リーフレインさんが主宰し、相田先生が助言をされる茶話会に出てきました。結婚で福島県に移り住み、震災後、愛知の実家に戻ってきた方も来られました。

強制区域外から避難された方に「福島」を押しつけないように

私としては、強制避難区域外から避難された、福島在住だった方と初めて密に顔を合わせた機会となりました。ただ、この方はもともとのご出身がこちらなので、私ほど福島への愛着があるのでもなく、こちらでのくらしに不安がない(だれも知り合いがいないとかではない)ので、一般的に語られる「自主避難者」というイメージとは程遠いものがあります。

だんなさんを向こうに残しているので、リーフレインさんが「それじゃ、だんなさんが転勤あるといいわよね」とおっしゃったら、その方はうなずいていました。

つまりは、私にはリーフレインさんのような意見が、言えないんですよね。福島への思いが強すぎて。(福島の方わかってもらえるかな)そして、私のような気持ちは、こういう避難の方にとってはアダになるということも、その瞬間に感じました。(きょうは余計なことを言わないで聞き役だ)と思いました←まあ、ふだんから私の役割って聞き役一本なんですが。

こんなところでふるさとが宮城の方と会うなんて!

相田先生は、宮城県のご出身ですが全然なまっていなくって、わからなかった!こんな遠くで東北の人に会えるとは♪♪。相田先生は、福島復興プロジェクトをいわきでされている方のお手伝いをしているそうで、放射線作業主任や計測器を持つ団体を支援されています。

他の講師陣・団体など

リーフレインさんは、「顔が広くなったので、いろんな科学者さんを招けるよ」って話しておられました!いまは、その体制づくりをされているということです。

半谷先生について:不安でしょうがない人には、有効!きちんと理由を提示し、安心を信じさせることができる。こちらも呼べる。

エートスについて:安全側からも危険側からも両方からどうも懐疑的な目で見られている。もともと、ウラン鉱山作業員や医療技術者向けに「ここまでの線量ならば我慢できる」という数字を提示してきたICRP(ロシャールさん)の活動がベース。活動自体、よいのだが、「なんで、そこまで我慢しなきゃいけないの?」という考えもあるのは事実。


ここから行政の話へ

自治体は実測派。住民のために頑張っている。
学術・研究機関はいろいろ出している。(ストロンチウムなんかの測り方もいろいろで、とても大変だと聞きました。事業仕分けのおかげで、すっかり削減されてしまったんだそうです・・・)

国は縦割り。スタンスもバラッバラ。
文科省は、学校閉鎖したくないから、安全寄り。
農林水産省は生産者を守りたいから、安全寄り。
通産省は、避難されると大変だから、安全寄り。
経産省は、・・・・・・・・(これも安全寄りでしょう)

唯一、危険寄りなのが厚労省。
(慎重・危険にしていてしがらみがない)「だから、不安・慎重な人はとりあえず厚労省を見ていれば安心

この考え方も私にはなかなかできない。「ばが厚労省」とか思ってしまう。

こういう言い方が出来るのは、リーフレインさんだからですね。リーフレインさんはもともと、「私は危険厨だった」そうです。だけど、今は「どうみても安全側だよね」とほほ笑まれます。

だから、不安を持っている方の気持ちに入り込めるのでしょう。それが、世の中に数多く開かれている、「安全側」の、講演会等と違うところだと思います。

安全とか危険とかでなく、データからそれぞれが学べる会合に

私がここまで見てきた中で、データを示すだけで、「だから安全」と押しつけているわけではないこと、さらに、危険厨の講演会の常とう手段の、不安な気持ちに寄りそう(野呂美可さん系)姿勢がある、この二本立ての「安全側(とあえて言いますが)」の集まりは、あんまりないように思います。

Jemさんが「PTAで「詳しい方に来ていただいて保護者や先生に話をしてもらう勉強会(?)をしようか」て話を出すと、上から「その方の結論は『危険』?『安全』?」て訊かれるんですよ。(『安全』だと危険派の親の反発が凄い。結局は量なのに。)」と書いておられるように、福島における講演会も、二色分けになっているんだろなと思います。それは本当に残念なこと。不安な人も、安心している人もニュートラルな立場で話せるようにならないかな?

Jemさんはさらに「 反原発活動を進めたかったり、自分の知名度を上げるのが動機で「危険だ!」情報を流してる人達は、結局、福島県民だけじゃなくて国民から、「冷静になって知識を学ぶ」機会を奪った訳です。ほんと、罪が深いと思います」とされています。同感だ。

こういう会を開けるには、やはり1年7カ月という時間は、どうしても必要だったのかもしれない。そう思って、遅すぎたとも、まだ早いとも思わず、この茶話会をきちっとフォローしていきたい。

全部で6ページメモしたうち、ここまでが1ページ分でした。あと5日かけて少しずつ、まとめます。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://leika7kgb.blog114.fc2.com/tb.php/903-0ac6040d