います。

私の子供がもし、甲状腺異常と言われたら、間違いなく医療費無料の県の病院ではなく都心で治療させます。
完治を望む意味でも、データ隠蔽で他の子供さんに活かされない疑いも無いからです。

怒っているとか恨んでいるという感情ではなくて、信用するべからずってところですよ。

2012/10/29(月) 午後 2:57
.



真面目モードは肩が凝るので、そろそろ戻しますね。
元々ボクが、感情の部分に踏み込んでいかなかった理由は、やっぱり「当時そこにいなかった事」なんですよ。
他県の人から「福島の人」なんて言われると、ちょっと嬉しくなるくらいですからね。
自分をよそ者だなんて言ってましたけれど、間違いなくerinさんは福島の人です。(この場では県民はやめときしょう)
そんな悲しい言い方はしないでくださいね。
だから、ある意味この場でコメントしたことは、そんな言い方に対するボクの嫉妬心でもあるのかも知れませんね。

以前ボクは言ったことがあります、覚えているでしょうか?
「福島とは、住んでいる人間そのものを指す言葉です」
これはどんな言葉を使う時であっても、すべての前提としています。
erinさんにしても、その辺の部分は一緒だと思います。
「目の前の人の為に、できることをする。」
今までの対話も、その捉え方の枠についての話だと思って下さいね。

という訳で、これにて失礼します。
長々とお付き合い下さって、本当にありがとうございました。

2012/10/29(月) 午後 10:47[ KUROKI-TI ]
.



KUROKI-TI さま

私のよそ者宣言は「あなたはよそ者だから福島批判が出来る」と言われたので、そういう事にしましたwww
しかし、おっしゃるとおり私は被害者とボランティアをする人と日々関わり、言葉にならないほどの悲惨さと民間人の強さを目の当たりにし過ぎています。
この人達と頑張ろうという思いが強すぎて、県に「ちょっと黙ってて!」となる事を自覚しています。
福島の人が8割強近い気持ちなのだと知った時は正直驚きました。
表現の仕方が違うだけで、いい加減にしてくれとみんなが思っていたんだなと知る良いきっかけでした。

さて、困ったのは県外の方の誤解です。
福島の農家は利益優先で、危険な食品を販売しようとしている等、農家を訪問している私にとっては聞き捨てなら無い言葉です。
でも怒ってはいけない。何故ならそのイメージこそが福島県なのでしょうから。
粘り強く説明をして行かなければ分かって頂けませんし。こちらもやる事をやらないと発言そのものに重みが有りません。

2012/10/30(火) 午後 2:23
.



KUROKI-TI さま
続き

動物の事、福島県産のアンテナショップでも月一の交流会、音楽ボランティア、色々なところに出向いてこれからも色々な問題を知りたいと思いますし、福島の人達と一緒に考えていきたいと思います。

出来たら・・・知人の県の議員さんの方にも毒を吐いて、知事を失脚させてたいんですけど。
ブログで何を言っていても変わりませんからね。
私は恐ろしい女です(≧ω≦。)プププ

2012/10/30(火) 午後 2:23
.



こんばんは。あちこちで私へのメッセージかと思われるコメントがあるようですね。読み落としており、失礼しました。突きつける項目についても、そんなことは言えないということ、了解しました。知事選についても、了解しました。私も今の知事は、もう次はない、というか出ないだろうと思います。

私は知事、福島県当局、医大を好きになれとはいったつもりはないのです。感情の強要は無駄ですので、そうとられてしまいすみません。

ただ、福島県民健康調査に協力しないことについて、異を呈したのです。それが、あなた様の県等への不信から来ると解釈したために、どうしたらそれを解きほぐし、協力するという心境になるかと思って聞いてきただけです。県が、何を約束してくれたら、データを出してくれるのか、それを知りたかったのです。

私のトラックバックの記事は読んでくださったのでしょうか。

PC調子悪く、きのうから30分程度でネットが切れてしまいます。コメント2本以上書くと尻切れになりそうなので、とりあえずここまでにしておきます。

2012/10/30(火) 午後 7:24[ 飯坂生まれ ]
.



飯坂生まれ さま

>何を約束してくれたら、データを出してくれるのか、それを知りたかったのです。

出さないと思います。
私だけではなく、未提出の80%の人達もきっと。


>私のトラックバックの記事は読んでくださったのでしょうか。

記事は読みましたが、私や私達の身に起こった事は、どなたかの書いた文章で覆るものでは無いと思いますよ。
ネットの記事が、ソースがとよく言わる方がおりますが、自分の経験以上の事実が有りますでしょうか?

話しは反れますが、沖縄の米軍による強姦等も多くの日本人は沖縄の問題だと思っています。
自分の町で起きたら?自分の娘が被害者だったら?
どこの記事にもオスプレイや日米安保について書かれていますが、被害者の心について深く語りません。

被害者の感覚というものは、そういうものではありません。

2012/10/31(水) 午後 0:53
.



