以前に、K&Uさんが「サヨクとは弱者の味方なんだから、
(※カタカナ表記かどうかは、ちょっとうろ覚え)
福島への偏見(野菜がどうだとかいろいろ)に怒ってくれるものと思っていたら、想像に反して、怒ってくれたのはウヨクだった」というようなことを書かれていました。

私としては、反原発が左翼だと思っていたので、今回の放射線への偏見から福島差別を繰り広げるのは当然左翼だと思っていたので、彼女の意見に、「そうなんだ!!??」と、とってもびっくりしたのを覚えています。

K&Uさんが「いい」と思うサヨクは、「弱者の味方」ということに表れていました。私は左翼を今までそういうふうに認識せず、「とにかく、体制に反対する人」って思っていたのです。

しかし、今の世の中、左翼にとっての「弱者」は、いわゆる「強制避難区域等以外から避難した人」または「微々たる放射能にビビル人」となっているのです。

つらさというのは主観的なもので比べられるものではないと言え、、、、津波の被害の人は??自宅が強制避難区域になってしまった人は?なぜ避難しないのだ人でなしとか言われつつも粛々と今ある生活を紡ごうと必死になって努力している福島の人たちは???・・・・・彼らを「弱者」ととらえられぬのは、あまりにも、左翼の名がすたるのではないか?
K&Uさんも、今の、サヨクたちによる福島攻撃には、辟易しておられるようです。

私が思う真の左翼像は、奥田英朗「オリンピックの身代金」の中に、あります!!(この作品は最高でした。彼の「サウスバウンド」と並ぶすばらしい本です)

頭っからアカ嫌いの私は、K&Uさんの出会いによって、「真の左翼」の意味を、初めて知りました。彼女には感謝しています。




で、私が左翼に思う不思議なことですが、:・・・・沖縄から基地をなくせって言っている。これは、わかる。

だけど、放射性廃棄物は、福島に閉じ籠めろって言っていますよね。(被災財の広域処理反対の反原発の人たち)

「差別とは、沖縄に基地をおけということ、福島に核のゴミはおけということ、同じことに現れる」というだれだかのツイートを見て、「あれ?変だな?」って思ったんですよね。

「差別は、その地に問題をすべて閉じ籠めろという思想に起きる」・・・と、その方は言っているんですが、(だれだったっけかなあ・・・)これ、一般人には警告ですが、しかし、左翼については矛盾ですよね。だれか左翼の人は説明してくんないかと思う。

反原発、 それはわかるのよ。でも、福島の事故は起きてしまったんだから、その後始末をどうしたらってのが先なんだ。それをどうして、反原発の人は論じないの。福島のために、弱者のために、何とかしようと、調べて行動してくれないの。同じ官邸デモするなら、反原発デモじゃなくて、福島の野菜買おうデモ(?)とか、福島にみんなで旅行しようデモ(??)とかはどうだ?

でも、反原発の人は、ひどいひどいって言うだけ・・・。
「福島第一がこんなひどい状況だ。だから、原発はいらない」、これ、ちがうでしょ!!私が欲しい情報は、「福島第一がこんなひどい状況だ。だから、こうすれば、好転する」という視点なんだ!! 反原発派が福島を利用しているだけって私が思ってしまうのは、そういうところなんです。わかっているのかな??

あと、「沖縄に基地を置かないと、地理的に中国などの脅威に耐えられない」という通説がもっともかなと思っていたんですが、それも本当にそうなの?ということも、考える必要があると思いました。福島に核のゴミを閉じ籠めろというのと、同じ発想だと言われるのなら。




スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://leika7kgb.blog114.fc2.com/tb.php/921-5ebfab37