最近の世の中の喫煙者バッシングは度が過ぎていると思うのですが・・・。
母に20年以上前、「10年日記」をプレゼントしたことがあります。とても分厚いのですが、筆まめな母に合ったようで、今は3冊目だったと思います。
「フクシマ」表記、福島人は嫌なんだ!・・・ということについて、広島出身の方の書いたツイッターに驚きました。
江國香織さんの「間宮兄弟」、時間をかけて読了です。
久坂部羊「虚栄」は、がん治療をめぐる4つの柱(手術・抗がん剤・放射線・免疫療法)の権威が、どうやって自分の治療法を主軸にして政府からたんまりお金をもらおうかと画策する長編小説です。