残念です。

【1】貴方様が、「被害を受けていない人には何も言われる筋合いはない」、しかし「県外の、自分の主張を支持していくれる方からの応援は、うれしい」ということがわかりました。

そして【2】みずから、もう頑張れる人は少ないし、今の政治はダメなので、政治的カリスマや、県外の人がなんとか助けてほしいと望んでおられることもわかりました。。

さらに、【3】ご自身の言葉を、毒舌だ、言葉がきついと言っておられますが、そんなことは私にとっては微々たることでした。一番、私が困ったのは、「質問したことに明快に回答していただけなかったこと」です。それは、意図的なのか、無意識なのか、そこまでは知らなくていいと思っています。

2012/11/1(木) 午後 8:16[ 飯坂生まれ ]
.



その上で、再度、書きます。
健康県民調査を貴方様が出したくないのなら、しかたありません。ただ、それが「福島県民代表(8割)の感情」と書くのは、また違うのではと思います。きちんと出している(公務員以外の)方からは、それは不本意な意見だと思います。出さない理由もやはり「人による」のです。県への不信で出さない人もいると思いますが、全部が全部そうだとは思いません。その調査の重要性を知らないことや、細かすぎて面倒くさい人もいるでしょう。福島の友に話を聞くと、そういう人がいました。

出さない出さないと触れまわるのは、福島の野菜を食べたくない方が、「福島の野菜は汚染されている」と発信し、拡散するのと同じように見えます。
食べなくてもよいのです。こっそりご自身で選ばなければ。

ですから、貴方様も、調査票を出したくないのなら、ご自身で静かに、出さないでいていだだけませんか。

2012/11/1(木) 午後 8:17[ 飯坂生まれ ]
.



甲状腺の病気になっても他県に診せる、とありましたっけ?他県においての医療水準は格段に落ちます。今、日本の甲状腺の最先端の技術、人材、機材は、福島県内・福島県立医大に結集されているんです。いえ、世界最高水準かもしれません。お子様には、そういう最高の水準の医療を受けさせた方がいいのではありませんか。

例を挙げましょう。県内から、3月12日に愛知に避難してきた方がいます。その後、愛知で甲状腺検査をしてみたら、血液の甲状腺異常を示すなんかの値が異状だった、それで半年おきに診るとのことです。「震災直後、外で水を汲んできたからその影響では?」と心配なさっておいででした。涙をためて。ただし、その方は甲状腺の遺伝子疾患もお持ちだという。

2012/11/1(木) 午後 8:17[ 飯坂生まれ ]
.



しかし、空間線量を見ても、12日時点でヨウ素被曝を受けているはずはあり得ない。漏れてるとかある種の方々もいますが、線量は少なくとも、15日ほどには上がっていません。だからその異常とヨウ素の影響は関係なく、もともとの疾患が何か作用してるのだということを、詳しい方複数で(それに私も)、その方に説明したところ、その方は本当に驚き安堵していました。それなのに、それに関して、医師の指摘がありません。

つまりは、県外の甲状腺の医師では、患者の問診から、それすらの知識を、患者に与えることさえできないのです。

2012/11/1(木) 午後 8:18[ 飯坂生まれ ]
.



この県民健康調査について、疫学調査だから・モルモットだから嫌だ、ということは、裏を返せば、A2以降の判定の出た方の不安を解消するのに、自分は協力しないと公言しているのと同義です(そのことをトラバ記事に書いたので、読んでいますかと聞いたのです)

ソースがどう、私が経験してないから、そんなの何も意味がない、。。。とおっしゃいますが、私の友人がお子さんのA2で心配しているということ、これが「私の経験」なのです。ですから、普通ならスルーする、他人様のブログ記事について、これほどしつこく書き続けているのです。

貴方様の友人に、A2で不安がっている人はいませんか。貴方様の周りの方はすべてA1なんでしょうか。

2012/11/1(木) 午後 8:19[ 飯坂生まれ ]
.



そしてトラバ記事にも書いたとおり、医大に自分のデータを出しておくことは、何十年先まで継続管理できるという利点があり、自身のためになるということです。このデータは子供だけのものではありません。大人だって、大事です。大人だって、甲状腺がんになるかもしれません。そのときに、過去のデータから、例えば嚢砲の状態がどういう変遷をしてきたかとなどということを継続的に医大で管理してもらえているのは、自分のためになるのです。

東海村でまず観測された放射性プルームが、まずいわき上空を抜けているのは、ご存知ですよね。ここは、ヨウ素の濃度が強かったのです。15日午後になっての北西方向のプルームは、セシウムが大半なのです。セシウムに関しては東大の早野龍五先生のご尽力よる陰膳調査などで、内部被曝はかなり低いことがわかっています。そして外部被曝も同様です。特にセシウム134と137の放出量は、昨年9月と11月のひらた病院におけるホールボディーカウンター追跡調査で、初期の吸収量が推定され、セシウムに関しては安心だということが通説となっています。

2012/11/1(木) 午後 8:19[ 飯坂生まれ ]
.



セシウムは、物流規制かけたおかげで、日本においては、ウクライナ等で問題となった経口摂取についてほとんど問題ないレベルです。ストロンチウムもセシウムの1000分5の量ですし、それほど遠くにはいかないし、憂慮すべきは、濃縮する小女子などの小魚類、また貝殻類です。(これは6~7年後までピークがずれ込むらしいです)ですが、貝殻まで食べませんし、危険な区域の小魚は規制されており、あとは、出やすいのは、「イノシシが食べるような食生活をすること」=キノコとか山菜とか・・・なので、福島の野菜は云々・・・、など、各種データを見ていれば、そんなのは、本当にお話にならないレベルなのです。

ヨウ素だけはホールボディーカウンターで測っておらず、初期吸入量がわからないのです。1人だけでも、測っておけばよかったのですが、今言ってもどうにもなりません。東京電力で、データがあればいいのですが・・。東電に願うのは補償だけではなく、こういう作業員データの開示なども必要です。

2012/11/1(木) 午後 8:20[ 飯坂生まれ ]
.



つまりは、セシウムは、問題ないんです。それは数字から言えます。
危険なのはヨウ素なのです。これは良心的な科学者、誰もが言っていることです。
ただ、これが必ず甲状腺がんになるのではなく、「万一、もしもに備えて、継続観察するしかない」、そういうことなのです。

そして、早野先生は、「甲状腺に関する病気はすべて無料にしてあげればいい」と、今、訴えているそうです、私も本当に、そうしてほしいと思います。この先、この原発後に甲状腺の状態が悪くなった方は、すべて無償にしてほしい。でもお金がかかるということで、反対する偉い人も多いそうです。18歳以下無償をやめにしてこういうふうにピンポイントにした方が私もいいと思います。その、避難してきた方も同調していました。

2012/11/1(木) 午後 8:20[ 飯坂生まれ ]
.



erinさんは、この先がんになった子供すべてを無償に、と言っていたかと思いますが、それは、日本人の2人に1人ががんになり、日本人の3人に1人ががんで死ぬということを見ても、難しい話しかと思います。他県の人から不公平論が出るのは自明です。

トラバ記事で私の言いたいことが伝わっていないようだったので、再度、書きました。私は、故郷という「物体」が好きなだけで、そんなの、いわきに生きている私たちの福島とは違うわとか、医大や県も善意でやっているから応援しろと言われるのは筋違い、とかいう感情の話は、別に、いいのです。それを押しつけるつもりも、認めてもらおうとも思っていません。ただ、それは私の感情ですので、私はそう思っているということ。そして、「福島を離れられない」、と苦笑?批判?するのは、私に死ねというのと同義だと、書きましたね。読んでいただけてないですか。

2012/11/1(木) 午後 8:21[ 飯坂生まれ ]
.



繰り返しますが、私は、県民調査を出してほしかっただけです。

出すつもりはないという方は、貴方様自身にとっても、また、貴方様の隣人にとっても、もったいないことなんですよ、ということを伝えたかったのです。

そして、貴方様がそうするつもりがないのなら、人々に吹聴しないでいただきたいのです。そこだけお願いします。

以前、中間処理場は浜通り引き受けるしかないと思っていると書かれていた貴方様に感服しました。そして、一生懸命頑張って生きてきたのに何も悪いことをしていない方々が、一瞬で故郷を追われ、苦しんでいるのをなんとかしてあげたい、という熱意も、伝わりました。しがらみにとらわれない貴方様にしか発信できないことがあると、言いました。

2012/11/1(木) 午後 8:21[ 飯坂生まれ ]
.



ですので、じっくりやりとりすれば、互いにわかりあえるのではと思いましたが、上の【1】から【3】の理由から、ネット上ではどうやら無理のようですね。

機会があれば、面と向かってお話しをしてみたいところです。

最後に、ある方のコメントを紹介して終わりにします。お付き合いくださりありがとうございました。

2012/11/1(木) 午後 8:32[ 飯坂生まれ ]
.



「ガラスバッジの申込は15日必着だったよね。忘れず出さなきゃ。子供は面倒くさいからやだって言ってるけど。うちの子供は二人とも入学によって去年と生活環境が変わったので一応チェックしとくというのがひとつの理由。もうひとつの理由は未来へ手渡すデータは少しでも多いほうが良いと思うから。」

「原爆の場合も今回の事故も、実際の健康被害と放射線の関連の有無という点以外でも、不条理な精神的苦痛を与えられたことに対する補償なり救済なりは可能と考えてます。それを考えれば曲解して調査票を出さずにいるよりも、素直に誠実に振舞われる方が、長い眼で見て自分のみならず周囲に対しても良い結果をもたらすのではないかと愚考しています。
理不尽な状況にあって他人を信じられなくなるのは仕方ないかもしれませんが、疑心暗鬼は社会生活を破壊します。どうか皆さんが少しずつでも日常を取り戻されるよう、遠いところから何かできないかをずっと考えています」

2012/11/1(木) 午後 8:33[ 飯坂生まれ ]
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://leika7kgb.blog114.fc2.com/tb.php/902-3bb113ce